« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の16件の記事

2013年1月28日 (月曜日)

量産型ゲルググを作る その10

Img_0155

Img_0156

基本塗装が残っているのは、キャノンパックくらいになりました。

すでにビームキャノンはメタルブラックに塗装済なので、マスキングテープで養生してから、グレーサフを吹き付けました。

作業的には30分程度。

今回もコツコツです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日曜日)

量産型ゲルググを作る その9

Img_0151

Img_0152

Img_0153

この土曜日・日曜日の作業報告といいますと・・・。

肩のビームキャノンと右手に持つビームライフルに対して、メタルブラックを吹き付けました。

スネの裏、腰のスカートの裏、左手のシールドの裏に対して、エクストダークシーグレーB381C640を吹き付けました。

後でどうせ汚し塗装をするので、マスキングテープで養生してません。エアブラシの空気圧を低くして、ノズルも絞って境界線ギリギリで吹き付けました。

ちょっとはみでましたが気にしません。

よって、ここにきて足首関節をスネにガッチリと組み込むことが出来ました。

日曜日は、ビームキャノンとビームライフルのパイプに対して、ニュートラルグレーを筆塗り。

ビームキャノンの塗装が終わったので、キャノン基部を接着。次の段階に備えます。

ビームライフルのスコープは青金とシルバーで筆塗り。

写真では見えませんが、足の裏や肩装甲の裏側もアクセントとして青金とシルバーで筆塗りしています。

写真のとおり、キャノンパックだけが未整形、未塗装です。

基本塗装は8割方終了といったところ。

Img_0154

関係ないけど、今回使用した塗料です。

塗料箱にしまうと、再度塗装する時にどれを使ったか分からなくなるので、カゴにいれたままです。

このブログで製作記録を書くのも、塗装の記録でもあります。

ちなみに左上から右にむかって・・・

エクストダークシーグレーB381C640
ニュートラルグレー
MSグレージオン系
ファンデーションホワイト
青金

焼鉄色
メタルブラック
シルバー

艶消しブラック
ロシアングリーン2
キャラクターレッド
イエローFS13538

です。

結構、使っているねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金曜日)

量産型ゲルググを作る その8

Img_0149

Img_0150

昨日の作業になりますが、背中に背負うキャノン砲をメタルブラックで塗装。

そしてシールド&ナギナタの黄色とシールドのブルーグレーを塗装しました。

だいぶ様になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月曜日)

量産型ゲルググを作る その7

Img_0146

Img_0147

Img_0148

今日は写真には見えないけど、かかとのアポジモーターを焼鉄色で、ビームライフルをメタルブラックで、モノアイレールは艶消しブラックで塗装した。

作業時間は90分くらいかな。

コツコツやっていれば前に進むもんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土曜日)

量産型ゲルググを作る その6

Img_0146

Img_0147

今日は天気が良く、気温もそこそこあったので、絶好の塗装日和でした。

ロシアングリーンとグレーを吹き付けて、色が乗ったと納得したのでマスキングテープをはがしました。

ちょっと不足な部分は筆塗りで対応しちゃおう。

ロシアングリーンとグレーとはおさらばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月曜日)

量産型ゲルググを作る その5

Img_0144

Img_0145

今日は今年初めての大雪でした。思いっきり積もっています。

外出できませんので、コツコツと塗装作業をしました。

まずはスネと太もものグレーを塗った後、136番ロシアングリーン2を塗ってみました。

グレーはともかく、ロシアングリーンは隠ぺい力が無く、なかなか下地を埋めてくれないので、これは根気がいるかなあ。

塗装中は換気が必要だから、こんなクソ寒い日は最悪だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土曜日)

量産型ゲルググを作る その4

Glgg03

相変らず毎日少しずつ製作を進めています。

要領が悪いので、塗装が終了してから接着・表面処理をするという禁じ手をする始末。
まあ塗装面は汚したりするからいいかあと思ってます。

関節部を塗装してから、マスキングテープで養生。
下腕やら太ももやらスネを接着して表面処理といった状況です。

 

Glgg02

Glgg01

そんなこんなで、ここまで製作が進んでいます。

足と胸の表面処理が終わったら下地塗装の予定。
整形もれが無ければ一気に塗装に進むことが出来ますね。

塗装まで行けば一気に完成に持っていけるかもしれませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府城の鉄門を見てきた その4

