2015年4月11日 (土曜日)

鎌倉めぐり その5(最終話)

Img_0681

Img_0685_2

御霊神社に向かう前から、長谷駅から徒歩5分の長谷寺が見えていました。

それならば、と御霊神社から長谷寺へ歩いていくことにしたのですが・・・・。

コの字に歩かされた・・・。駐車場に入ることが出来れば、ショートカット出来るのですが。

ともかく、今回で長谷寺は何度目の参拝でしょうかな。撮影した写真もそれなりですわ。

Img_0691

GWより1ケ月前ですが、ツツジの花が綺麗にさいておりました。

花でいっぱいの長谷寺・・・ええですな。

Img_0695_2

最後の写真は長谷寺の入り口の写真。

10年前に彼女さんと記念撮影したのを思い出しましたわ。

ということで、久々の鎌倉観光でした。

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉めぐり その4

Img_0674

成就院の次はちょこっと歩いて、御霊神社に行くことにしました。

まあ、神社仏閣自体にオレは興味はないのですが・・・

Img_0678_2

神社の入口が江の電の踏切というのが面白いのです。

そういえば3年前に行った腰越駅近くの満福寺も入口が江の電の踏切だったような。

Img_0668_3

神社の入口から西に目をやると、こんな感じ。

トンネルの向こうは先程、利用した極楽寺駅です。

Img_0676

こんな近くを江の電が通り過ぎていくのです。

鉄道好きとしては、なかなか面白い。

その5へ続く・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金曜日)

鎌倉めぐり その3

Img_0638

源氏山公園を下る途中に銭洗弁天社がありました。

おもしろいのは、トンネルをくぐった先に開けた空間があったこと。

こういう神社は初めてですな。

源氏山公園を下り、鎌倉駅までひたすら歩いていきました。

 

Img_0659_2

鎌倉駅から再度、江の電に乗り、極楽寺駅で下車。

その名も極楽寺に参拝。

いきなり山門の裏側の写真・・・まあ桜がきれいだったので。

Img_0658

ちなみに極楽寺の内部への光景がこちら。

なんともまあ、しっとりとした参道です。

Img_0663

極楽寺からちょっくら歩いて、成就院に到着。

こちらでの目的は・・・・

Img_0667

実は境内ではなく、山門の外から見える湘南の海でした。

6月になると右手の斜面はアジサイで綺麗なのですが・・・しばらくはお休みだそうだ。

ちなみに階段を下ると墓地に通じる(笑

その4へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉めぐり その2

Img_0609

昼食後、今まで行ったことの無いエリア、JR鎌倉駅の西側の源氏山公園周辺を観光することにしました。

最初の目的地は鎌倉五山の第3位の寿福寺でした。

建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺と鎌倉五山をこれで制覇できましたわ。

Img_0618_2

寿福寺の境内に入ることはできませんが、境内に向かう長い道が何とも風情があるんだな。

まあ・・・写真はちょっと残念なんだが・・。

Img_0630_2

今回の鎌倉めぐりの目的の一つ。

東西北を山に、南を海に囲まれた城郭としての鎌倉。

その閉鎖された空間と外側をつなぐ虎口としての切り通しを見てみたかったのです。

源氏山公園に行くのならば、仮粧坂切り通しを通るなあと思っていましたが・・・。

この急斜面はヤバいだろw

まあ・・・自動車・自転車・一輪車・乳母車はダメだな。

馬でもムリだろ。

Img_0625

ちなみにジグザグ坂を登ってから、振り返った写真がコチラ。

雨の日は足元が悪いとのこと・・・ホントに転ぶかと思った・・。

Img_0633

で、源氏山公園に到着。

源頼朝公の石像?銅像に初めて御対面しましたが・・・意外と小さかった。

観光写真にだまされたって感じだわw

その3に続く・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉めぐり

Img_0589

2015年4月4日に鎌倉に行ってきました。

小田急線沿線の近くに住んでおりますが、初めてロマンスカーなるものに乗車しました。

車内改札はありませんでしたな・・・いいのか?

