2012年1月30日 (月曜日)

峠の釜めし

20120130_1

 もう京王百貨店で購入した駅弁シリーズもネタとしては古くなってしまいましたが、ブログのネタにはなりますので、紹介いたします。

 【峠の釜めし】といえば信越本線の横川駅の駅弁で、こういった駅弁大会では昔から売上の1・2位を争っています。

 私自身、子供の頃から知っていましたし、城めぐりで上田駅の駅舎内にある販売店で購入して食べた思い出もあります。

20120130_2

20120130_3

 山国の駅弁らしく、中身は山の幸がいっぱいです。

 筍・牛蒡・鳥肉・栗・ウズラの卵などなどが炊き込みご飯として入っています。
 その味わいが絶妙でして、ポンポンと口に入れてしまいます。

 また箸休めの梅干しや漬物、ワサビ漬けが良いアクセントとなっており、飽きません。

 そして写真にもありますが、杏がまた甘酸っぱくて、【峠の釜めし】の〆に食べると良い後味になります。

 駅弁大会でなくても、時々スーパーで売っているので、機会があったらまた購入したいですな。

 しかし・・・この駅弁の入れ物の釜がまた増えてしまう。
 植木鉢に使えそうなんだけど、使ったためしが無く、庭のオブジェとなってしまうのがオチですな。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土曜日)

鯉の甘露煮を食べました

20120128_1

 一週間前の話になるんですが、京王百貨店で購入した長野県飯田市の美味いもの、【鯉の甘露煮】を食べました。

 

20120128_2

 東京生まれ、東京育ちの自分にとって、鯉は学校の池や城のお濠に泳いでいる観賞用の魚とばかり思っていました。

 鯉と言えば、戦国の昔に織田信長公が明智光秀に徳川家康の接待を命じたところ、取り寄せた魚が臭いということで、激怒したという話を聞いたことがあります。

 あれ、鯉じゃなくて、鮒だったか?

 

 とにかく鯉は泥臭くて食べるものじゃないと思っていましたが、甘露煮なら食べられるかなと思って購入してみました。

 今まで食べた魚に例えると・・・サバ味噌を食べているような感じでした。

 骨も太かったな。あと内臓と卵も食べましたよ。

 白ご飯と合う一品でした。

 また機会があったら食べてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月曜日)

ひっぱりだこ飯を食べた

20120122_3

 2012年1月21日(土)の夕ご飯は、『第47回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』買って来た、西明石駅の駅弁『ひっぱりだこ飯』でした。

 この駅弁はつい先日、近所のスーパーで売っていたのですが、財布事情から購入を見送ったものでした。

20120122_4

 で、自宅に帰って食べてみました。

 ↑↑↑の写真では照明の関係でタコがおどろおどろしい色になっていますが、大丈夫です、元ネタは美味しそうな色をしていました。

 まずは明石海峡の流れの速い潮流にもまれて、育ったタコの足ですが、短いながらも肉弾力がありました。写真では2キレに見えますが、3キレ入っていました。

 そして炊き込みご飯の中に、錦糸玉子と刻んだ穴子が入っておりまして、タレの甘い味を楽しみました。

 そして記憶では2つか3つだと思ったが、タコの身が入っていた練り物(さつま揚げみたいなもんだな)がゴロリゴロリと入っておりました。

 いや~食べるだけでなく、秘密の宝箱みたいで、何が出てくるか楽しめるな。

20120122_5

 食べ終わりました。

 この弁当箱の陶器、そのまま捨てるのは勿体ない気がするんだよね。

 かといって、何に使うわけでもなく、部屋の肥やしとなってしまうんだろうな。

 さて、どうしたものか。

 しかし・・・城めぐりで山陽新幹線の西明石駅を利用したことがあるので、そこの駅弁を食べたのも何かの縁を感じました。

 明石駅南口には商店街が広がり、道端に新鮮な水揚げされた海産物が並んでいたのを思い出しました。

 瀬戸内の海の幸はええなあ。こんな旨いものを瀬戸内の人々は食べておるんやな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土曜日)

島根牛みそ玉丼を食べた

 2012年1月24日まで東京は新宿にあります京王百貨店にて、『第47回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』が開催されております。

 先週は冷やかす程度だったのですが、今日はお目当ての駅弁を入手して、舌鼓を打つべく、新宿に行ってまいりました。

20120121_1

 お目当ては・・・案内チラシのトップにも掲載されていた、島根県 山陰本線 松江駅の『島根牛みそ玉丼』(950円)でした。

 東京生まれ東京育ちの自分ですが、昨年の松江城にて松江若武者隊まつえ舞姫隊の皆さんにおもてなしをされ、まつえ舞姫隊ゆり姫がめちゃくちゃ可愛いかったので、東京人のくせして心は松江市民になっております。