Kofu0196_3

Kofu0206

甲府城に来たらシンボルとなっている【稲荷櫓】を見学必至ですね。

【稲荷櫓】は甲府城の東北隅に建てられた2階櫓です。JR中央本線の甲府駅から東京方面に向かう時、右手の窓から見えます。

【稲荷櫓】も木造復元されたもので、内部には甲府城に関係する展示や、2階には甲府城のジオラマもあるので必見です。

 

Kofu0238

もう一つの見どころが稲荷曲輪にある【埋め殺しの石垣】ですね。

浅野家が築いた石垣の上から江戸幕府が石垣を築く・・・おそらく補強だと思うんだけど、こういうタイプの展示は全国的にも珍しいかも。

 

Kofu0254

こちらは本丸南西側の石垣なのですが、左右で石垣石の質が違うのが見て取れますね。

向かって左側は石垣石をそのまんま積んでいった石垣で、右側は石垣石を荒割りしたものを積んでいった石垣ですね。

 

Kofu0251

Kofu0252

上の写真は甲府城本丸の南西側の石垣のアップで、下の写真はちょっと南へ下がった坂下門跡の石垣です。

上の石垣は荒割石を打込接ぎで積んだものだと思うのだけど、下の写真の石垣は切込接ぎと呼んでしまっていいのかな。

ちょっと甲府城の他の石垣とはタイプが違うなあ。

 

Kofu0311

甲府城を十分に堪能したあと、JR中央本線に乗って東京方面を目指しました。

大月駅で乗り換えたのですが、向こうに富士急行の電車が停車していました。

なんと、この車両はオレの地元を走っていた京王線の5000系車両です。

5000系が引退して久しいのですが、ここで頑張っていたかあと感慨にふけていました。

ちなみに京王5000系は島根県の一畑電車でも使われていますね。

全国で頑張っているんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金曜日)

甲府城の鉄門を見てきた その3

Kofu0159

せっかく甲府城にやってきたので、昨年夏に広角レンズを忘れたために、魅力ある姿を撮影出来なかった【天守台】を撮影してみます。

上の写真は【天守台】を西側から撮影したもの。

中央の階段から穴倉経由で上に登って行きます。

 

Kofu0126

Kofu0130

その天守台に登り、西側を眺めます。

さすがに山梨県は山国です。高い山々に雪が積もっていますね。

 

Kofu0144

こちらは天守台を東南隅から撮影したもの。

荒割り石を積み上げた荒々しさが素晴らしいですね。

 

Kofu0279

こちらは天守台を東北隅から撮影したもの。

わざと人間を入れて撮影しましたが、大きさ分かりますか?

 

今回、鉄門の復元でしたが、どうも甲府城の天守の復元をするとかしないとかの話が出ているようで・・・。

復元したらかなりの大きさになるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府城の鉄門を見てきた その2

Kofu0181_2

甲府城の北側の見学を終了したら、今度はJR中央本線の南側の甲府城を見学します。

上の鳥瞰図は現在の甲府城跡=舞鶴城公園です。

これでも十分に広いですが、JR甲府駅が出来たり、山梨県庁舎が出来たりして、当時の3分の1程度になってしまったらしい。

 

Kofu0087

Kofu0260

そして今回の目当ての【鉄門】です。南側から撮影しました。

平成22年から復元を始めて、平成25年1月10日にお披露目となりました。

【鉄門】(くろがねもん)の名前の由来は門柱・門扉に黒鉄の板が張り付けられているから。

・・・まあ門柱・門扉にびっしりと黒鉄の板が張り付いているわけじゃないから、ちょっと物足りないのですが、木造で復元していますからヨシとしましょう。

 

Kofu0097

こちらは【鉄門】を北側から撮影したものです。

 

Kofu0103

13時から【鉄門】の内部が公開されました。15名ほど並んで待っていましたね。

内部はこんな感じでした。

 

Kofu0139

マニアックな見方になるのですが・・・屋根と壁の境目あたりに、梁がうっすらと出ていますね。(○が3つ)

白漆喰ごと塗りこめられていますが、確かに内部の梁の本数と外側の○の数が一致していました。

 

Kofu0272

もっとマニアックな見方ですが、黒いべろ~んと貼りついている金具(八双金物)なのですが、ここでもハートマークが切り欠かれています。

さらにさらに、普通、門の礎石には受け口として直径10センチ位の丸い穴が開いています。

他の城郭の門の礎石を見ると確かに穴があいています。

その穴に門を回すための丸い木材を、礎石の穴にそのまま組み込んでいるのかなと思ったのですが、甲府城のパンフレットを読んだところ、丸い木材には鉄を巻き、礎石の穴には鉄の受け皿をはめ込んでいるらしいです。