Img_0596

ロマンスカーで片瀬江ノ島駅まで行ってもいいのですが、やはり藤沢駅から江の電に乗って鎌倉駅に向かうのがオススメ。

高架、鉄橋、路面、トンネル、谷間、海沿い、山の中、街中、民家沿い・・・様々な風景が10キロ程度の線路に詰まっているのが江の電の魅力です。

Img_0603

鎌倉についたら、やはり定番の鶴岡八幡宮に参拝するのが基本。

大銀杏は残念ながら倒れてしまったけど、若木が芽吹いている。

オレが生きている間は、2代目大銀杏は見れないんだろうけどな。

Img_0608_2

腹が減っては戦は出来ぬ。小町通りで食事することにしました。

たまにはいいかなと、シラスのかき揚げ丼を食べました。

その2へ続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土曜日)

東京OFF会ダイジェスト 完結編

その9から続く・・・。

先週開催された東京OFF会のダイジェスト、ようやく完結編です。

長かった・・・。

Img_1615

京成金町線の柴又駅から再度、高砂駅に向かい、さらに上野方面に向かうことにします。

高砂駅⇒柴又駅⇒金町駅の3駅を2つの電車が往復する金町線です。

必ず柴又駅で2つの電車が行き来するんだね。

Img_1617

で、次の目的地は京成本線の町屋駅で乗り換えて、都電荒川線に乗ること。

かつては東京都内を縦横に走っていた路面電車も、この都電荒川線だけです。

このクリーム色と茶色の電車もオシャレで乗りたかったのですがね・・・。

Img_1619

やはり都電荒川線と言えば、このカラーの車両が定番でしょうな。

町屋駅前電停からスタートです。

Img_1620

都電荒川線は三ノ輪橋から早稲田を結ぶ路面電車。

その区間の80%位をひたすら乗っていこうという企画でした。

Img_1626

オレも東京都民なのですが、都電荒川線は初めてでした。

しかし・・・同行の知人のこの姿、どうです?

進行方向に向かって、運転手さんの右斜め後ろの位置をガッチリとキープ。

のめり込みながら、立っている姿・・・もう、鉄子というべきか、お子様そのまんまです。

Img_1628

途中、荒川車庫を通過しました。

沢山の色んな車両があるんですね。

Img_1630

都電荒川線のほとんどは普通の電車と同じ、専用軌道を走りますが、王子駅前電停からスタートすると、明治通りの車道の上の起動を乗用車と並走します。

Img_1638

大塚駅にて、都電荒川線の旅は終了。

もう、路面電車と並んでの写真・・・・よっぽど楽しかったんだろうなw

Img_1643

JR大塚駅のみどりの窓口にて、帰りの新幹線の指定席券を1時間早めました。

台風が接近していましたからね。

15:50東京駅発の広島行き のぞみ117号に乗って、知人は帰られました。

ということで、東京OFF会のダイジェスト、これにて終了!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京OFF会ダイジェスト 9

その8から続く・・・。

Img_1588

矢切の渡しを渡っている間はこんな感じです。

特に暑くもなく、波が立っているわけでもなく、安心して向こう岸の千葉県まで渡ることができましたよ。

Img_1591

千葉県側に到着。

特に何かをする訳でなく、乗ってきた船が再度往復して戻ってくるまで、ちょっと遊んでいようということになりました。

写真は演歌歌手の細川たかしさんが設置した石碑だそうだ。

Img_1600

千葉県側はこんな感じ。

木々に覆われて、ちょっとした遊び場になっておりました。

Img_1594

Img_1597

Img_1598

駄菓子屋さんみたいな売店があるのですが、そこで飼われているワンコ(名前はクマ。6歳)が非常に可愛いのです。

ちょっと怖がりなので、ズンズンと近寄ると逃げちゃいますが・・・。

Img_1592

そのクマ以上にカワイイ?のが、同行の知人の行動です。

木の枝からぶら下がった浮きを使ったブランコに乗って、はしゃいでいました。

どうも本来は、浮きに立って乗っかって遊ぶようなのだが、写真の通りに座ってゆられていました。

浮きの突起物が食い込んだようで、降りたあとで、「痛て~~~」とあられもない格好をしていましたが・・・。

Img_1606

再び矢切の渡し船に乗って、帝釈天の門前通りに向かいます。

男はつらいよ の撮影現場だった「とらや」にて天ぷらそばを頂きました。

蕎麦の味もさることながら、食堂のおばちゃんの人懐っこい言葉やサービスが下町帝釈天を感じさせる雰囲気でしたな。

その10へ続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金曜日)

