« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の21件の記事

2012年1月30日 (月曜日)

峠の釜めし

20120130_1

 もう京王百貨店で購入した駅弁シリーズもネタとしては古くなってしまいましたが、ブログのネタにはなりますので、紹介いたします。

 【峠の釜めし】といえば信越本線の横川駅の駅弁で、こういった駅弁大会では昔から売上の1・2位を争っています。

 私自身、子供の頃から知っていましたし、城めぐりで上田駅の駅舎内にある販売店で購入して食べた思い出もあります。

20120130_2

20120130_3

 山国の駅弁らしく、中身は山の幸がいっぱいです。

 筍・牛蒡・鳥肉・栗・ウズラの卵などなどが炊き込みご飯として入っています。
 その味わいが絶妙でして、ポンポンと口に入れてしまいます。

 また箸休めの梅干しや漬物、ワサビ漬けが良いアクセントとなっており、飽きません。

 そして写真にもありますが、杏がまた甘酸っぱくて、【峠の釜めし】の〆に食べると良い後味になります。

 駅弁大会でなくても、時々スーパーで売っているので、機会があったらまた購入したいですな。

 しかし・・・この駅弁の入れ物の釜がまた増えてしまう。
 植木鉢に使えそうなんだけど、使ったためしが無く、庭のオブジェとなってしまうのがオチですな。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日曜日)

HGUC 1/144 ガンダム その6

20120129_3

 HGUCのガンダムのプラモデルですが・・・暇を見ては表面処理をしています。

 接着剤で貼り合わせて組み上げていきますので、接着した線が残ってしまいます。

 それを鉄ヤスリ・紙ヤスリで削って磨いていきます。

20120129_4

 太ももとスネ、二の腕の接着線は綺麗にいたしましたが、足の甲はまだ接着していないので、線が残っているんですな。

 コツコツとやっていくしかないわ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウチの同居人

20120129_1

 オレのブログに『あの緑色の球は何か?』と質問があったので紹介いたします。

 これは・・・ガンダムの劇中に出てきたロボット=ハロですな。

 本来はバスケットボール位の大きさらしいが、この製品はソフトボールより一回り大きいくらいです。

 電池で動いており、目が赤く光ったりします。

 何らかの音を立てると反応します。それを繰り返すと色々とセリフを言うようになります。

 以前、そこまで育てたのですが、電池交換の際に初期設定に・・・(泣)

20120129_2

 実は写真の様にも変形するのだ。

 足や手は出てきませんが、頭のフタは自動的にパタパタと開閉します。

 ガンダマーとしてのインテリアに衝動買いしましたが、捨てるわけにもいかず、同居しております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土曜日)

鯉の甘露煮を食べました

20120128_1

 一週間前の話になるんですが、京王百貨店で購入した長野県飯田市の美味いもの、【鯉の甘露煮】を食べました。

 

20120128_2

 東京生まれ、東京育ちの自分にとって、鯉は学校の池や城のお濠に泳いでいる観賞用の魚とばかり思っていました。

 鯉と言えば、戦国の昔に織田信長公が明智光秀に徳川家康の接待を命じたところ、取り寄せた魚が臭いということで、激怒したという話を聞いたことがあります。

 あれ、鯉じゃなくて、鮒だったか?

 

 とにかく鯉は泥臭くて食べるものじゃないと思っていましたが、甘露煮なら食べられるかなと思って購入してみました。

 今まで食べた魚に例えると・・・サバ味噌を食べているような感じでした。

 骨も太かったな。あと内臓と卵も食べましたよ。

 白ご飯と合う一品でした。

 また機会があったら食べてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水曜日)

HGUC 1/144 ガンダム その5

20120125_1

 一応、形になってきました。

 ちなみに足首の部品が完全に組み合わずに隙間が出来ていたり、腰のあたりの部品が付いていないのは、まだ今後の作業の為を考えての事です。

20120125_2

 後ろ姿がこんな感じ。やっぱりカッコエエなあ。

20120125_3

 おまけに付いていたコアファイターも作りましたが・・・塗装が必要だな。

20120125_4

 アクションベースに乗せて、ポーズを取らせると中々カッコいいですな。

 まだまだ続きます。

 これから接着と部品の整形だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月曜日)

