« ジムスナイパー2 製作記 その6 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その4 »

2014年5月10日 (土曜日)

第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その3

Img_0992

篠山城の模型で、本丸部分を南西方向から見たもの。

中央のベージュ色が大書院や御殿の部分。

また本丸部分の南東部分は殿主丸と呼ばれ、3つの櫓と多聞櫓で囲まれた長方形の曲輪だったそうだ。

もし殿主丸の南西隅にある天守台に篠山城天守が建っていたら、姫路城・和歌山城・伊予松山城に続く第4の連立式天守になっていたんだな・・・。

Img_1039

復元された篠山城大書院を東南方面から撮影したもの。

Img_1088

こちらは大書院を東北方面から撮影したもの。

風雨にあたっているためか、なかなか渋い色合いを出しています。

屋根は瓦葺きではなく、柿板(こけらいた)葺きだそうだ。

Img_1019

大書院に隣接している史料館の屋根瓦を撮影したもの。

徳川家の葵の御紋が彫られている。

Img_1023

篠山城本丸は現在、こんな感じ。

奥の木々が建っている場所が南東隅方向の殿主丸。現在は青山神社になっている。

Img_1082

大書院だけでなく、本丸には御殿が建っていたのだが、現在は存在せず、コンクリートでこういった配置だったと案内されている。

兵庫県の赤穂城も同じような案内をしていたな。

Img_1096

本丸の南に開いている埋門。

当時は門の上に櫓が載っていたのだろう。

2010年の登城時には門が開いていなくて、不便だったが、今回は埋門が開いていたことで、効率よく篠山城を見学することができた。

つづく。

|

« ジムスナイパー2 製作記 その6 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/59620079

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その3:

« ジムスナイパー2 製作記 その6 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その4 »