« 第4次広島遠征 その1 | トップページ | 第4次広島遠征 その3 »

2013年3月14日 (木曜日)

第4次広島遠征 その2

Img_0214

山陽新幹線を降りて改札に向かうと、1997年NHK大河ドラマ『毛利元就』で小早川隆景を演じた恵 俊彰さんが着用したヨロイカブドが置いてありました。

何故、これが三原駅にあるかというのは、のちほど。

 

Img_0220

腹が減っては城めぐりは出来ませんので、コインロッカーの100円玉を作るついでに、三原駅の喫茶店で朝食をとります。

ちゃんとカニサラダをつけるのが健康志向w

 

Img_0221

三原駅の自由通路においてある三原城のオブジェ。

こんな城ではないはずだが、一発でお城の街、タコの街と分かりますな。

 

Img_0279

これまた三原駅の中に展示されていた三原城の縄張り絵図。

典型的な海城ですね。

 

Img_0281

そして現在の三原駅周辺の地図とかつての三原城の縄張りを重ね合わせた地図。

埋め立てにより市街地開発が行われ、かつての海城の面影はほとんどありません。

 

Img_0231

三原駅南口から南東方向に歩いて5分程度、舟入櫓跡になります。

かつては海に面した舟入櫓ですが、今では埋め立てられています。

 

Img_0235_2

その舟入櫓の石垣の南東隅下を見ると、かつて海に面した岩礁の上に石垣が積まれているのが分かります。

 

Img_0248

三原駅の東北側に出ます。向こうに見えるのは山陽新幹線の高架です。

三原城の縄張りは市街地開発で破壊されまくっていますが、ところどころに石垣が残っています。

ノコギリの刃のようにギザギザに石垣が並んでいますが、これは水刎(みずはね)の石垣と言うそうです。

水の流れの勢いを削ぎ落し、城域を守るためだそうだ。

 

Img_0256

三原駅の北側には新幹線のガード下に鎮座する三原城の石垣を見ることが出来ます。

現在は新幹線のガードを支えているのですな。

 

Img_0265

写真の右上は三原駅から東北側スグにあるマンションです。

その駐車場の石垣がかつての鍛冶曲輪の石垣だったそうです。

 

Img_0270

さらに三原駅の下に行きますと・・・ここにも新幹線のガード下に鎮座している石垣を見学できます。

石垣隅の石積みがちゃんと算木積みになっているのが分かります。

 

Img_0273

しかし・・・残念ながら歴史的建造物にこのような落書きをするバカがいるんですな・・・。

市街地開発で三原城の縄張りが破壊されてしまうのは時代の流れということで納得出来ますが、こういうのは頂けません。

 

|

« 第4次広島遠征 その1 | トップページ | 第4次広島遠征 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/56955247

この記事へのトラックバック一覧です: 第4次広島遠征 その2:

« 第4次広島遠征 その1 | トップページ | 第4次広島遠征 その3 »