« 二俣城&鳥羽山城 その3 | トップページ | 二俣城&鳥羽山城 その5 »

2013年8月18日 (日曜日)

二俣城&鳥羽山城 その4

Img_2986
↑鳥羽山城の縄張り図

車道をぐるりと回りながら、鳥羽山城の入り口に到達しました(↑の写真の現在地)。

そうだな~。上の写真でいうと本丸を中心にして、1時の方向から反時計まわりに、9時、6時と回ってきたような感じです。

で、5時の方向にある大手道から登城します。

 

Img_2994
↑大手道の東側の堀切を上から眺める

その大手道を登るのですが、振り返ると写真の様な堀切が見えます。

深さが分かるかな・・・。

 

Img_3000
↑石畳で覆われた大手道

軍事目的の【二俣城】、迎賓目的の【鳥羽山城】の通り、【鳥羽山城】の大手道は立派な石畳となっています。

ホントに現存遺構ですかな? 現代の復元と違うの?

 

Img_3005
↑大手道を登りきったところ。

大手道を登りきると少々広い空間に出ます。

立派な石垣があるのですが・・・夏の登城はアカンな、草ボウボウで石垣が隠れてしまいますよ。

Img_3008
↑東曲輪南側の石垣

それでも石垣を見学してみますと、【二俣城】の天守台と同じ野面積の石垣です。

 

Img_3011
↑大手門、そして奥には本丸が続く

大手道は東から西に登っていくのですが、ここで北に右折します。

桝形空間となっておりますが、やはり幅6メートルの通路は迎賓目的なのでしょうな。

Img_3018
↑大手門の石垣

大手門の周辺は石垣で固められており、門柱の礎石らしきものも認められます(写真の右隅あたり)。

 

 

Img_3052
↑本丸の南に設置されている展望台

木造の展望台が本丸の南側に設置されています。実際にもこういった櫓が建っていたんじゃないかと。

中に入ると広々としており、涼しかったですねえ。

Img_3054
↑浜松方面の平野が広がる。鉄橋は天竜浜名湖鉄道

木造の展望台から南側を眺めます。

鉄橋を渡る天竜浜名湖鉄道は、西鹿島駅に向かいます。西鹿島駅で遠州鉄道に乗り換えて新浜松駅に行くこともできますが・・・。

 

Img_3043
↑本丸の西側に何故か滑り台が・・・。

事前情報として把握してはいましたが、【鳥羽山城】にはローラー滑り台が設置されています。

ここまで来たのですから、滑りたいのはヤマヤマですが、山城の滑り台ですから、どこにおろされるか分かりません。

またここまで登っていくのが嫌だしw

Img_3048
↑本丸から東に開く本丸通用門

とても低いように見えるのですが、174センチの自分がラクラクに通り抜けられる程の高さでした。

現在は土塁同士をつなぐ木橋がかけられていますが、当初は櫓門でも建っていたのかな?

Img_3028
↑本丸から北に開く搦手門から北東側を見下ろす

本丸を南から北に突き抜けて、搦手門を出ます。

搦手門からみて東北方面の空間を見下ろします。現在はわんぱく広場なる公園になっているようですが、真夏では草ぼうぼうで、入場はあきらめました。

おそらくここも何かしらの曲輪だったのでしょうか。

Img_3031
↑本丸北西側につならる笹曲輪

搦手門の北西側に進んでいくと、小高い丘に進みます。笹曲輪です。

展望台となっています。

 

Img_3033
↑笹曲輪に設置の展望台から望む

笹曲輪から眺めるとこんな感じです。天竜川も見えますね。

山の向こうに浜松駅に隣接して建っているアクトタワーが見えるそうですが・・・夏ではしょせん無理な話です。

そもそも方向が違う気がするんですけど。

  

Img_3066
↑本丸の西側の下に広がる腰曲輪

搦手門からグルリと本丸の北⇒西⇒南へ降りて行きます。

本丸の西側にちょっと広い空間となっている腰曲輪があります。

ここも石垣で固められた空間となっています。やはり御殿とか住居施設があったのかな。

 

Img_3071
↑本丸の西側から滑り降りる滑り台は腰曲輪に続きます。

その腰曲輪の南に本丸の西側から滑り降りるローラー滑り台の終着点がありました。

結構、楽しかったんじゃないかな・・・時間があれば滑っていたものを。

  

Img_3073
↑本丸の南西下に続く腰巻石垣

いよいよ【鳥羽山城】見学も終了になります。

西側の腰曲輪から南へ降りていく通路に腰巻石垣が続いています。

腰巻石垣とは、石垣石が不足もしくは節約のため、まず石垣石を積んでから、上に土塁を盛って高さを稼ぐ石垣のことです。

逆に土塁の上に石垣を積むものを鉢巻石垣といいます。

さて、この時点で14時08分。

【清瀧寺】、【二俣城】、【鳥羽山城】を見学開始してから、早くも2時間が経過。

残り1時間で【二俣城】に戻って、見ていない縄張りを見学しなくてはなりませんが、まあ1時間もあれば楽勝と言ったところでしょうか。

いや、肝心なものを忘れていたのに気が付いていなかったのですがね・・・。

|

« 二俣城&鳥羽山城 その3 | トップページ | 二俣城&鳥羽山城 その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/58011974

この記事へのトラックバック一覧です: 二俣城&鳥羽山城 その4:

« 二俣城&鳥羽山城 その3 | トップページ | 二俣城&鳥羽山城 その5 »