2013年10月27日 (日曜日)

スタークジェガン 完成写真集

ついに2010年春に購入した、1:144スケールのスタークジェガンの塗装が終了し、完成となりました。

まあ、完璧な出来ではありませんが、我ながら気にいっております。

実はオレはプラモデルのポーズ付けが苦手&写真撮影も苦手なので、何時間経っても満足のいく写真がとれません。

この調子だと、お披露目もできませんので、撮影できたものから公開します。

またプラモのホームページの容量が一杯ですので、こちらのブロクに掲載いたしますね。

あと掲載した写真ですが、左クリックすると拡大されます。

更に左クリックするとブラウザによっては更に拡大されるかもしれませんね。

ブログに掲載の関係上、あまり容量を食う画質でアップロードできないのですが、出来るだけ詳しく分かるようにしました。

まあ・・・結構ザツで、最近の綺麗なガンプラとは違う方向性の仕上げなのですが、『ガンプラは完成させてナンボ』なのです!!

Img_9960

先週撮影しましたが、一応スタークジェガンの全体像です。

 

Img_9964

ちょっと角度を変えて撮影。

 

Img_9969

こんどは下からあおるように撮影。

 

Img_9984

気にいっている部分=肩のミサイルランチャーの塗装。

GSIクレオスのラッカー系塗料:ガンダムカラーのジオン系のグレーを塗装。

艶消しクリア塗料を吹き付けてから、タミヤのエナメル塗料の艶消し黒でドライブラシしました。

宇宙空間で飛び回る機体なので、デプリ(宇宙のチリ)が高速度でぶつかってきているのではなかろうかと・・・

機体番号の134は2013年の完成作品の4作目と思ったのだけど・・・これで5作目だったw

134はデカールを貼って、カッターナイフでカリコリと削りました。

 

Img_0043

人間でいうところの左耳に設置されているのが、ジェガンのバルカン砲ユニットです。

プラモデルそのままではバルカン砲の発射口がないので、東急ハンズにてアルミパイプ(外径0.8mm、内径0.4mm、長さ30cmだったかな)を購入。

でも使ったのは1mmも満たない長さだったんですね~。

 

Img_0044

両方のミサイルポッドの挟まれて、なかなか見られないスタークジェガンの御尊顔。

カメラアイはプラモデルの部品(青い透明部品)に艶消しクリヤを吹き付けたままです。

額のカメラアイはGSIクレオスのラッカー系塗料:コバルトブルーを筆塗りしました。

あまりに小さい面積なので、老眼で塗装するのが大変でしたw

写真でみるとちょっとはみ出ているな・・・あとで修正しないと。

 

Img_0058

スタークジェガンの腰の部品だけを取り出して撮影してみました。

お尻にあたる部品の裏側はスッカラカンなのですが、プラスチックの板でふさぎ、さらにもう一枚のプラスチックの板を貼りました。

二枚目のプラスチックの板にそれぞれ3つの穴をあけております。

近くで見るとかなりいい加減なのですが、遠目で見る分には問題ないでしょう?

そんなに時間をかけた訳でない割に、効果は抜群ですので、次回作にも活かしたいと思っております。

 

Img_0059_2

正面から見るとこんな感じです。汚し塗装はかなりいい加減ですが、こんな箇所はスカートめくりでもしない限り、よく見ることはありませんから、いいのですw

 

Img_0062

こちらはスタークジェガンの腰の前面にぶら下がっている2枚のスカート装甲の裏側です。

これもちょっと失敗なのですが、まあじっくり見るわけじゃないから、問題なしw

 

Img_0067

スタークジェガンがかかえる武装、バズーカです。

劇中では散弾をぶちかましていましたね。

例によって、艶消し黒のエナメル塗料でガンガンに汚した上で、砲身の先頭には帯状の白いラインシールを貼っています。

案外ボロボロにちぎれますので、これはいいやとばかりに爪で削っていきます。

雰囲気でているかな。

 

Img_0072

そのバズーカを右手にかかえて、どっしりスタイルのスタークジェガンです。

バスーカの後ろの方が背中に引っ掛かりますので、結構ポーズをとるのに制限があって困ります。

 

Img_0078

スタンドを利用すると、このような浮遊している姿勢もとれます。

チョン!と着地するような感じかな。

 

Img_0081

右足の裏もちゃんと塗装していますよ。

昔のガンプラは真っ平らの足裏だったんだけど、最近のガンプラは良く出来ているよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水曜日)

スターク=ジェガン 製作記19

毎度毎度のスタークジェガンの塗装の進捗状況ですが、本体の塗装も完了し、ツヤの調整も完了しました。

そしてデカール貼りも完了しました。

※全体像の写真は・・・完成するまで公開しません!

