« MS-06R1を作る その3 | トップページ | 白河小峰城に御見舞いに行く その2 »

2012年8月 4日 (土曜日)

白河小峰城に御見舞いに行く

Img_0917

青春18切符の利用可能回数が3回残っていたので、2012年8月4日(土)、福島県白河市に建つ【白河小峰城】に行ってまいりました。

白河小峰城は日本百名城のNo13。
上の写真に写っている天守代用の三重櫓(右)と前御門(左)は木造による復元建築です。

高度成長期で名古屋城や和歌山城などの天守が鉄筋コンクリートで復元されましたが、白河小峰城はなんと木造で復元されたのです。

それ以後、白石城・掛川城・大洲城・新発田城と木造復元が続ききました。
ホントに有り難いことです。

 

ところで・・・上の写真は2010年8月31日に撮影したものです。

写真撮影の日から今日まで2年弱の歳月が流れましたが、あの2011年3月11日の東日本大震災により、白河小峰城が大きなダメージを受けたと聞きおよび、とにかく御見舞いに行って来ようと相成った訳です。

 

Img_5613

↑こちらは2009年6月27日に撮影した白河小峰城の高石垣ですが・・・

 

Img_5832

↑なんと東日本大震災の直後に、南に面した石垣石が崩壊してしまったのです。

 

Img_5847

↑三重櫓の方はこんな感じ。

 

Img_0899

↑たかが石垣と言うなかれ。白河小峰城の石垣の積み方は全国的にも珍しい点があるのです。

同心半円状に積まれた石垣があったのです。
白河小峰城に入城すると、この同心半円状に積まれた石垣が2つあって、まるで鷹の目に睨まれているような雰囲気がしたのです。

これが崩れてしまったのです!

 

Img_0889

↑東日本大震災の前の白河小峰城の本丸内部の写真です。

写真の右端にかろうじて高石垣の裏側が写っています。

石段が2つ見えますが、この石段を上がって高石垣からの眺めを楽しむこともできたのですが・・・。

現在は危険なため、城内はもちろん三重櫓の中にも立ち入り禁止です(泣)

 

Img_5850

↑周辺の石垣もご覧のありさま。もっとスラッとした石垣だったのですが、半分くらいの大きさになってしまいました(泣)

 

Img_5880

城内には入れませんから、城域の南から西、そして北側に廻ってみました。

 

Img_5596

↑三重櫓からみて北東側に開いた搦手門跡がありましたが・・・

 

Img_5886

↑搦手門は立ち入り禁止でした。

 

Img_5887

↑搦手門桝形の石垣はご覧の通り崩れていました。

 

東日本大震災の影響を目の当たりにしたということです。

その2へ続く!!

|

« MS-06R1を作る その3 | トップページ | 白河小峰城に御見舞いに行く その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/55351078

この記事へのトラックバック一覧です: 白河小峰城に御見舞いに行く:

« MS-06R1を作る その3 | トップページ | 白河小峰城に御見舞いに行く その2 »