 そうとなれば松江駅の駅弁は食べてみないとアカンでしょうw

20120121_2

20120121_3

 今回の目玉商品だけに、行列ができて店員さんもてんてこ舞いに弁当を作っておりましたな。

 しかし! 普段の行いが良かったのか、行列が短い瞬間に立ち会い、5分程度で購入することが出来たのです。

20120121_4

 ちなみに今回購入したのは『島根牛みそ玉丼』だけでなく、他の駅弁と美味しいものを買ってきました。

 ↑の写真を見れば、何を買ったかわかるわなw

20120121_5

 実は昨年の11月に松江駅から帰る時にも、JR松江駅北口の駅弁店で、このお弁当を購入したことがありましたが、まさか東京の地で再び食べることが出来るとは思いませんでした。

 チラシのウンチクをそのまま引用いたしますと・・・・

 奥出雲で江戸より続く井上醤油店の『本醸造みそ』と、島根の老舗酒造「都錦」の料理酒「料理の要」を用いて、島根牛を甘辛く炊きました。
 とろとろ玉子に箸を入れると、黄身が味噌に溶けてさらにおいしく召し上がれます。

 ・・・だそうだ。

 電子レンジで温めて、さっそく昼ごはんとして食べることにしました。

20120121_6

 この駅弁を作っているのは『一文字家』さん。
 ( http://www.ichimonjiya.jp/ )

 島根県松江市平成町にあるらしいですが・・・Googleマップで調べたら、JR松江駅を挟んで松江城の反対側でした。

 そりゃ~行ったことないから分からん。

 お弁当の中身は、味噌味の島根牛の切り落としと、しらたきと、半熟玉子がメインで、箸休めで香の物が付いております。

 味のほうは・・・甘辛いと書いてあったが、辛くは無かったなあ。むしろ甘いって感じです。

 でも白いご飯とバッチリ合っており、また島根牛の食感も柔らかく、ぺろりと食べられます。

 20120121_7

 で、半熟卵を割ってみました。

 島根牛だけでも美味しいのですが、黄身が絡むとこれまたマイルドでした。

 お弁当の量は、まあそれなり。オレにとっては十分な量でした。

 ふう・・・残りは駅弁が2つか・・・楽しみじゃw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月曜日)

お城納豆:にゃっとう

110822_071336

 これが昨日購入した、【にゃっとう】です。

 お値段は110円余りと激安では無かったのですが・・・画像右端の【お城納豆】の文字にと可愛らしいネコのイラストに魅かれてしまいました。

 ネコ好き&お城好きのオレを狙っているかの様な商品です。

 納豆のくせにネコのイラストを使って【にゃっとう】と表示するところがなんとも・・・。

 製造元は 株式会社 武双庵 と書いてあります。熊本県は玉名郡和水町にあるらしいですよ。

 しかも【熊本デザイン専門学校共同開発商品】と書かれています。まさに地域の底力?で、オレの住んでいる東京まで販売してきたって感じです。

 さらに・・・『にゃっとうは開けやすく、持ちやすく、混ぜやすい容器 にゃっとうはジェル状のタレが特徴 http://www.nyattou.com ではツイッターもやってるにゃん♪』 だそうです。

 流行のツイッターまでやるとは、さすがだ。

 で、今日の朝食に頂きました。

 納豆マメは大きい部類でした。(ちなみにオレは小さい豆の納豆とか、ひき割り納豆が好きです)

 タレはなかなか美味しかったですよ。

 う~~~ん、美味しかった。

 しかし・・・食べ終わってみて気が付きました。

 ネコのイラストで【にゃっとう】は分かる。

 でも・・・【お城納豆】のネーミングの由来はどこから?

