« 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 その3 »

2014年5月 8日 (木曜日)

第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 その2

Img_0426

頂上にある洲本城に向かって三熊山を登ってゆくと、斜面に続く登り石垣が見学できます。

登り石垣とは山の斜面に沿って石垣の壁が登っていくもので、洲本城の他には滋賀県彦根市の彦根城に5本、愛媛県松山市の伊予松山城に2本存在します。

洲本城は東登り石垣と西登り石垣の2本存在します。

上の写真は分かりにくいけど、西登り石垣です。

Img_0684

Img_0685

洲本城の縄張は中央に本丸を置き、西に西の丸、東には東の丸・武者溜まりを置いています。

Img_0539

初夏の毛虫がぶら下がる木々の下を通り抜け、西の丸に向かいます。

西の丸自体はちょっとした空間で写真を掲載しませんが、途中には残念石という石垣石になり損ねた岩があります。

割るための矢穴が残っています。

Img_0547

洲本城に登城したら是非見学してもらいたいのが、その残念石のあたりから眺めた洲本城天守です。

大阪湾の青と三熊山の緑のコントラストが素晴らしい。

Img_0508

西の丸から戻って、本丸周囲の写真です。上の写真は本丸南西隅の高石垣。

Img_0594

そこから東へ歩いていくと、本丸の大手口への大石段があります。

威厳を示すためなのか、かなり幅の広い石段でした。

Img_0607

本丸大手の大石段を北にそって歩くと、小天守台(写真右)の石垣が見学できます。

Img_0610

小天守台石垣の南側の石垣は石垣石が崩れていました。

Img_0466

本丸北西側に開いているのは本丸搦手虎口。

こちらはしっかりと残っています。

|

« 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/59604154

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 その2:

« 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 | トップページ | 第2次兵庫県城郭遠征 洲本城編 その3 »