« 鎌倉めぐり その5(最終話) | トップページ | 京都城郭遠征 その2 »

2015年5月23日 (土曜日)

京都城郭遠征 その1

Img_0003Img_0004

今年のGWも城めぐり旅でした。

京都といっても京都市ではなくて、北部の福知山市を拠点にすることにしました。

5月3日、朝7時20分東京駅発の新幹線の予約席に乗って出発です。

 

Img_0005

2時間20分ほどで京都駅に到着。

最初の目的地は、京都市内にある【二条城】です。

過去5年間に3回程、京都に行っていますが、【二条城】にしか行っていない(笑)

 

Img_0007

今までは京都駅から市営地下鉄を乗り継いで、二条城前駅まで行っていました。

新幹線を利用すれば、京都市内までのJRの運賃は無料とのこと。

ちょっと遠くなりますが、京都駅で山陰本線に乗り換えて、二条駅まで向かいます。

 

 

Img_0009_2

JR二条駅から東に約1キロくらい歩くと、【二条城】の【西南隅櫓】が見えます。

【二条城】の西南の隅っこにあるので【西南隅櫓】・・・分かりやすい。

このまま、写真右方向に歩いていけば、二条城の入り口になりますが、城めぐりストのオレは【二条城】の外堀を時計回りに、歩いていきます。

外周、約2キロ弱だった記憶が・・・。

 

Img_0015

【二条城】の西側に開いている【西門】

戊辰戦争の際、最後の将軍、徳川慶喜公が【二条城】から逃げた門です。

 

Img_0022_2

テクテクと【二条城】の外堀を歩き、北側に開いている【北大手門】に到着。

ここから入城出来るとラクなのですが、残念ながら業者・関係者の車の通行専用です。

 

Img_0025

やっと【二条城】の東側、入場門に到着。

修学旅行の学生や観光客はこちらから入城しますが・・・なんと修復中でした。

何度も撮影しているし、まあいいか。

 

Img_0032

Img_0031

【二条城】といえば、豪華絢爛な【唐門】と【二の丸御殿】です。

特に【二の丸御殿】は日本に4つ(川越城・掛川城・高知城・二条城)しかない御殿建築のうちの一つ。

狩野派による襖絵、徳川家康と豊臣秀頼の会見の場、大政奉還の舞台と、日本史好きにはたまりません。

 

Img_0036

【二の丸御殿】の廊下を歩くと、キュルキュルと音がしますね。

侵入者を発見するための、うぐいす張りですが、縁側の下にもぐって、写真をとってきました。

 

Img_0059

【二条城】の見学スポットは【二の丸御殿】だけでないです。

【本丸】と【二の丸】を結ぶ【本丸櫓門】の風景もなかなか。

巨大な【天守台石垣】も見どころなのですが・・・今回写真撮影しておりません。

 

Img_0070

【二条城】の見学を終了して、【東南隅櫓】に別れを告げます。

【東南隅櫓】は皆さん見学しているんじゃないかな?

左手にある水濠に沿って、約1キロ歩いて、JR二条駅に向かいました。

 

Img_0079

JR二条駅に到着するころが、昼食時間でしたので、駅前のコメダ珈琲にて昼食。

メニューを見て頼んだプレートを見て、唖然としました。

手のひらサイズのコロッケが3枚、握りこぶしサイズのパンが2個、キャベツがまさに山盛り状態で提供されました。

メニューの写真に騙された・・・笑

ゆっくり食べていては、食べきれないので、一気に食べることになりました。

キャベツ・・・少々残しましたが。

その2へ続く。

|

« 鎌倉めぐり その5(最終話) | トップページ | 京都城郭遠征 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/61633960

この記事へのトラックバック一覧です: 京都城郭遠征 その1:

« 鎌倉めぐり その5(最終話) | トップページ | 京都城郭遠征 その2 »