HGUC 1/144 ガンダム その4

20120123_1

20120123_2

 こちらはモノ自体が大きいので、そこそこ写真として見れますな。

 頭の部分は最後に付けようと思っております。あと少しですよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップヌードル ガンダム その7

20120123_3

 写真がピンボケですが、2012年1月22日(日)時点での状態が↑↑↑です。

 面相筆で黄色を塗り始めました。襟の所がまだ発色していません。

 コツコツとやっていくしかありません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひっぱりだこ飯を食べた

20120122_3

 2012年1月21日(土)の夕ご飯は、『第47回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』買って来た、西明石駅の駅弁『ひっぱりだこ飯』でした。

 この駅弁はつい先日、近所のスーパーで売っていたのですが、財布事情から購入を見送ったものでした。

20120122_4

 で、自宅に帰って食べてみました。

 ↑↑↑の写真では照明の関係でタコがおどろおどろしい色になっていますが、大丈夫です、元ネタは美味しそうな色をしていました。

 まずは明石海峡の流れの速い潮流にもまれて、育ったタコの足ですが、短いながらも肉弾力がありました。写真では2キレに見えますが、3キレ入っていました。

 そして炊き込みご飯の中に、錦糸玉子と刻んだ穴子が入っておりまして、タレの甘い味を楽しみました。

 そして記憶では2つか3つだと思ったが、タコの身が入っていた練り物(さつま揚げみたいなもんだな)がゴロリゴロリと入っておりました。

 いや~食べるだけでなく、秘密の宝箱みたいで、何が出てくるか楽しめるな。

20120122_5

 食べ終わりました。

 この弁当箱の陶器、そのまま捨てるのは勿体ない気がするんだよね。

 かといって、何に使うわけでもなく、部屋の肥やしとなってしまうんだろうな。

 さて、どうしたものか。

 しかし・・・城めぐりで山陽新幹線の西明石駅を利用したことがあるので、そこの駅弁を食べたのも何かの縁を感じました。

 明石駅南口には商店街が広がり、道端に新鮮な水揚げされた海産物が並んでいたのを思い出しました。

 瀬戸内の海の幸はええなあ。こんな旨いものを瀬戸内の人々は食べておるんやな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日曜日)

HGUC 1/144 ガンダム その3

20120122_2

 2012年1月21日(土)の夜に、こちらも献上予定の1/144スケールのガンプラを組んでおりました。

 まあ、組むだけでいいって依頼なので、気が楽ですね。

 『組むだけでいい』って言われているのに、手を入れないと気が済まない性分って損だよね。

 次は両腕を作ろうかな。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップヌードル ガンダム その6

20120122_1

 昨日、2012年1月21日(土)は仕事休みでしたので、白の吹き付け塗装を行いました。

 吹き付け塗装、面倒なんですよね。

 エアブラシとコンプレッサーと自作塗装ブースを出して、接続・設置します。
 白の塗料をシンナーで薄めて、吹き付ける。
 終わったら、片づけをする。

 文字で書くと数行だけど面倒くさいです。

 

 しかも・・・白って吹き付けても吹き付けても発色しないんだよな。

 あんまり吹き付けると彫刻が塗料で埋まってしまうし。

 で、上の写真が中間結果。

 もうダメダメなんだけど、人に献上するものだから、適当に見切りをつけます。

 楽しくなくては、嫌になってしまったら、やっていられんからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土曜日)

島根牛みそ玉丼を食べた

 2012年1月24日まで東京は新宿にあります京王百貨店にて、『第47回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』が開催されております。

 先週は冷やかす程度だったのですが、今日はお目当ての駅弁を入手して、舌鼓を打つべく、新宿に行ってまいりました。

20120121_1

 お目当ては・・・案内チラシのトップにも掲載されていた、島根県 山陰本線 松江駅の『島根牛みそ玉丼』(950円)でした。

 東京生まれ東京育ちの自分ですが、昨年の松江城にて松江若武者隊まつえ舞姫隊の皆さんにおもてなしをされ、まつえ舞姫隊ゆり姫がめちゃくちゃ可愛いかったので、東京人のくせして心は松江市民になっております。

