« 第2次三重県城郭遠征 桑名城編 その1 | トップページ | 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その1 »

2014年2月27日 (木曜日)

第2次三重県城郭遠征 桑名城編 その2

Img_6053

(その1から続く)

JR桑名駅から東へ750mほど歩くと、海蔵寺があります。

ここは木曽三川(揖斐川・長良川・木曽川)の治水のために命を落とした薩摩藩士が祀られています。

 

Img_6065

Img_6070

海蔵寺から更に700mを歩くと南北に続く外堀の遺構を見学できます。

外堀は揖斐川に続いており、小型ボートが係留されていました。また石垣の上には民家が建ち並んでいました。

 

Img_6088

南北を走る外堀を渡って更に東へ。

桑名城:現在の九華公園の南西側から攻城開始です。

写真は桑名城の三の丸掘を南西側から撮影したもの。言われなければ都市公園です。

 

Img_6103

桑名城の南から二の丸に入り、更には赤い橋を渡って本丸へ進みます。

 

Img_6117

Img_6115

赤い橋を渡ると桑名城本丸の南側に到着します。

すぐそこに巽櫓跡が残っています・・・とはいえ、かなり改変されていますが・・・。

桑名城天守が焼失した後、この巽櫓が天守代用の櫓だったようです。

しかし幕末の動乱にて桑名城が薩摩・長州連合に降伏し、落城のしるしとして巽櫓が壊されたとのことです。

ちなみに巽櫓跡の上には何故か大砲が設置されています。なんじゃ、こら?

 

Img_6135

その巽櫓から西へ数mの位置に神戸櫓跡が残っています。

こちらも改変が著しく、神戸城の天守を移動して載せた神戸櫓を想像するのは難しいです。

 

Img_6125

本丸から堀を渡って、外側から神戸櫓跡を見学。

石垣はもちろん現代の工法によるものですが、これだけ大きいのならば神戸城の天守(五重天守)が載っていても違和感はないかな。

 

Img_6130

本丸を南西側から撮影したもの。

中央の建物(トイレ)の左側が神戸櫓跡。トイレの右側に続く木々の右端あたりが巽櫓跡です。

 

Img_6142

本丸に戻って北東隅に進むと神社の裏手に桑名城天守跡が残っています。

しかしながら、この石垣もおそらく当時物ではないようです。

解説板もないのが寂しい・・・。

 

Img_6159

桑名城本丸の北側の道路に面した場所に徳川四天王の一人、本多平八郎忠勝の銅像があります。

背にしている槍は蜻蛉切り(とんぼきり)ですな。

関ヶ原の戦いの後、桑名の地を与えられた本多忠勝は慶長の町割りと言われる桑名の都市計画を行い、桑名を立派な城下町にしたそうだ。

 

Img_6168

桑名城のもう一つの見どころ:幡龍櫓(ばんりゅうやぐら)です。

ホントは水門管理を目的とした鉄筋コンクリート造の建物です。

見た目には復元櫓です。こういうの歓迎します。

 

Img_6203

幡龍櫓の名前の由来となった幡龍とは飛翔する前にうずくまる龍のこと。

その瓦が載っているからなのです。

 

Img_6219

幡龍櫓の内部は9:30~15:00の間に無料で入ることができます。

ただし月曜日は除く(月曜日が祝日の場合は翌日)。

 

Img_6173

幡龍櫓の目の前に広がる揖斐川。

写真中央右手には中州を挟んで長良川も流れているけど、写真では見づらいかな。

江戸時代、東海道五十三次で唯一の海路だったのが尾張国:宮宿と伊勢国:桑名宿の間だったそうだ。

ここの海路は舟で渡ることになっており、その距離が28キロ=七里だったため、七里の渡しと言ったそうだ。

 

Img_6213

尾張国から舟で伊勢国に到着すると伊勢神宮の一の鳥居があったそうだ。

ここは伊勢国の入り口ということ。幡龍櫓はその人の出入りを監視するための櫓だったのかもしれませんね。

第2次三重県城郭遠征の旅のスタートにふさわしいです。

 

Img_6157

今回の旅の経路。写真の左側が北になります。

矢印にはないけど、写真の下側(西)から1.5キロ歩いて来て、右折して外堀を見学しました。

写真の右下隅から桑名城の内堀に侵入して、矢印の通りに登城しました。

全部を見て回ったのでは無いのですが、必要最低限の見学スポットは押さえたと思います。

参考:JR桑名駅(8:30)⇒海蔵寺(8:40)⇒外堀見学(8:55)⇒桑名城内部(9:10)⇒幡龍櫓(10:00)⇒JR桑名駅(10:55)

駅と桑名城の間が1.5キロほどある為、往復に20分×2=40分かかるため、見学時間は100分程度かと。

|

« 第2次三重県城郭遠征 桑名城編 その1 | トップページ | 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その1 »

コメント

文字だけで…あれだけのことを表現されるのもすごいですが・;
やはり、写真があると、さらにさらに良いですね!

懐かしく一の鳥居を見させていただきました。

投稿: もこ | 2014年2月27日 (木曜日) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/59206185

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次三重県城郭遠征 桑名城編 その2:

« 第2次三重県城郭遠征 桑名城編 その1 | トップページ | 第2次三重県城郭遠征 伊勢亀山城編 その1 »