« ダッガータイプを作る その8 | トップページ | ダッガータイプを作る その9 »

2013年8月11日 (日曜日)

横須賀城(静岡県掛川市)

2013年夏の青春18切符による城めぐりの第3弾は先週に引き続き静岡県の【横須賀城】でした。

【横須賀城】は日本百名城ではないマニアックな城郭ですが、先週の【田中城】と同様に全国的に珍しい城郭なのです。

Img_2440
↑【横須賀城】の石垣のアップです。

【横須賀城】の珍しい点とは・・・石垣石が丸いこと。

大井川から拾って来た角がとれた丸い石(とはいえ、大きさはスイカ並み)で積み上げた石垣なのです。
 

早速、先週の田中城への遠征とほぼ同じ行程で、JR東海の袋井駅まで行きました。
(JR渋谷駅⇒JR品川駅⇒JR熱海駅⇒JR沼津駅⇒JR袋井駅)
 

Img_2335
↑品川駅にてJR東海道線。朝6時半でしたが帰省の為か混雑していました。

Img_2337
↑熱海駅にて撮影。沼津駅にて同じタイプの電車に乗り袋井駅まで~

Img_2342
↑熱海駅で電車待ちの際に伊豆急行の特急電車を撮影。

Img_2343
↑JR東海の袋井駅北口に到着。
南北自由通路を設置するための工事でちょっと不便でした。

JR袋井駅では秋葉中央バスが待っていましたので、450円で約20分の旅路で七軒町バス停まで行きます。

Img_2348
↑七軒町バス停の写真。写真奥が西方面でJR袋井駅に通じる。
右手が北側。一度ここから北に50mほど歩き、すぐに東に歩いていきます。

Img_2350
↑横須賀城の本丸跡地。
住宅地の中ですが、数台分の駐車場とトイレが完備されています。

七軒町バス停から、一度北に50mほど歩き、そこから東に向かい住宅地の小路を徒歩10分弱で【横須賀城】の本丸跡に到着します。(Googleマップのストリートビューで予習しました。)
 

さっそく【横須賀城】の本丸・西の丸の西側から時計回りに西⇒北⇒東⇒南と見学していきます。

Img_2363
↑西の丸の北側に続くかつての米倉。現在は桜の植林地帯。
右手の西の丸の土塁の高さを実感。

Img_2373
↑こちらは本丸の北西面の土塁。小路を奥に進むと北の丸に通じます。

【横須賀城】の西面・北面は典型的な中世城郭でして、高さ10m以上の土塁が目を引きます。鎧兜を身につけていない自分でも登れません。

 

Img_2379
↑北の丸と奥に見える小山は松尾山。かつての本丸か?

Img_2416
↑松尾山から方面から眺めた本丸の東北隅の天守台。
土塁とはいえなかなかのもの。

特に東北方面から眺めた本丸の土塁は天守台でもあるため、ホントに立派なものであります。



Img_2561
↑本丸の南東側の石垣。
 

東面⇒南面へと足を運びますと、今度は先ほど説明しました河原石を積んだ高さ8mの石垣の壁が目に飛び込んできます。

Img_2501
↑西の丸から東を望む。本丸の南側。

Img_2503
↑少々拡大撮影したもの。

Img_2606

Img_2609

Img_2618

Img_2466

Img_2632
↑本丸南側から撮影

Img_2581
↑先程掲載した石垣を上から撮影。広場になっていた。
写真の向こうは遠州灘ですね。

Img_2525
↑本丸の最上部を西側から撮影。

Img_2529
↑天守が建っていたであろう天守台。こちらから見るとちょっとショボイw

城めぐりで様々な石垣を見学してきましたが、【横須賀城】の【玉石垣】=玉石積みは初見でしたね。

Img_2455
↑住宅地と横須賀城に挟まれるように残る三日月堀。鯉も泳いでいました。

あ、そうそう三日月型の水濠も残っていました。

Img_2579

見学の前半で見せた中世城郭の姿から、石垣積みの近世城郭の姿まで、一城で二度楽しめる【横須賀城】のポテンシャルに感激しました。


【横須賀城】は武田軍に奪われた遠江国の【高天神城】を奪還するために、徳川家康が家臣の大須賀康高に命じて築城した中世城郭なのですが、戦国時代が終焉しても横須賀藩の城郭としてのこったそうですよ。

Img_2653
↑横須賀城の北西に位置する撰要寺。写真はかつての城門:不開門

撰要寺は七軒町バス停をちょっと袋井方面に戻り、下記に紹介するパンの郷で北に曲がると徒歩数分で行けます。

Img_2661
↑横須賀城主だった大須賀氏の菩提寺でもある。

Img_2671
↑七軒町バス停から袋井駅方面(西)へ20秒ほど歩くと、

パンの郷という店があります。
昼ごはんは当店で食べました。帰りのバスが来るので時間にして5分!

Img_2668
↑左上が浜松餃子パンとパズーパン(天空のラピュタの関係かな?)

Img_2682
↑13時09分七軒町バス停にやってきた袋井駅行きのバス。
秋葉中央バスの時刻表をメモしておくことは必須です。

見学時間は11時00分頃から13:00分頃の約2時間。

近くの撰要寺の山門(かつての横須賀城の城門)も見学をして、丁度このくらいで、JR袋井駅行きのバスがやってきました。

なかなか見どころのある百名城選外の城郭でした。

|

« ダッガータイプを作る その8 | トップページ | ダッガータイプを作る その9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/57969749

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀城(静岡県掛川市):

« ダッガータイプを作る その8 | トップページ | ダッガータイプを作る その9 »