« 会津若松城 その3 | トップページ | 会津若松城 完結編 »

2015年9月20日 (日曜日)

会津若松城 その4

Img_5814

【会津若松城】の【本丸】に戻り、さきほど裏側から見学した【鉄門】の表側を見学します。

全面鉄板張りの立派なものです。

Img_5828

その【鉄門】の内部から外側(つまり【帯曲輪】側)を眺めた【会津若松城天守】

右側にちょっと見えるのが【走り長屋】です。

Img_5809

蒲生 氏郷が豊臣 秀吉の命令で会津に下った時の築城なので、天守台石垣の角は算木積に近いものの、まだ完成型に至っていない模様。

一番下の石垣石の巨大なこと・・・。

現在は5重の復元天守となっている【会津若松城】ですが、最初に蒲生 氏郷が築城した時は、7重天守だったとか。

Img_0584

確かに、現在の天守の周りを余裕を持って、土塀が囲っているので、天守の平面面積より天守台石垣の平面面積の方がはるかに広い感じがします。

やはり7重天守は現在の天守よりも2回りは大きかったのかもしれません。

Img_5845

さて、帯曲輪でレンタサイクルを借りて、機動力をアップします。

上の写真は【西出丸】の石垣を北西側から眺めたもの。

Img_5849

ぐるりと南側に回ると、本丸の南側に出ます。こちら側は石垣ではなく、土塁で守られていますね。

木々の間に【干飯櫓】が見えるかな。

このまま水濠沿いに進むと、先程の廊下橋方面に出ます。

Img_5873

会津若松城から東北東方面に自転車で10分ほどで、【御薬園】に到着します。

【御薬園】は会津藩2代藩主:保科 正経公が別荘に高麗人参などの薬草栽培を試みたのが始まりだそうだ。

Img_5876

庭園の中央:亀島には楽寿亭という茶室があります。

Img_5878

【楽寿亭】には戊辰戦争時の刀キズ跡も残っている。

Img_5893

レンタサイクルの機動力?を活かして、【御薬園】の次は阿弥陀寺に向かいます。

阿弥陀寺には【会津若松城】の本丸にあったという、【御三階櫓】が移築されています。

密議に使われたようで、他の者が登って来れないように、上に登るハシゴを引き上げてしまうことも出来たそうだ。

Img_5888

阿弥陀寺の墓場に並んで【御三階櫓】が立っています。

墓場の中には新撰組の生き残り、斎藤 一、のちの藤田 五郎の墓もあります。

その5へ続く・・・。

|

« 会津若松城 その3 | トップページ | 会津若松城 完結編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/62311514

この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松城 その4:

« 会津若松城 その3 | トップページ | 会津若松城 完結編 »