2013年5月15日 (水曜日)

安土城を築城しています

Img_0004

Img_0005

急に安土城のプラモデルを作りたくなってきました。

前回の安土城のブログを見ると2009年の事なんですね・・・・あかんやん。

改めて見ると、石垣の彫り込みというより表面が真っ平らなので、ちょっと手を加えてやらんとなあ・・・。

今は建築物の整形を優先としますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日曜日)

人は城、人は石垣、人は堀

Img_5222  

 6月5日から7日に予定していた、福島遠征でしたが、雨の為、中止となりました。

 やはり、お城は青空をバックに撮影したいものなので・・・

 

 で、時間があいたので、安土城のプラモデルの製作を続行することにしました。

 で、今回の作業ですが、上の写真の通り、プラモデルの石垣というのはノッペリしております。

 普通の人ならば全然気にしないところでありますが、『プラモおたく』『お城おたく』たる、オイラからしてみると、『現代建築の石垣みたいで、気に入らない!!』とか『安土城は切込みハギの石垣じゃないやい!』ということになります。(※切込みハギの石垣・・・江戸城の天守台の様に、石垣石の面を徹底的に加工して、石と石との接触面をピッタリにした積み上げた石垣のことです。)

 そこで、電動ドリルを購入して、ガリガリと彫刻していきます。 で、出来上がった結果がこんな感じ。

 

Img_5223

 一つの面を掘るのにかかった時間は、NHK大河ドラマの天地人の録画を3本くらいになります。(135分ってところ)

 角の石垣が算木積みでないとか、ツッコミどころ満載ですが、雰囲気としてはまずまずと、自分をほめてあげたいと思っています。(※算木積み・・・石垣の出角部分(隅石)の積み方のこと。直方体の石の長辺と短辺を交互に重ね合わせることで強度を増す積み方。)

 が、あと石垣が5面程残っているので、こんな作業がまだ残ってるのかと、ちょっと憂鬱になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火曜日)

安土城を建設してみたいと思った

Img_5173

 つい数ケ月前に、週刊・デアゴスティーニで『安土城を作る』という商品があったと思いました。⇒http://www.de-club.net/azc/

 オイラも欲しいなあと思っていたのですが、初刊は1000円未満でも、通常は1490円とかで、全110号で完結となるので、完成するには合計16万円以上となる計算になるわけです。

 ・・・流石にそんなお金はない。

 

 ということで、オイラの弟夫婦の家の近くの、リサイクルショップの店頭にあった、安土城のプラモデルを買ってきました。

 値札には300円とありました。安い!

 ホントに投げ売り状態で、買った時に店の店主が値札をバリッと勝手に剥がしてくれたので、箱に剥がれた後があります。(泣)

 

Img_5174  

 で、中身はこんなものです。

 組み上げるだけなら、1日もあればできそうです。

 そう、『組む』だけならね。

 昔、ガンプラを作りまくっていたオイラからしてみれば、『組む』だけでは満足しないのだ。

 

Img_5175

 で、24日の日曜日の状態が、ここまでなのです。

 石垣部分と壁の部分は仮に接着をしているだけです。

 いつでも簡単に取り外せるようにするために、そうしています。

 

 にしても、この安土城のプラモデル、天守台の部分と庭の部分が水平に土台に密着していないので、偽装マンションの如く、カタカタと揺れるのです・・・(泣)

 もし織田信長が知ったら、『殺してしまえ、ホトトギス』ですから、建築主は殺されていることでしょう。

 

 

 『姫路城のプラモデルはどうなったか?』って?  そういうことを聞いてはいけません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)