2013年2月11日 (月曜日)

量産型ゲルググ&ゲルググキャノン 完成しました

Glgg_2

Glgg_8

2013年2月9日(土)に量産型ゲルググ(ゲルググキャノンとのコンバーチブル)が完成いたしました。

完成直前の最終仕上げの段階で大失敗をしてしまい、どうなることかと思いましたが、リカバリーが上手く行って、↑の様な仕上げで完成いたしました。

完成写真集: http://homepage2.nifty.com/mark2/plamo/hg_glgg/hg_glgg.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日曜日)

量産型ゲルググを作る その11

Img_0157

Img_0158

Img_0159

Img_0160

この土日はゲルググの塗装に時間をかけました。

背中のビームキャノンパックをNo333:エクストラダークシーグレーBS381C640で塗装。
同じくビームキャノンパックのパイプ部分・タンク部分・スラスター部分をNo13:ニュートラルグレーで塗装。

キャノンパック下のスラスター部分をNo61:焼鉄色で塗装。

日曜日に入り、次はエナメル塗料にて墨入れ作業を行いました。

フラットブラックとジャーマングレーとライトグレーとレッドブラウンを使いました。

基本塗装は以上で終了。

あとは手元にあった水溶性デカールを貼りつけました。

残る作業は艶消し黒での汚し作業と艶の調節くらいです。

基本塗装につかった塗料を片付ける前に自分の為に記録せな・・・。

NO333:エクストダークシーグレーB381C640
 ⇒腕・足などの関節部、盾の表と裏、ビームキャノンパック、胴体・スネの装甲裏
ニュートラルグレー
 ⇒ビームライフルのパイプ部分、ビームキャノンパックのタンク部、スラスター部
MSグレージオン系
 ⇒頭・腕・足などの全体部分
ファンデーションホワイト
 ⇒原色の下塗り目的で塗装。
青金
 ⇒ビームライフルのスコープ部、装甲裏の彫刻部
焼鉄色
 ⇒スラスター部分
メタルブラック
 ⇒ビームライフル、ビームキャノン、ロケット砲
シルバー
 ⇒ビームライフルのスコープレンズ部、装甲の裏の彫刻部
艶消しブラック
 ⇒モノアイシールド
ロシアングリーン2
 ⇒胴体部
キャラクターレッド
 ⇒カメラアイ
イエローFS13538
 ⇒ビームナギナタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月曜日)

量産型ゲルググを作る その10

Img_0155

Img_0156

基本塗装が残っているのは、キャノンパックくらいになりました。

すでにビームキャノンはメタルブラックに塗装済なので、マスキングテープで養生してから、グレーサフを吹き付けました。

作業的には30分程度。

今回もコツコツです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日曜日)

量産型ゲルググを作る その9

Img_0151

Img_0152

Img_0153

この土曜日・日曜日の作業報告といいますと・・・。

肩のビームキャノンと右手に持つビームライフルに対して、メタルブラックを吹き付けました。

スネの裏、腰のスカートの裏、左手のシールドの裏に対して、エクストダークシーグレーB381C640を吹き付けました。

後でどうせ汚し塗装をするので、マスキングテープで養生してません。エアブラシの空気圧を低くして、ノズルも絞って境界線ギリギリで吹き付けました。

ちょっとはみでましたが気にしません。

よって、ここにきて足首関節をスネにガッチリと組み込むことが出来ました。

日曜日は、ビームキャノンとビームライフルのパイプに対して、ニュートラルグレーを筆塗り。

ビームキャノンの塗装が終わったので、キャノン基部を接着。次の段階に備えます。

ビームライフルのスコープは青金とシルバーで筆塗り。

写真では見えませんが、足の裏や肩装甲の裏側もアクセントとして青金とシルバーで筆塗りしています。

写真のとおり、キャノンパックだけが未整形、未塗装です。

基本塗装は8割方終了といったところ。

Img_0154

関係ないけど、今回使用した塗料です。

塗料箱にしまうと、再度塗装する時にどれを使ったか分からなくなるので、カゴにいれたままです。

このブログで製作記録を書くのも、塗装の記録でもあります。

ちなみに左上から右にむかって・・・

エクストダークシーグレーB381C640
ニュートラルグレー
MSグレージオン系
ファンデーションホワイト
青金

焼鉄色
メタルブラック
シルバー

艶消しブラック
ロシアングリーン2
キャラクターレッド
イエローFS13538

です。

結構、使っているねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金曜日)

量産型ゲルググを作る その8

Img_0149

Img_0150

昨日の作業になりますが、背中に背負うキャノン砲をメタルブラックで塗装。

そしてシールド&ナギナタの黄色とシールドのブルーグレーを塗装しました。

だいぶ様になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月曜日)

量産型ゲルググを作る その7

Img_0146

Img_0147

Img_0148

今日は写真には見えないけど、かかとのアポジモーターを焼鉄色で、ビームライフルをメタルブラックで、モノアイレールは艶消しブラックで塗装した。

作業時間は90分くらいかな。

コツコツやっていれば前に進むもんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土曜日)

量産型ゲルググを作る その6

Img_0146

Img_0147

今日は天気が良く、気温もそこそこあったので、絶好の塗装日和でした。

ロシアングリーンとグレーを吹き付けて、色が乗ったと納得したのでマスキングテープをはがしました。

ちょっと不足な部分は筆塗りで対応しちゃおう。

ロシアングリーンとグレーとはおさらばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月曜日)

量産型ゲルググを作る その5

Img_0144

Img_0145

今日は今年初めての大雪でした。思いっきり積もっています。

外出できませんので、コツコツと塗装作業をしました。

まずはスネと太もものグレーを塗った後、136番ロシアングリーン2を塗ってみました。

グレーはともかく、ロシアングリーンは隠ぺい力が無く、なかなか下地を埋めてくれないので、これは根気がいるかなあ。

塗装中は換気が必要だから、こんなクソ寒い日は最悪だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土曜日)

量産型ゲルググを作る その4

Glgg03

相変らず毎日少しずつ製作を進めています。

要領が悪いので、塗装が終了してから接着・表面処理をするという禁じ手をする始末。
まあ塗装面は汚したりするからいいかあと思ってます。

関節部を塗装してから、マスキングテープで養生。
下腕やら太ももやらスネを接着して表面処理といった状況です。

 

Glgg02

Glgg01

そんなこんなで、ここまで製作が進んでいます。

足と胸の表面処理が終わったら下地塗装の予定。
整形もれが無ければ一気に塗装に進むことが出来ますね。

塗装まで行けば一気に完成に持っていけるかもしれませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火曜日)

量産型ゲルググを作る その3

Img_0001

塗装しては、組み立てて、接着して、整形して・・・の繰り返しです。

一日60分でも作業できれば前進、前進と信じて進むだけ。

今日の作業

 下腕とスネの部品:600番手までの整形
 上半身の下地処理
 バックラーシールドの600番手までの整形

| | コメント (0) | トラックバック (0)