 タレがお城の形の入れ物に入っているとか、アタリが入っていたら熊本城にご招待とかだったら、【お城納豆】のネーミングも理解できるのですが・・・。

 まさか・・・熊本城にちなんでのネーミングなのかな・・・。

 う~~~~ん、それって日本全国にお城があるわけだから、どこの納豆メーカーも使用できるネーミング方法なんだけどなw

 美味しかっただけに、お城マニアにオレにとっては、そこが残念でしたww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日曜日)

アンテナショップめぐり

Img_2246

 本日は【アンテナショップ】めぐりをいしました。

 その前に腹ごしらえ・・・某駅近くにある【築地銀だこ】にて、ふつうのたこ焼き と オムチーズたこ焼きを頂きました。それぞれ400円ずつだったかな。

 外はカリカリ、中はトロっとした食感でした。

 ここは何度でも食べに行きたいですね。

Img_2249

 で、東京メトロ:日比谷線の東銀座駅を下車してスグの【いわて銀座プラザ】=岩手県のアンテナショップに行きました。

 ここで購入したものが【ごますり団子】でした。
 これはあとでお茶と一緒に食べようと思います。

Img_2250

 東銀座駅から銀座駅方面に歩くと【ぐんまちゃん家】=群馬県のアンテナショップが見えてきます。

 土地の野菜、焼まんじゅうが印象的でした。

Img_2253

 銀座駅から有楽町駅方面に歩くと、【東京交通会館】という建物が見えてきます。
 ここはアンテナショップがたくさん入っております。

 で、2Fにあったのが、【長野県のアンテナショップ】

 松本・上田・伊那・小諸などなどのパンフレットがありましたが・・・あまり食べ物が販売されていなかったのが残念w

Img_2254

Img_2276

 【滋賀県のアンテナショップ】に入ります。

 琵琶湖で産出した真珠のネックレスとか、ひこにゃんグッズとかが印象的でした。

 写真のガイドブックは滋賀県観光の予習にはいいかもしれないw

Img_2258

Img_2255

 つぎは【DASHI CAFE】に行きました。

 左のお椀はカツオダシの入ったもの。右のお椀は味噌をお湯で溶いたもの。
 これを無料で試食できます。

 ダシが無いと味噌汁は美味しくないということが良く分かりました。
 ダシは大切ですw

Img_2260

Img_2274

 1階に下りて、【北海道どさんこプラザ】に行きました。

 さすがに北海道です。たくさんの食材が売っていました。

 ここで【松前漬】を購入しました。600円だったかな。

 ロイスのチョコレートポテチもここで購入可能なんですねw

Img_2261

 オレの中で意外とアタリだったのが、【徳島・香川 トモニ市場】でした。

Img_2273

 【フィッシュカツ】です。6枚入って300円ちょっと。

 中身は魚のすり身ですね。で、ちょっとピリ辛のカレー味。

 これだけでご飯が食べられますw

Img_2262

 隣にあるのが【秋田ふるさと館】

 横手焼きそば とか はたはた とか きりたんぽ鍋 とか販売していました。

Img_2263

 【東京交通会館】の地下一階に行きます。【兵庫わくわく館】です。

 明石焼き とか くぎ煮 とか 明石サイダー とか、これまた食指が動くようなものが売っておりました。

 ここで六甲山の水をつかった【明石サイダー】を買って、一息入れました。

 

 近くには【喜集館=和歌山県のアンテナショップ】とか【富山県のアンテナショップ】がありました。
 すいません、写真はないです。

 次は日比谷線:日比谷駅⇒銀座線:三越前駅と乗り継いでいきます。

Img_2264

 予想していませんでしたが、【奈良まほろば館】を発見。

Img_2265

 今回の目当ての一つ、【にほんばし島根館】です。

 印象的だったのが、抹茶のお菓子、とびうおのすり身のカマぼこ でした。

Img_2277

 嬉しいことに、松江開府400年記念博覧会公式ガイドブックをくれましたww

 まつえ若武者隊・まつえ舞姫隊の写真も掲載されていますw

 さて、次は銀座線:新橋駅に向かいます。

Img_2266

 これまた予想していませんでしたが、【香川・愛媛 せとうち旬彩館】がありました。

 ひょっとして一六タルトとか、坊ちゃん団子もここで購入できるのかなw

Img_2267

 で、本日最後のアンテナショップ、【食のみやこ 鳥取プラザ】です。

 ここで【ウニのり】を入手可能です。銘菓:【因幡の白兎】も売っていましたw

Img_2279

 さて【うにのり】 525円ですが・・・
 ごらんのとおり、下はノリの佃煮、上にウニがのっています。ちなみに購入したものはワサビも入っていますから、境目が微妙に緑色です。

Img_2280

 開けてみると、こんな感じです。
 グルグル・・・と、これをかき混ぜます。

Img_2281

 ちょっと見た目が良くないですが・・・ノリとウニとワサビが程良く混じっています。

Img_2282

 これをあったかご飯にかけます。

 ちなみに左側は【北海道どさんこプラザ】で購入した【松前漬】で、右側に【うにのり】でございます。

 これだけで、白いご飯が2杯はいけます。

 ごちそうさまでしたw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火曜日)

ケーキの画像

Cake_2

 2010年12月17日に某有名ケーキ店で買った8個のケーキがこれだ!!