 そうとなれば松江駅の駅弁は食べてみないとアカンでしょうw

20120121_2

20120121_3

 今回の目玉商品だけに、行列ができて店員さんもてんてこ舞いに弁当を作っておりましたな。

 しかし! 普段の行いが良かったのか、行列が短い瞬間に立ち会い、5分程度で購入することが出来たのです。

20120121_4

 ちなみに今回購入したのは『島根牛みそ玉丼』だけでなく、他の駅弁と美味しいものを買ってきました。

 ↑の写真を見れば、何を買ったかわかるわなw

20120121_5

 実は昨年の11月に松江駅から帰る時にも、JR松江駅北口の駅弁店で、このお弁当を購入したことがありましたが、まさか東京の地で再び食べることが出来るとは思いませんでした。

 チラシのウンチクをそのまま引用いたしますと・・・・

 奥出雲で江戸より続く井上醤油店の『本醸造みそ』と、島根の老舗酒造「都錦」の料理酒「料理の要」を用いて、島根牛を甘辛く炊きました。
 とろとろ玉子に箸を入れると、黄身が味噌に溶けてさらにおいしく召し上がれます。

 ・・・だそうだ。

 電子レンジで温めて、さっそく昼ごはんとして食べることにしました。

20120121_6

 この駅弁を作っているのは『一文字家』さん。
 ( http://www.ichimonjiya.jp/ )

 島根県松江市平成町にあるらしいですが・・・Googleマップで調べたら、JR松江駅を挟んで松江城の反対側でした。

 そりゃ~行ったことないから分からん。

 お弁当の中身は、味噌味の島根牛の切り落としと、しらたきと、半熟玉子がメインで、箸休めで香の物が付いております。

 味のほうは・・・甘辛いと書いてあったが、辛くは無かったなあ。むしろ甘いって感じです。

 でも白いご飯とバッチリ合っており、また島根牛の食感も柔らかく、ぺろりと食べられます。

 20120121_7

 で、半熟卵を割ってみました。

 島根牛だけでも美味しいのですが、黄身が絡むとこれまたマイルドでした。

 お弁当の量は、まあそれなり。オレにとっては十分な量でした。

 ふう・・・残りは駅弁が2つか・・・楽しみじゃw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡佐賀長崎遠征報告 第5日目

Karatsu1

 いよいよ【福岡佐賀長崎遠征】も最終日の5日目。その最終日に登城したのが今回2度目となる【唐津城】でした。

 2回目の登城なので、朝8時から昼の12時までの4時間で見学をしました。

Karatsu8

 上の写真は宿泊地となった『唐津第一ホテル』の近くにある櫓台石垣です。

 現在では唐津市役所の駐車場の出入口になっていますが、荒々しい石垣である一方で算木積石垣もあり、かなり巨大です。

Karatsu6

 テクテクと歩いて、【三の丸辰巳櫓】を見学します。復元櫓ですが街中にあるのはいいことです。

Karatsu3

 【唐津城】に入城します。

 少々急な石段を登って行きますが、そんなに長い坂道でもないので、ヒョイヒョイと進んでいきます。

 現在、石垣の積み直し中で、上の写真の天守と石垣の間には工事車両が通る道が出来ていますが、それを目立たないように撮影したのが、コレ。

 なかなかお城らしいお城でしょ、【唐津城】

Karatsu2

 先程の写真からちょっと離れたところから撮影します。

 藤棚に隠れて工事区域が見えなくなっておりますが、こんな感じのお城です。

 木々に隠れていますが、城門も右手にあります。

Karatsu7

 【唐津城】は鉄筋コンクリート造で、内部は展示室になっています。

 結構気にいったのが【唐津城】の模型です。

Karatsu4

 今回の旅で絶対に見学したいと思っていた風景がコレ。

 海に突き出た岬の小山の上に【唐津城】

 要塞のようにそびえています。

Karatsu5

 もう一つ、離れたところから【唐津城】を撮影。

 JR唐津駅でレンタルした自転車(JR利用者は4時間600円)で、向かいの堤防から撮影しました。

 天気が今一つで、寒風が吹きすさび、シャッターを押す指も凍えましたが、なかなかの写真が撮影できて良かったです。

 以上、2011年12月30日から2012年1月3日まで【福岡佐賀長崎遠征】の報告は終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金曜日)

