« 甲府城の鉄門を見てきた その1 | トップページ | 甲府城の鉄門を見てきた その3 »

2013年1月11日 (金曜日)

甲府城の鉄門を見てきた その2

Kofu0181_2

甲府城の北側の見学を終了したら、今度はJR中央本線の南側の甲府城を見学します。

上の鳥瞰図は現在の甲府城跡=舞鶴城公園です。

これでも十分に広いですが、JR甲府駅が出来たり、山梨県庁舎が出来たりして、当時の3分の1程度になってしまったらしい。

 

Kofu0087

Kofu0260

そして今回の目当ての【鉄門】です。南側から撮影しました。

平成22年から復元を始めて、平成25年1月10日にお披露目となりました。

【鉄門】(くろがねもん)の名前の由来は門柱・門扉に黒鉄の板が張り付けられているから。

・・・まあ門柱・門扉にびっしりと黒鉄の板が張り付いているわけじゃないから、ちょっと物足りないのですが、木造で復元していますからヨシとしましょう。

 

Kofu0097

こちらは【鉄門】を北側から撮影したものです。

 

Kofu0103

13時から【鉄門】の内部が公開されました。15名ほど並んで待っていましたね。

内部はこんな感じでした。

 

Kofu0139

マニアックな見方になるのですが・・・屋根と壁の境目あたりに、梁がうっすらと出ていますね。(○が3つ)

白漆喰ごと塗りこめられていますが、確かに内部の梁の本数と外側の○の数が一致していました。

 

Kofu0272

もっとマニアックな見方ですが、黒いべろ~んと貼りついている金具(八双金物)なのですが、ここでもハートマークが切り欠かれています。

さらにさらに、普通、門の礎石には受け口として直径10センチ位の丸い穴が開いています。

他の城郭の門の礎石を見ると確かに穴があいています。

その穴に門を回すための丸い木材を、礎石の穴にそのまま組み込んでいるのかなと思ったのですが、甲府城のパンフレットを読んだところ、丸い木材には鉄を巻き、礎石の穴には鉄の受け皿をはめ込んでいるらしいです。

丸い木材と礎石の穴を直接組み込んだら、早々に摩耗しちゃうもんね。

こういうの初めて見ましたw

|

« 甲府城の鉄門を見てきた その1 | トップページ | 甲府城の鉄門を見てきた その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/56518837

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府城の鉄門を見てきた その2:

« 甲府城の鉄門を見てきた その1 | トップページ | 甲府城の鉄門を見てきた その3 »