« 天皇誕生日参賀に行ってきた | トップページ | HGUC ヅダを組んでみる その5 »

2014年12月27日 (土曜日)

HGUC ヅダを組んでみる その4

Img_0285

仕事納めの後、1/144縮尺のヅダのプラモデルの製作をしておりました。

組み立て作業は9割方完了しているので、既製品としてのプラモデルでは再現しきれない部分の作業をしています。

まずは頭部のこめかみの部分の丸い穴。

既製品ではハッキリとしていないので、直径1mmのドリルで貫通しない程度に穴を開けます。

Img_0286

次にスリッパにあたる部分。画像の左下、黒い部品に貼りついている白色の丸いリベットは市販のアフターパーツです。

これまた直径1mm程度の小さい部品。黒いスリッパ部品に接着剤をチョンと塗っておいて、先のとがったナイフで丸いリベットをチョンと刺して、つまんで接着剤の上に置いてあげます。

Img_0287

スネの部品。装甲の裏側に部品をピッタリと合わせるための凹凸のタボがあったので、コレを削り取りました。

Img_0288

さらにホントに細い溝が彫られているので、ケガキ針にて深く彫り直しました。

あまり上手じゃないけど・・・。

Img_0289

ヒザ関節は太ももとスネの部品を接着&塗装後にあとから簡単にはめられるように加工しています。

Img_0291_2

今までの部品を組み上げてみたのが、こちらの左脚。

Img_0293_2

腕や武器類の整形作業をして、組み上げてみた。

頭部の形状からみて、EMS-10 ヅダ の予備機ですな。

なかなかカッコイイじゃありませんか。

Img_0296

ちょっとピンボケですが、後ろ姿の写真。

まだまだ作業が残ってる上に、同じ作業を1番機・2番機にもしてやらねばならんのか・・・。

Img_0297

余談ながら・・・プラモデルの箱は結構かさばります。

ということで、カッターナイフとスチール定規とマジックとホチキスを使って、箱のダイエットをします。

もちろん完成したプラモデルが入る大きさにダイエットします。

Img_0298_2

同じような作業を、1番機・2番機・予備機の3体分行いました。

経験上、3分の1位にダイエットできるようです。

既存の箱を使っているので、何が入っているのか一目瞭然。

そしてもう使うことは無い市販のVHSビデオのラベルを利用して、1番機・2番機・予備機の区別をつけて、貼り付けます。

地味ながら、こんなことをしてます(笑

|

« 天皇誕生日参賀に行ってきた | トップページ | HGUC ヅダを組んでみる その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/60871829

この記事へのトラックバック一覧です: HGUC ヅダを組んでみる その4:

« 天皇誕生日参賀に行ってきた | トップページ | HGUC ヅダを組んでみる その5 »