« 第2次長野遠征 上田城編 | トップページ | 200系新幹線で鉄道博物館に行った »

2012年10月17日 (水曜日)

第2次長野遠征 松本城編

Mtmt01

2012年10月6日から8日までの【第2次長野遠征】も最終日。

JR長野駅8時22分発の篠ノ井線に乗り、JR松本駅まで向かいます。

隣の赤の車体の しなの鉄道とはお別れです。上田・軽井沢方面に行ってしまうからね。

 

Mtmt02

特急しなの号ではなく、篠ノ井線の各駅停車に乗車したのには理由がありました。

途中の姨捨駅はスイッチバックの駅なのです。

写真右側の線路の向こう側が長野駅方面で、手前側が松本駅方面です。

右側の線路の向こうから手前に電車が走ってきて、いったん進行方向を逆にして、写真の左側の姨捨駅に登って行きます。

姨捨駅を手前方向に発車して松本駅方面に出発していきます。

これは珍しいなあ。

 

Mtmt03

またJR姨捨駅からの景色がよいのです。おそらく向こうは長野県の上田とか坂城の方面だと思うのですが・・・。

姨捨駅の停車時に写真撮影をしていた人が多かったです。

 

Mtmt04

松本駅から徒歩15分程度で現存12天守にして国宝4天守の一つ、【松本城】に到着します。いきなりのドアップです!!

【松本城】の特徴は何といっても【黒】なんですが、マニアとしては最上層の大きさと、その下の第4層の大きさがほぼ同じと言うところに注目です。

写真を見ると微妙に最上層が大きいかな。

ホントは最上層は廻縁が廻っていて、高欄(てすり)が廻っていたのですが、雪の多い松本では廻縁に雪が積もって、それが溶けるとビチャビチャになり、木製の廻縁と高欄が腐ってしまいます。

なので!最上層を囲ってしまった結果、頭でっかちになってしまったようです。

 

Mtmt05

さらにマニアックな写真。

【松本城】の戸の溝に溜まった雨水を配水する管です。【姫路城】の西の丸の多聞櫓でも見ることが出来ますが、【松本城】のそれは黒漆で塗っているようですな。

【松本城】は他の黒いお城と違って、漆を塗っているので光っているようですよ。

 

Mtmt06

またまたマニアックな写真。【松本城】の内部の4階から5階に上がる階段です。

【松本城】の中でも最も急な階段だそうだ。

でも・・・福井県の【丸岡城】に比べれば、まだまだ甘いw

 

Mtmt07_2

順番が逆な気がしますが、【松本城】を北東方面から眺めたものです。

右から【乾小天守】、【大天守】、【辰巳附櫓】、【月見櫓】です。

※【乾小天守】と【大天守】の間は短いながら【渡り廊下】で接続されています。

 

Mtmt08

南東方面から眺めた【松本城】

右から【月見櫓】、【辰巳附櫓】、【大天守】です。

【姫路城】と違って水堀の上に直接石垣が建つので、天守台石垣の高さは【姫路城】程ではありません。

それでも日本に2つしかない五重天守なのです。

 

Mtmt09

南から眺めた【松本城】

【大天守】についている唐破風(第4層についている曲線の屋根)と千鳥破風(第3層についている三角形の屋根)がオシャレ。

【辰巳附櫓】と【月見櫓】は徳川家康の孫の松平直政が松本城主時代に建て増ししたものだそうです。

ちなみに松平直政は後の松江藩主。【松本城】といい【松江城】といい、黒いお城に縁があるんだなw

 

Mtmt10

【松本城】の魅力は見る角度によって印象が変わること。何度見ても飽きません。

 

Mtmt11

そして【松本城】の代表的な絵がコレ。

鉄砲狭間や石落としを装備した黒い戦闘的な【松本城】が優美に見えるのがよい。

黒い城でも青空が似合いますな。

 

Mtmt12

西から眺めた【松本城】

築城当初は【乾小天守】と【大天守】の連結天守だったそうだ。

その後、【辰巳附櫓】と【月見櫓】を接続して、全国的に珍しい(というか他にあるか?)『連結複合天守』の形式になったらしい。

 

Mtmt13

北西側から【松本城】を眺めたもの。

赤い橋は『埋橋』という橋で、赤い色が黒い松本城のアクセントになっていますが、当時のものではありません。

 

Mtmt14

【松本城】見学後はJR松本駅に隣接する信濃そばのお店で、ざるそばを食べました。

結構量があって満足満足です。

 

Mtmt15

まったく余談ながら、松本駅の駅ビル、MIDORIの地下1階にあるお土産店で見かけた看板なんですが・・・『くさっぱり』って何かと思った。

『臭っぱり』かな?って思ったよ。余白が足りなくて改行した位置がまずかったなw

 

Mtmt16

全国各地から集まった仲間とはJR松本駅でお別れ。

自分は13時47分発の あずさ20号で東京に向かいました。

 

Mtmt17

オマケの一枚。

あずさ20号がJR甲府駅を出発して、進行方向右側(南側)に見える【甲府城】の【稲荷櫓】です。

2012年8月に見学したから2か月ぶりですが、やっぱり見てしまう。

 

第2次長野遠征 報告は以上です。

|

« 第2次長野遠征 上田城編 | トップページ | 200系新幹線で鉄道博物館に行った »

コメント

ホントに~写真うまいですねhappy02
お城の写真が、プラモデルに見える^^
長野はスキーにしか行ったことが無いですが
きれいなお城を見るのもいいですね♪

投稿: りんご | 2012年10月17日 (水曜日) 21時36分

りんごさん

コメントありがとうございます。
お城の写真を撮影するようになって、4年経ちますし、デジカメなので数撃てばあたりますよ。

長野県は意外とお城の宝庫だったりしますよ。

投稿: Seiryu | 2012年10月19日 (金曜日) 22時57分

 きれいな空に、きれいなお城ですね。松本城は言ったことがなかったので、お写真で堪能させていただきました。
 ブログにも書いてありましたが、碧い空に黒いお城も合いますね。うんうん。

 私はいつもの小田原城にまた行こうと思いました。^^

投稿: ひめ | 2012年10月29日 (月曜日) 11時18分

ひめさん、コメントありがとうございます。

やはり、どの城も青い空が似合います。
今回の松本城は贔屓で沢山の写真を掲載しました。

角度によって印象が変わりますから。

投稿: Seiryu | 2012年10月29日 (月曜日) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/55912110

この記事へのトラックバック一覧です: 第2次長野遠征 松本城編:

« 第2次長野遠征 上田城編 | トップページ | 200系新幹線で鉄道博物館に行った »