HGUC 1/144 ガンダム その2

20120120

 今晩もちょこちょこと組んでみました。

 写真を見る限りにおいて、赤・青・黄色・白と複数の色のプラスチックで製品が出来ているのは、凄いと思う。

 塗装していないんですよ、コレ。すごいな~w

 しかし・・・このプラモデルも発売されてから10年近く経過していると思うのだが、やはり金型がくたびれてきたのかな。

 ちょっとパーツの精度が落ちていたかな。

 また明日作りましょうw

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HGUC 1/144 ガンダム その1

20120119_0

 昨今の寒さの影響で、1/380 ガンダムの塗装が滞っておりますので、今度は1/144 HGUC ガンダムを作ってみようと思っております。

 以前、DVDがオマケに付いてた、シルバーカラーの箱のガンプラを作ることにします。

 通常版はブラックカラーの箱なんですよ。

20120119_1

 箱を開けてみるとこんな感じ。

20120119_2_3

 箱から取り出すとこんな感じ。

20120119_4

 ビニール袋から取り出すとこんな感じ。

 ちなみに写真のカッティングマットに縦横に印刷されているマス目が1センチ四方ですので、パーツの大きさが見当つくかと思いますぞ。

20120119_3

20120119_6

20120119_7

 組み立てに使う道具は上の3つ。

 一番上が、フツーのカッターナイフ。

 真ん中が、パーツを切り取るニッパー。

 一番下が、パーツの切り取り口をキレイにする鉄やすり。

20120119_

 組み立て説明書がコレ。

 オレはこの順番通りに組まないけどね。胴体から組むのが好きです。

20120119_8

 で、2012年1月19日の夜の時点で、ここまで組みました。

 夜中だったし、まあこんなものかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火曜日)

カップヌードル ガンダム その5

20120118

 カップヌードルのオマケ、1/380スケールのガンダムのプラモデルですが、上の写真の通り、ビームライフルと背中のランドセルの塗装を済ませました。

 塗料はニュートラルグレーだったかな。

 筆にてチマチマと塗って、3日間・・・どうにか色ムラが無くなるレベルまでこぎつけました。

 写真で拡大すると、ちょっと汚いかな・・・。

 まあ仕上げまで行ったら、少しは見れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日曜日)

カップヌードル ガンダム その4

Img_0001

 今日は艶消しの白の缶スプレーを吹きつけることになりました。

 その前に部品を【持ち手】に括りつけます。

 【持ち手】・・・割り箸に百円均一ショップにて購入した目玉クリップを接着剤でガッチリと接着したものです。

Img_0004

 ふと思うと【持ち手】を立てかけておく場所が無いので、これまた百円均一ショップにて、プラスチック製のカゴを購入。

Img_0005

 これをひっくり返して、こんな具合に【持ち手】を刺して、塗装面を乾かしておくんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡佐賀長崎遠征報告 第4日目

