« 第2次兵庫県城郭遠征 明石城編 その4 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 船上城編 »

2014年5月 6日 (火曜日)

第2次兵庫県城郭遠征 明石城編 その5

Img_0224

稲荷曲輪の南西隅下から眺めた明石城・坤櫓。

定番の明石城の写真とは違った構図がお気に入りです。

Img_0229

坤櫓の真下から見上げる。

Img_0234

坤櫓の下から眺めた天守台石垣。

熊本城天守台並みの大きさに驚きます。

Img_0238

その天守台石垣を手前に、坤櫓西面を撮影したもの。

5月でなければ、緑が坤櫓を隠さなかったものを・・・。

Img_0246

再び坤櫓を撮影。

たかが三重櫓だが、その威圧感にため息が漏れます。

Img_0249

こちらは巽櫓を下から眺めたもの。

Img_0257

明石城三の丸にある連理のクスノキ。

本来別々の枝がくっついて一体化したもの。男女・夫婦の和合を示すもので縁起物と言われるのだが・・・

こんな説明を東京在住のオレが兵庫県在住の知人にするって、何かおかしいだろ。

Img_0262

明石城の巽櫓を南から眺めたもの。

Img_0265

こちらが坤櫓を南東方面から眺めたもの。

Img_0271

この2つの櫓がセットで並び立つ姿が明石城の定番イメージですな。

・・・って、今回の登城ではイベントで沢山のお客さんが来ていました。

こんな明石城は初めてです。

つづく。

|

« 第2次兵庫県城郭遠征 明石城編 その4 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 船上城編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/59597258

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次兵庫県城郭遠征 明石城編 その5:

« 第2次兵庫県城郭遠征 明石城編 その4 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 船上城編 »