丸い木材と礎石の穴を直接組み込んだら、早々に摩耗しちゃうもんね。

こういうの初めて見ましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府城の鉄門を見てきた その1

2013年1月10日は青春18切符の利用締切日でした。

そして山梨県甲府市の【甲府城】に復元されている【鉄門】(くろがねもん)のお披露目の日でもあったのです。

もちろん、城めぐりストとしては行かなくてはなりません。

 

Kofu0017

というわけで、南武線と中央本線を乗り継いで、11時前に甲府駅に到着。

まずはJR甲府駅南口の【武田信玄公】の銅像を撮影しました。

山梨県の英雄ですからね。

 

Kofu0021

11時過ぎですから、早めの昼食も食べてしまおうと、JR甲府駅南口:平和通りに面している【奥藤本店】にて【鳥もつ煮】(500円)を食べました。

B級グルメグランプリに輝いただけあって、めちゃめちゃ旨いです。

もともと醤油と砂糖による甘辛い味付けなのですが、七味唐辛子をつけて食べると味に広がりが出てホントに美味しいのです。

 

Kofu0024

そしてメインは【ほうとうセット】(1200円)です。

自分でカボチャ・油揚げ・人参・えのき・しめじ・春菊?・白ネギを煮てから、次にほうとうを投入。

更に煮込んで、ほうとうが好みの堅さになったら、甲州味噌を投入します。

肉は入っていないのですが、これもめちゃめちゃ美味しいです。

そもそも、ほうとうは戦国時代に戦時食として、ひっくりかえした鉄兜を鍋に見立てて煮たものと聞いていますが・・・。

昼食に1,700円をかけるのもどうか?と思いますが、自宅から甲府駅までのJR運賃が1,800円以上で、青春18切符が5回目でお得モードになっていますから、ヨシとしましょう。

 

Kofu0033

Kofu0037

腹いっぱいになったら、JR甲府駅北口に出ます。

残念ながら甲府城はJR中央本線で南北に分断されています。

甲府城の北側の見どころは【山手御門】です。【山手御門】は上の写真の櫓門と下の写真に小さく写っている高麗門からなる桝形門です。

これらは木造による復元です。素晴らしい!

 

Kofu0043

甲府城には5回ほど登城していますが、今回初めて気が付いたのが上の写真です。

【山手御門】の門柱の上の金具ですが・・・何とハート型に切り欠かれています。

もちろんハートである訳ないのですが、意外な組み合わせに驚いたりして。

続く・・・。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火曜日)

量産型ゲルググを作る その3

Img_0001

塗装しては、組み立てて、接着して、整形して・・・の繰り返しです。

一日60分でも作業できれば前進、前進と信じて進むだけ。

今日の作業

 下腕とスネの部品:600番手までの整形
 上半身の下地処理
 バックラーシールドの600番手までの整形

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日曜日)

量産型ゲルググを作る その2

Img_9708

Img_9709

2013年1月6日(日)は道具を引っ張り出して、塗装を行いました。

ラッカー系塗料のUG09番 MSグレー(ジオン系)を吹き付けました。
イメージ通りの色調で良かった。

肩・上腕・頭・膝・足首を塗装しました。

また次回w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土曜日)

量産型ゲルググを作る その1

Img_9884

Img_9885

白ザクを完成させ、次は量産型のゲルググを作ろうと決めました。

写真の通り、ある程度まで製作が進んでいます。

今度はワンサイズ小さい1/144スケールなので、ラクかもしれませんね。

本日はスリッパの部分をファントムグレーにて塗装。

また関節部分はミスターカラー333番:エクストラダークシーグレーBS381C640にて塗装しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金曜日)

MS-06R1を作る ついに完成!

Img_9857

Img_9861

2005年あたりに買ってもらい、それからずーーーと製作放置していて、2012年6月から製作を再開した、マスターグレード 100分の1 MS-06R-1がやっと完成いたしました。

細かいところのアラを挙げればキリがありませんが、【プラモデルは完成させてナンボ】、【プラモデルは楽しんでナンボ】と自分に言い聞かせて、ほどよく手抜きをして完成までもっていきました。

完成写真はこちら http://homepage2.nifty.com/mark2/plamo/mg_06rsm/mg_06rsm.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水曜日)

笠間城天守台を見てます

笠間城天守台を見てます
素晴らしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »