« 萩城 その3 | トップページ | 萩城 その5 »

2015年8月26日 (水曜日)

萩城 その4

Img_2289

かつての【萩城】の三の丸=河口の三角州を自転車で散策します。

至る所に萩藩の武士の居宅や、幕末の志士の生家が残っており、全てを見ると丸一日でも足りるかどうか・・・。

上の写真、白漆喰の建物は【児玉家長屋門】。

Img_6435

【萩城】に途中に萩藩の藩校:【明倫館】の跡地がありました。

大河ドラマ『花燃ゆ』でも、チラッと登場しましたが、現在は夢の跡です。

Img_6436

いたる所の民家に土塀が残っており、また夏ミカンの木が植えられていました。

Img_6439Img_6437

萩城に限らず、城下町は侵入した敵が見通せないように、また迷わせるように、至る所に【鍵曲がり】になっています。いわゆるクランク状の道路です。

ちなみに上の方の写真は、当時のイメージを大切にするため、道路の舗装が薄茶色になっているそうだ。

大河ドラマ『花燃ゆ』の前半でも、【鍵曲がり】が舞台になっていましたね。

Img_6441

鍵曲がりを通って、つきあたりまで進むと、【口羽家住宅】に着きます。

口羽家は萩藩主、毛利家から分かれた志道家から更に分かれた上級武士だそうだ。

上級武士だけに、萩城の近くにお住まいです。

写真は【口羽家表門】です。

Img_6452

また内部には【主屋】も残っています。

Img_6449

庭からは橋本川や玉江の風景が楽しめます。

Img_6454

【口羽家住宅】の見学したら、いよいよ【萩城】の見学です。

萩の街は碁盤の目の様に道路が整備されていますが、地図が無いと散在する建物にたどりつけません。

その5へ続く・・・。

|

« 萩城 その3 | トップページ | 萩城 その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/62156201

この記事へのトラックバック一覧です: 萩城 その4:

« 萩城 その3 | トップページ | 萩城 その5 »