 

残る作業は・・・①汚し塗装と②噴射口の塗装くらいになりました。

 

Stkjg049

今日の塗装行程は、前もって焼鉄色で塗装した噴射口に対して、クリヤーオレンジとクリヤーブルーを吹き付けました。

焼鉄色は黒とシルバーを混ぜた様な色です。

噴射口は、ある意味、炎が吹きだす所ですので、鉄も焼けたりして色が変わるんじゃないかなあ~と・・・。

で・・・あまり上手じゃないうえ、写真の腕が下手なので、よくわからんのだけど、↑↑↑の写真の通りになりました。

すぼまっている方にクリヤーブルー(透明な青)を吹き付け、広がっている方にクリヤーオレンジ(透明なオレンジ)を吹き付けました。

Stkjg050

Stkjg051

う~~~~ん・・・撮影時の照明もマズイんだけど、これじゃ、よくわからんね・・・。

ともかく、残りは汚し塗装するだけです。

完成まであと少しだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月曜日)

スターク=ジェガン 製作記18

Stkjg046

毎度毎度のスタークジェガンの塗装状況です。

2013年10月11日(金)の時点での写真になりますが、ひたすらタミヤエナメル塗料で墨入れをしておりました。

グレーの部分はフラットブラック、グリーンの部分はダークグレイにて墨入れしました。

また付属のシールを貼ってみましたが、どうも昔からのプラモ製作者からすると、分厚くてアカンですな。

 

Stkjg038

反対側から撮影したもの。

 

Stkjg042

横から見た写真。ビームライフルもチョコチョコと塗り分けています。

 

Stkjg045

俯瞰にてのスタークジェガン。

いよいよ完成が見えてきました。現在デカールを追加で貼っており、適当にチッピング汚しをして、艶消しクリヤーで整えて完成にしようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月曜日)

スターク=ジェガン 製作記17

Stkjg034

本日もスタークジェガンの細かい塗装をしておりました。

両肩の上に乗るミサイルポッドのセンサーはフィニッシャーズの青金を塗りました。

また額のメインカメラはGSIクレオスのコバルトブルーを塗りました。

もう塗装面積が小さいので面相筆を使って息を止めて塗装しています。

 

Stkjg035

後頭部のセンサーもGSIクレオスのコバルトブルーを面相筆にて塗装。

 

Stkjg036

ビームライフルのセンサーもフィニッシャーズの青金を面相筆で根気よく・・・。

 

Stkjg037

昨日の写真には掲載し忘れたけど、足の裏をMSグレー(ジオン系)で塗り分けています。

またお尻のアポジモーターはGSIクレオスの焼鉄色で筆塗りです。

 

ようやく基本塗装が終わります。

あとは仕上げ塗装ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日曜日)

スターク=ジェガン 製作記16

Stkjg024

久々のスタークジェガンの塗装状況報告です。

今日一日かけて下記の塗装をしておりました。

GSIクレオス:焼鉄色・・・各アポジモーター
GSIクレオス:ダークグレー(ジオン系)・・・装甲裏

ようやく基本塗装の終了が見えてきました。

ちょっと仮組みしてみます。

Stkjg028

上から見たところ。

Stkjg029

別な方向から。

Stkjg030

後ろ姿は意外とさみしい。

Stkjg031

350ml缶と比べてみました。

こんな感じの大きさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木曜日)

スターク=ジェガン 製作記15

Stkjg021

Stkjg022

Stkjg023

本日の作業は・・・

ガイアカラーの026番:ライトグリーンをまず全体に吹き付けました。
乾燥後、肩外装部品の裏側のフチをマスキングしてから、GSIクレオスの028番:黒鉄色を吹き付けて、外装部品の裏側を塗りました。

そして・・・肩関節部品を組み込んで、外装の部品を接着しました。

最近では、いわゆる塗装を楽にするために後ハメ加工などをするのが流行ですが、正直面倒だし、時間がかかる・・・。

この程度だったらマスキング対応で何とかなるんじゃないかな~。

塗り分けが少々失敗したって筆塗りでリカバリーすればいいし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水曜日)

スターク=ジェガン 製作記14

Stkjg017

Stkjg018

Stkjg019

Stkjg020

今日もコツコツと塗装作業を実施しておりました。

①GSIクレオスの2番:ブラックをアポジモーターに吹き付けた後、
②GSIクレオスの61番:焼鉄色をアポジモーターに吹きつけました。

メタリック色の塗料は先に黒を塗っておくと発色が良いようです。

③塗り損ねのあったGSIクレオスの305番:グレーFS36118を吹き付けました。
④昨日塗り損ねたGSIクレオスの68番:モンザレッドを筆塗りしました。

毎日少しずつでもやれば進むものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターク=ジェガン 製作記13

Stkjg016

本日はGSIクレオスの68番のモンザレッドを使って、ミサイルの弾頭にエアブラシ塗装です。

腰の連邦マークはさすがに筆塗りです。

ミサイルの弾頭を塗り終わったのはいいのですが、ミサイルポッドに組み込んだら塗膜が剥げてしまいました・・・・(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月曜日)

スターク=ジェガン 製作記12

Stkjg013

Stkjg014

Stkjg015

三連休の最後の日、スタークジェガンの塗装を朝10時から夜8時まで行っていました。

もちろん休みを挟みつつ、外出もしつつの作業です。

本日行った塗装作業は下記の通り。

GSIクレオスの124番:暗緑色(三菱系)を塗装(写真無し)
GSIクレオスの305番:グレーFS36118を塗装
GSIクレオスの329番:イエローFS13538を塗装
GSIクレオスのベースホワイトを塗装

とまあ、一日に何度も塗装するのは面倒ですが、気分が乗ってしまえばやれるもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日曜日)

スターク=ジェガン 製作記11

Stkjg010

Stkjg011

Stkjg012

三連休の中日。天気がいいのに1:144縮尺のスタークジェガンの緑色を塗装しました。

使用した塗料はガイアカラーの026番のライトグリーン。

いきなりぶっつけで塗装しましたが、スタークジェガンの為にあるような色合いの塗料でした。

混色は嫌ですからね。買ったままの塗料で塗装できるなら大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)