« 第2次兵庫県城郭遠征 明石城編 その5 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 »

2014年5月 6日 (火曜日)

第2次兵庫県城郭遠征 船上城編

Img_0284

Img_0286_5

明石城の周辺にも遺構が残っています。明石城の南西隅にある織田家長屋門です。

もちろん、あの織田信長の一族の武家屋敷の長屋門として、船上城の周辺に建っていたものを山陽本線のすぐ北側に移築したものです。

船上城は明石城が築城される前にあった、高山右近が築城した城郭だそうだ。

Img_0290_2

せっかくなので明石城の南西1~2キロの位置にある船上城跡も見学しようと、織田家長屋門から徒歩で船上城まで歩きました。

自転車が欲しい距離ですが、歩けないことも無い距離です。

写真はかつての船上城の水濠の役目をしていた小川です。

Img_0308

で、こちらが船上城の外観。船上城の西側から撮影しました。

住宅地に囲まれており、あらかじめ解説書で城跡としらなければ、ただの耕作地です。

城跡につきものの説明板も近くにはありません。

ちなみに奥の赤茶色の建物が明石警察署。中央のこんもりした木々が船上城の本丸跡です。

Img_0310_2

周囲は住宅地で、城跡は耕作地なので、土地所有者に一声かけて登城したいものです。

ちなみに船上城へは写真の通路を抜けて、耕作地に向かいます。

Img_0296

こんもりした木々には神社があり、明石市による解説板がありました。

Img_0304

で・・・急に知人が神社の前を清掃開始!

普段から手慣れているのか、体に染みついているのか、習慣となっているみたいです。

ちなみに社の石台に正方形の穴があいていますが、そこを覗きこむと・・・。

Img_0302_2

船上城址と刻まれた石柱が安置されています。

なんでも石材が盗まれることが多くて、社の下に安置したそうだ。

Img_0321

船上城の見学終了後、何故か知人の住まいの近くに拉致されることになった。

駅名は公表できないが、なんとJR線が停車していた。

ホントに電車が止まるんだw

Img_0323

知人の住まいの近くのレストランに招待された。

手作りのハンバーグディナーであったが・・・知人の嫌いな人参を全て食べる羽目になった。

Img_0318

ちなみにレストランの北側を眺めると、こんな風景・・・・

山に囲まれた鎌倉の様だ・・・。

Img_0324

夕食が終了して、同じ風景をフラッシュを焚いて撮影してみた。

・・・・何も映らないじゃないか!

こんな夜道を一人で歩きたくはありませんw

|

« 第2次兵庫県城郭遠征 明石城編 その5 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/59597534

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次兵庫県城郭遠征 船上城編:

« 第2次兵庫県城郭遠征 明石城編 その5 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 »