 オレ、一個も食べてない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月曜日)

ドラゴンクエスト6のバーバラ

Img_8837

 どんな中身が入っているかわからない、完成品のドラゴンクエスト6のキャラクターおもちゃを525円で購入してみました。

 主人公の勇者か戦士のテリーが欲しかったのですが・・・魔法使いのバーバラでした・・・。

 高さが6センチしかないのですが、このクオリティーがすごい・・・。

 やるな、Made In CHINA~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水曜日)

不二家のミルキーロールケーキを買いました

Img_2698  

 2009年12月29日(火)、この日、高校時代の友人が京都からと今日まで訪ねてきました。

 で、新宿まで友人を送っていったのですが・・・改札口の隅っこで、不二家のお姉ちゃん(←結構かわいかったです)が、ロールケーキを売っていました。

 

 ふつうは、大のオトコが買うわけないのですが、このロールケーキは先日、『行列のできる法律相談所』で島田紳助さんが紹介していた、ロールケーキだったので、即購入しちゃいました!!

 全国ネットで、『これはうまい』と言われていたので、『ちょっくら、買ってみるか?』と1,050円で購入しました。

 

Img_2701

 

で、この写真が、このロールケーキの売りなんでしょうが、さすが不二家さんだけあって、ロールケーキの包装紙がミルキーなんですよ。

 インパクト強いですよ。

 ちなみに大きさを比べるために、マウスを並べております。

 

Img_2702

 

で、包装紙を開けてみますと、ケーキスポンジの黄色ではなく、真っ白のスポンジです。

 クリームももちろん、白です。

 やるな、不二家さん!!

 

Img_2703

 

 このケーキの撮影時はすでに夜の12時を回っており、食べる=皮下脂肪直行』なのは火を見るより明らかです。

 しかし!! 本日、ニコットタウンにて多くの皆さんに、不二家さんのミルキーロールケーキの話をした手前、レポートを報告しなくてはなりません。

 その崇高な目的の為に、ちょこっと食してました。

 これはですね・・・まずケーキスポンジはしっとりしております。パサパサしてませんねえ。

 オイラの舌はあまりアテになりませんが、スポンジにも”ほのかー”にミルキーの味がする気がします。

 

 で、クリームですが・・・これまた上品な味です。

 普通のロールケーキの強い甘みは感じませんでした。そして、ミルキーそのもの!ではないですが、そこが奥ゆかしいというか大人の食べ物というか・・・。

 ロールケーキを恵方巻にして食べる!といったモッタイナイ食べ方はダメです、これ。

 

 できれば・・・上品な紅茶と一緒に食すのがよろしいのかと・・・ゆったりしたクラシック音楽でも流れていると雰囲気もでそうですが・・・。

 それとも・・・『ミルキーはママの味~』と口ずさみながら食べるのが正解なんでしょうかねえ・・・。

 

 とにかく上品なお味でしたね、ハイ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木曜日)

クリスマス・プレゼント

55848etc1

 

 12月24日は言わずと知れたクリスマス・イブです。

 

 オイラも小学校1年生まではサンタクロースの存在を信じていました。

 しかし、プレゼントのトランシーバーに付いていたサンタクロースからの手紙の筆跡がオイラの母親のものと気付いた時、当時6歳のオイラはサンタクロースはいないと確信しました。

 

 で、あれから30ウン年、今度はオイラがサンタクロースの役回りをすることになりました。

 

 あ、いや、ホントにサンタの格好をしたわけじゃなくて、姪っ子にプレゼントをあげたんですけどね。

 

 そのプレゼントが写真の『プリキュアお菓子バッグセット』でした。

 

 このラーメンどんぶりを1個入れたらパンパン!というバッグに、プリキュアのキャラクターがプリントされた袋駄菓子が4つ入って、何と値段が野口英世さんのお札では不足!というものです。

 

 2人の姪っ子の為なら、全然出費は気にならないのですが、何故か腑に落ちないのが、子供をダシに稼ぐ値段設定です。

 

 BANDAIさんよ。ちょっとエグイで!

 

 と言ってしまいたくなるオイラでした。

 

 

 そうそう、プリキュアは小さな良い子の女の子の味方です。

 ときどき、プリキュア大好きな、イイ年した男の子のお友達がいるそうですが、もしネット検索して、このブログに辿りついちゃった、男のお友達は、一度自分の生活を反省した方がいいぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)