« 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その7 | トップページ | 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その9 »

2014年2月28日 (金曜日)

第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その8

ついに城めぐり日記の伊勢亀山城編も今回で完結できそうです。

日本百名城には選定されなかったのですが、キラリと光る城郭でしたな。

 

Img_6592

関見櫓から東にUターンして、再度本丸多聞櫓を眺めます。

中学校のネットの穴から撮影したものです。うーん、立ち入り禁止区域があったのが痛い。

Img_6605

Img_6375

伊勢亀山城の写真でよく見かけるアングルでもう一度振り返ります。

現在の街並みの基礎はやはり戦国時代につくられた縄張りから出来ているんですね。

 

伊勢亀山城の見学が一通り終了した、この時点で16:00あたり。

伊勢亀山城の次には鈴鹿市にある神戸城を見学する予定でしたが・・・冬の城めぐりの弱点=日照時間が少ない=見学時間が限られる問題にぶち当たりました。

Img_6608

最後の見学スポットは遍照寺。ここには伊勢亀山城の二の丸御殿の玄関が移築されているのです。

Img_6615

写真の△屋根の部分が二の丸御殿の玄関屋根です。

Img_6613

屋根瓦の家紋の彫刻をみると、伊勢亀山城主の石川家の家紋=笹竜胆(ささりんどう)となっています。

Img_6347

ちなみに遍照寺のある位置は画像やや右下隅の大きい屋根のある敷地です。

その左隣の高い位置にあるお寺も確かに現在に残っております。

画像左上隅が本丸多聞櫓ですな。

 

Img_6617

遍照寺からでて、東海道を西に歩いて行きます。

亀山宿のあった場所ですから、左右には古い建物が残っており、「ここはかつての◎◎屋」などと表示板がたくさん貼られていました。

亀山駅の次の電車に間に合うために、ここはダッシュです。

 

Img_6618

急いでいるのに、こういうものを発見してしまうところが、嬉しいのだか、ツライところなのだか・・・。

Img_6622

亀山駅に到着。16:24発の伊勢市行の紀勢本線に乗車します。

検討した結果、本日の3つ目の登城先の鈴鹿市の神戸城は諦めました。日没後の城めぐりはむなしい・・・。

Img_6625

伊勢亀山城とは全く関係ないけれど、県庁所在地の津駅の駅名表示。

自分は近眼なもんでして・・・一瞬、駅名が「?」に見えました。

「えええー、ここは津駅だろ! なんで「?」なんだー!」と訳のわからんことを思っていました。

|

« 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その7 | トップページ | 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/59210932

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その8:

« 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その7 | トップページ | 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その9 »