Hirado

 2012年1月2日の城めぐりは長崎県の【平戸城】でした。

 JR唐津駅を朝6時40分に出発、JR伊万里駅で下車。
 松浦鉄道伊万里駅から、日本最西端の駅・たびら平戸口駅に到着。
 約2時間の電車の旅。
 
 そこから更にレンタサイクルで30分で【平戸城】に到着。
 遠いところに来ましたよ。

 写真はいきなりの【平戸城】の模擬天守です。
 【平戸城】にはホントは天守は無かったらしいぞ。

Hidaro5_3

 【平戸城】天守から眺めた平戸瀬戸。

 左下の櫓が【見奏櫓(けんそうやぐら)】、右舌の櫓が【懐柔櫓(かいじゅうやぐら)】です。
 ともに鉄筋コンクリートの復元櫓です。

 平戸瀬戸の向こうに見える陸地が九州本土。
 写真ではほとんど見えないけど右端中央あたりが九州本土と平戸島を結ぶ平戸大橋。

 よくもまあ自転車で来たものじゃ。

Hirado3

 さすがは日本百名城、【平戸城】にも現存遺構が残っています。
 写真は【北虎口門】です。

Hirado4

 【北虎口門】に向かって左側(東側)に続いているのが【狸櫓】。

 なんでもこの櫓に狸が住みついていて、櫓を壊そうとしたところ、『平戸城を守護するから櫓を壊さないで欲しい』と狸が嘆願したという言い伝えがあります。

Hirado2

 【北虎口門】に向かって西側に建っているのが【地蔵坂櫓】

 これも鉄筋コンクリート造の櫓ですが、なかなかカッコいい。

Hidaro7

 【平戸城】を湾を隔てて北側に松浦史料博物館があります。

 松浦史料博物館は【平戸城】の城主、松浦氏が居館としていたところで、高台にあって【平戸城】の櫓群を眺めるには絶好の場所です。

 左側が【見奏櫓】で右側が【天守】
 真ん中にあるのは・・・ただの休息ところでしたが、絵になります。

Hirado8Hirado9

 さすがは長崎県の平戸です。

 お土産は上の写真の【かす巻】:小豆餡をカステラで巻いたもの。長さは20センチくらいあった と下の写真の【カスドース】:これまたカステラに砂糖をまぶしたもの でした。

 両方とも甘くて甘くて、ブラックコーヒーが進みましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何故、そこにいるかな~

Img_0014

 今朝、2キロほどウォーキングをしてきて自宅に帰えろうとしたら、いつも会う野良猫さんと目があった。

 というか・・・何でそんな面倒くさそうな場所にたたずんでいるんですか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月曜日)

福岡佐賀長崎遠征報告 第3日目

Hnago001

 福岡佐賀長崎遠征の3日目、つまりは2012年の初めての登城は【肥前名護屋城】でした。

 豊臣秀吉による『唐入り』、つまりは1592年の文禄の役、1597年の慶長の役の前線基地であり、【肥前名護屋城】の周りには各大名の陣屋が至るところにあったという。

 写真は【肥前名護屋城】の隣、『佐賀県立 名護屋城博物館』(入場無料!)に展示されている【肥前名護屋城】を含めた名護屋地域のジオラマです。

 あまりのデキの良さに何枚も写真を撮らせてもらいました。
 (一部を除いて、ノンフラッシュ撮影可能なところが太っ腹ですぞ。)

Hnago002

 豊臣秀吉亡き後、日本軍は撤退。天下を掌握した徳川家康は朝鮮に出陣していないこともあり、日本に侵略の意図はもう無いと示すために、【肥前名護屋城】の破城を命じたそうだ。

 ↑の写真は左側が【遊撃丸】の外側の石垣で、奥にそびえているのが【天守台】です。

 【遊撃丸】の石垣が「Vの字」に崩されているのが分かるかな。

 特に天守石垣の崩落はこの比ではございませんでしたなあ。

Hnago004

 この写真は【弾正丸】から開いている【搦手門】の写真ですね。

 豊臣秀吉の義理の弟:浅野長政の職名が【弾正少弼】であり、この場所に陣取っていたことに由来するそうです。

 鉤型にジグザグとした巨大な門でした。

Hnago005

 天守台から眺めた【遊撃丸】の写真です。

 1593年に講和の使者として来日した遊撃将軍:沈 維敬をもてなした場所があったことに由来するらしい。

 残念ながら1月1日は曇り空。
 本来なら対馬が見えたり、青い海が見えるのですが・・・。

Hnago006

 これは【肥前名護屋城】の隣にあった【山里曲輪】への虎口です。

 朝鮮への出兵をしながらも、【山里曲輪】にてお茶を飲んでいた、豊臣秀吉のくつろぎの場所だったそうです。

 これまた、ジグザグジグザグジグザクと曲がりながら登っていく厳重な虎口でした。

Hnago007

 朝10時から13時まで【肥前名護屋城】を見学した後、周辺の諸大名の【陣跡】を見学することにしました。

 オススメが【豊臣秀保の陣跡】と↑の写真の【堀秀治の陣跡】です。

 特に【堀秀治の陣跡】はコレ一つで小さな山城と言ってよく、石垣の跡や掘立建物の礎石や能舞台の跡や空掘・土塁など充実しておりました。

 と、まあ正月早々から充実した城めぐりでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡佐賀長崎遠征報告 第2日目

