« 会津若松城 その2 | トップページ | 会津若松城 その4 »

2015年9月16日 (水曜日)

会津若松城 その3

Img_5734

【茶壷櫓跡】から北を眺めると、【本丸】の東面の高石垣が見学できます。かなりの高さです。

向こうに見えるのが【本丸】と【二の丸】をつなぐ【廊下橋】です。(もっとも現在は屋根もないため【廊下橋】と言うのは間違いかもしれませんが。)

Img_5738

虎口まで近づいてみると【廊下橋】はこんな感じです。

Img_5739

更に【虎口】を見下ろしてみるとこんな感じです。ここもセオリー通りのジグザグクランク状の通路となっています。

Img_0637

【本丸】の外に出る前に、【本丸】内の遺構を紹介。まずは【本丸】の南西隅にある【茶室麟閣】です。

豊臣秀吉によって切腹となった千利休の茶道が途絶えるのを憂う会津若松城主:蒲生氏郷が、利休の子、千少庵をかくまったそうだ。

蒲生氏郷のとりなしにより、千少庵は京都に戻り、その子孫により、表千家、裏千家、武者小路千家が興されたそうです。

Img_0578

【会津若松城】の本丸内のもう一つの遺構、【御三階櫓】の石垣台です。

実は【御三階】は【会津若松城】の外に移築されています。これは後ほど見学します。

Img_5787

【本丸】から抜けて、【帯曲輪】を経由して、先程の虎口に向かいます。

Img_5801

虎口を外から見た写真。【会津若松城】の天守の屋根がちょっと見えますか?

作業用の軽トラックがたまたま駐車していますが、その虎口の大きさが分かると言うものです。

Img_5789

【廊下橋】から高石垣を眺めた写真。

高石垣の端っこに、これまた高い土塁があり、その上に【茶壷櫓】が立っていました。

Img_5794

【二の丸】から【廊下橋】を眺めた写真。

Img_5796

あまり目立ちませんが、【二の丸】の南端にある、かつての虎口の石垣です。

立派な切込接の石垣です。

Img_5798

【二の丸】を南に抜けて、【本丸】の周りにある水濠の写真です。

向こうに見える住宅地は【本丸】の南側にあります。そこも後ほど見学します。

その4へ続く・・・。

|

« 会津若松城 その2 | トップページ | 会津若松城 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/62287545

この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松城 その3:

« 会津若松城 その2 | トップページ | 会津若松城 その4 »