« 甲府城の鉄門を見てきた その3 | トップページ | 量産型ゲルググを作る その4 »

2013年1月12日 (土曜日)

甲府城の鉄門を見てきた その4

Kofu0196_3

Kofu0206

甲府城に来たらシンボルとなっている【稲荷櫓】を見学必至ですね。

【稲荷櫓】は甲府城の東北隅に建てられた2階櫓です。JR中央本線の甲府駅から東京方面に向かう時、右手の窓から見えます。

【稲荷櫓】も木造復元されたもので、内部には甲府城に関係する展示や、2階には甲府城のジオラマもあるので必見です。

 

Kofu0238

もう一つの見どころが稲荷曲輪にある【埋め殺しの石垣】ですね。

浅野家が築いた石垣の上から江戸幕府が石垣を築く・・・おそらく補強だと思うんだけど、こういうタイプの展示は全国的にも珍しいかも。

 

Kofu0254

こちらは本丸南西側の石垣なのですが、左右で石垣石の質が違うのが見て取れますね。

向かって左側は石垣石をそのまんま積んでいった石垣で、右側は石垣石を荒割りしたものを積んでいった石垣ですね。

 

Kofu0251

Kofu0252

上の写真は甲府城本丸の南西側の石垣のアップで、下の写真はちょっと南へ下がった坂下門跡の石垣です。

上の石垣は荒割石を打込接ぎで積んだものだと思うのだけど、下の写真の石垣は切込接ぎと呼んでしまっていいのかな。

ちょっと甲府城の他の石垣とはタイプが違うなあ。

 

Kofu0311

甲府城を十分に堪能したあと、JR中央本線に乗って東京方面を目指しました。

大月駅で乗り換えたのですが、向こうに富士急行の電車が停車していました。

なんと、この車両はオレの地元を走っていた京王線の5000系車両です。

5000系が引退して久しいのですが、ここで頑張っていたかあと感慨にふけていました。

ちなみに京王5000系は島根県の一畑電車でも使われていますね。

全国で頑張っているんだね。

|

« 甲府城の鉄門を見てきた その3 | トップページ | 量産型ゲルググを作る その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/56522852

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府城の鉄門を見てきた その4:

« 甲府城の鉄門を見てきた その3 | トップページ | 量産型ゲルググを作る その4 »