« 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その4 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その6 »

2014年5月10日 (土曜日)

第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その5

Img_1096_2

殿主丸を見学終了したので、本丸の南に開いている埋門から出ることにした。

そこでの見どころは・・・

Img_1102

Img_1103

「三佐ノ内」と刻印されている石垣でしょう。埋門を出てすぐ左手にある石垣に彫られている。

篠山城は、築城の名人:藤堂高虎が縄張りを設計、西国宰相:池田輝政が普請奉行として築城された天下普請の城。

三佐は三佐衛門で池田輝政の字(あざな)。内というのは家来という意味かな。

名古屋城天守台石垣にも「加藤肥後守内小代下総」と彫られた石垣があったもんな。

Img_1114

その他にも、四角を4つ繋げたような刻印や・・・。

Img_1117

これは杵かな?

Img_1123

三角形を2つ繋げたような刻印もある。

Img_1127

上の写真は篠山城本丸の南西隅の石垣。先程の埋門から階段があって、ここに降りてくるようになっている。

その途中に先程の刻印の石垣を多数見つけることが出来る。

Img_1124

で、こちらが本丸の西面。

高石垣に沿って北に犬走りを歩いて行きます。

Img_1155

扇形の刻印もあれば、時計?の様な刻印もある。

Img_1140

そんな刻印探しをしながら、篠山城本丸の北西隅に到着。

入口に戻ると言うわけです。

つづく。

|

« 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その4 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/59620659

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その5:

« 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その4 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 篠山城編 その6 »