« 思いついたように山中城へ | トップページ | 思いついたように山中城へ 3 »

2012年12月29日 (土曜日)

思いついたように山中城へ 2

Img_9133

山中城跡バス停で下車します。まず目指すべきは蕎麦屋さんを兼ねた案内所です。

 

Img_9412

これが山中城跡案内所・売店です。

残念ながら12月28日から1月4日まで休業でした。

でも普段は百名城スタンプが店内にありまして、スタンプを押した後、何も注文せずに出にくいのですよね・・・。

 

Img_9134

蕎麦屋さんが休みの場合、ゴム印のスタンプが店先に出ています。

本日現在、押印状況は良好でした。

 

Img_9142_2

山中城は小田原の北条氏が豊臣秀吉の小田原征伐に対抗して築城した山城です。

東海道(国道1号線)を城内に取り込んだ城で、北条氏築城術独特の障子堀や畝堀がよく残っております。

国道1号線を挟んで東側が岱崎出丸や御馬場曲輪と、西側に西の丸や本丸が配されています。

 

Img_9160

御馬場曲輪(左側)と岱崎出丸(右側)の間に人工的に掘られた空堀です。

高低差が相当ありまして、鎧兜に身を包んだ武者が転がり落ちたら、まず登れないと思いました。写真ではその迫力は伝わるかな・・・。

 

Img_9211

岱崎出丸とすりばち曲輪の方面を眺めます。土塁ながらも櫓台が奥と中央に2つ見えます。

 

Img_9203

櫓台から富士山を撮影していた人もいました。

 

Img_9164 

もう一回、↑の櫓台から望遠レンズを利用して撮影した富士山です。

城めぐりして富士山も眺められるなんていいですねえ。

 

Img_9169

こちらは岱崎出丸の西側(北側?)に沿って彫られている一の堀です。

畝堀が素敵です。

何故、このように仕切りがあるかというと、堀に落ちた敵兵の動きを制限して、弓矢や鉄砲で狙撃しやすいようにしているのです。

|

« 思いついたように山中城へ | トップページ | 思いついたように山中城へ 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/56420121

この記事へのトラックバック一覧です: 思いついたように山中城へ 2:

« 思いついたように山中城へ | トップページ | 思いついたように山中城へ 3 »