« 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その6 | トップページ | 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その8 »

2014年2月27日 (木曜日)

第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その7

Img_6557

本丸多聞櫓を見学した後、先程外側から見学した二の丸の北側にある帯曲輪を、今度は内側から見学します。

クネクネとクランク状に降りて行くのが埋門の跡です。

Img_6568

帯曲輪に降り立って振り返った写真がコレ。

Img_6566

土塀の内側はこんな感じ。

先述のとおり、矢狭間・鉄砲狭間は無かったので、単純に薬草を育てていたお花畑だったいう説があります。

 

Img_6578

Img_6579

次にこれまた外側から見学した三重櫓跡を内側から見学します。

残念ながら、ベンチなどが設置されており、櫓台は改変されております。

まあ・・・写真を見る限り、三重櫓台は四角形でしたね。

 

Img_6584

またまた先程、外から見学した西出丸の土塁の上に登ってみました。

ここで再度、城めぐりストのセンサーが作動します。

右に曲がりつつ下っていく車道・・・

Img_6585

Img_6588

坂道は右折しながら下って行き、関見櫓跡に到着します。

関見櫓は伊勢亀山城の西側、関方面を監視していたから関見櫓と命名・・・分かりやすい。

 

Img_6346

またまた登場の亀山市立歴史博物館のジオラマに登場してもらいます。

手前の緑の斜面が、西出丸北側の土塁。

オレンジ色の櫓が関見櫓。

で、見学ルートが黄色の矢印。ちゃんと右折しながら坂道を降りているでしょ?

|

« 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その6 | トップページ | 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/59209386

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その7:

« 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その6 | トップページ | 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その8 »