東京OFF会ダイジェスト 8

その7から続く・・・。

Img_1569

帝釈天の境内の鐘突き櫓ですな。

男はつらいよ で源公が鐘をついていたようですが・・・。

皆、蛾次郎、蛾次郎とつぶやいていました。

Img_1571

彫刻のお寺、帝釈天の門の狛犬の彫刻はこんなもの・・・。

Img_1572

帝釈天の外を出て、江戸川の河原に向かいます。

帝釈天の周りを囲む石柱に彫刻されているビッグネームがスゴイ。

当時巨人軍の王貞治さん。

Img_1573

大相撲の横綱柏戸関。

Img_1575

男はつらいよ から、寅さんを演じた渥美清さん。さくらを演じた倍賞千恵子さん。

さらにはおばちゃんの三崎千恵子さんも彫刻されていました。

Img_1576

で、10分ほど歩いて、江戸川に到着。

グランドに降りて行って、川岸に向かいます。

写真中ほど左側の木々がこんもりしたあたりが、矢切りの渡しですな。

Img_1579

途中、蝉の抜け殻を発見。

綺麗にならんでいます。

Img_1580

裏を見ると・・・・こんなについていたw

ちょっと気持ち悪いかも。

Img_1581

で、片道200円を支払って、渡し船に乗ります。

船頭さんが人力で漕いでいました。

その9に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木曜日)

東京OFF会ダイジェスト 7

その6から続く・・・。

Img_1541

東京OFF会最終日は、関東組のメンバーに声をかけて、東京の下町めぐりをすることにしました。

あたりまえのように集合していますが、東京都の隣県から集まってくれるので、実は有り難いことなのです。仕事疲れの人もいるんですよ。

朝10時にJR上野駅・中央改札口の外、翼の像の広場に集合。そこから京成電鉄を乗り継いで、『男はつらいよ』の舞台、葛飾区柴又を散策することになりました。

まずは『寅さん』の銅像の前で、一同集合写真を掲載です。

モザイクをかけさせてもらっていますが、楽しそうな雰囲気あるでしょ?

Img_1543_2

で、こちらが『男はつらいよ』の主人公、寅さんの銅像。

かなり男前に作られているんですよね。

Img_1544

とにかく目的地の柴又帝釈天に向かいます。

浅草寺程の大きさではありませんが、門前通りが何とも言えない雰囲気を出しているのです。

 

Img_1546_3

お煎餅やら、かき氷やら、色々と通りに売っていましたよ。

写真は高木屋老舗さん。

Img_1549

こちらは「男はつらいよ」の第1作から第4作までの実際の舞台となった、その名も とらやさんです。

後の話になりますが、ここで昼食を取りました。

Img_1555

で、帝釈天(題経寺)の門になります。

決して大きくはないのですが、彫刻がすごく細かいのです。

Img_1557

で、一応、ここでも記念撮影です。

一番、うしろで手を広げているのが、オレです。

Img_1561

境内に入り、各自好き勝手な行動をとることにしました。

本日合流した知人2人は、白いヘビの置物にひたすら祈っていました。

多分、目的は金目当てです(笑)

はて・・・こんな姿、滋賀県の彦根城でも見た記憶が・・・。

Img_1568

で、最後にあらためて、帝釈天本堂を背景に記念撮影。

オレが前屈みになっているのは、決して腹の調子が悪いわけではないのですぞ。

その8につづく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火曜日)

東京OFF会ダイジェスト 6

その5から続く。

Img_1521

Img_1522_2

豪徳寺から逃げ出して(?)、宮の下駅近くの喫茶店で一度休むことになりました。

暑かったので、アイスクリームの誘惑に負けて、アップルパイをオレは食べたぞ。

ホントにリンゴが入っていた。

Img_1523

Img_1525

再度、東急世田谷線の宮の下駅から乗車。

三軒茶屋駅方面に向かいます。

ちなみに上の青い車両は下高井戸駅方面に向かう電車だよ。

Img_1527

終点の三軒茶屋駅で今度は東急田園都市線に乗り換えて、渋谷駅に向かいます。

目的はテレビでかならず映るハチ公銅像を実際に見ること。

日本人は無関心でして、外国人がやたら銅像と一緒に撮影していました。

三脚を立てて、一人で撮影していたオジサンもいたけどね。

Img_1530

せっかくだから、スクランブル交差点を渡って、109を遠くから眺める。

もう十分にお登りさんです。

Img_1531

今度は反対側からスクランブル交差点を渡ります。

これまたテレビに映る東急百貨店でございます。

Img_1532

戻ってきたところで、ハチ公銅像の背中を撮影してみる。

尻尾が太いw

Img_1533

渋谷駅から京王井の頭線⇒京王本線に乗り継ぎ、各駅停車駅の国領駅近く、ラーメン店の熊王に入ることにしました。

熊王は調布市、東京都でも有名なラーメン店で、食事時には行列を成す美味しい店なのですが、6時前に入店したので、簡単にラーメンにありつけました。

上の写真は醤油ラーメン(650円)+チャーシュー1枚トッピング(100円)でニンニク入り。

Img_1534

こちらは、醤油ラーメン+もやしトッピング(100円)でニンニク無し。

同行の知人、ペロリと食べていた・・・。

その7に続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