福岡佐賀長崎遠征・・・ちょっと長いよな。

北九州遠征とも言っていたんだけど、それだと北九州市になっちまうし。

筑前肥前遠征でもいいかなとおもうけど、今さら旧国名にしてもな・・・。

Ohno1001

 2011年12月31日、大晦日の登城は大和朝廷が九州の地に大野山ごと城郭としてしまった、【大野城】でした。

 【大野城】に登城したとか言いながら、いきなり↑の写真は【大野城】から眺めた【水城】(みずき)です。

 九州自動車道に分断されていますが、Tの字にハッキリと見えております。

 【大野城】とは朝鮮半島の百済国を支援した大和朝廷が、白村江の戦い(663年)に破れ、唐・新羅の連合軍の日本侵攻を恐れて造った古代朝鮮式山城です。

Ohno1002 

 菅原道真を祭る太宰府天満宮の近く(といっても数キロあるが)にあった太宰府政庁(↑)を守るために【水城】とともに築かれた城で、【大野山】の頂上をぐるりと6キロの土塁で囲んだ城です。

 姫路城や名古屋城などとは全く違った形式の城郭で、まさに『山全体』が城なのです。

Ohno1003

 【大野城】は山の尾根が馬蹄(Uの字型)をしており、谷となっている場所は写真のように石垣でふさがれている。

 この写真は【大石垣】です。姫路城や名古屋城の石垣と違って、シンプルに積み上げているのが特徴か。

 しかし・・・この【大石垣】の見学には参った。まず【大石垣】に至るまでが大変だった。

 高低差がおそらく20mほどあり、おそろしい程の急斜面を木々に繋げられていたロープにつかまって降りて行ったのだから。登山用の靴を履いて、荷物はリュックにして両手をフリーにしないとまずムリ。

 ホント、ここで滑落しても携帯電話はつながらないし、シャレにならんわ。

Ohno1004

 【大野城】の最大の見どころ、【百間石垣】です。

 1間=1.8メートルなので、180メートルに渡り、まさに天登る龍のように石垣が続いておりました。

 ↑の写真では半分も写っていなくてね、右斜め上の方に倍以上の長さの石垣が続いているんですよ。

 大きく開いた谷をふさぐ石垣なのだから、スケールが違う。

Ohno1005

 【百間石垣】を見学して、ようやく【大野城】見学も半分といったところ。

 【大野城】見学は全部見ようと思ったら、ホント1日かかるよ。オレは朝9時から15時位まで【大野城】を歩きまくったからね。

 【百間石垣】を見学後、階段を両手をつきながら登った急斜面な山道の先には【北石垣】がありました。

 アップダウンがありすぎて、体力の消費が激しいです。

Ohno1006

 【北石垣】を見学した後、またまたロープにつかまって急斜面を降りて、【小石垣】にたどり着きます。

 【百間石垣】や【大石垣】程の迫力は無いですが、やはり土塁より石垣の方が感動する。

 あの急斜面を登って戻る体力は無いので、平坦(それでも傾斜がありましたが)な道を歩いて、登城見学・後半戦を戦います。

Ohno1007

 ものすごく【大野城】見学を端折っておりますが、(本当は【増長天礎石群】【主城原礎石群】の写真も掲載したいw) 【大野城】の城域を1周して、最後は島津氏の大軍を引き受け、玉砕した高橋紹運の【岩屋城】も見学します。

 写真の通り、本丸しかないので見学は10分程度で十分。

 【岩屋城】からの景色はすばらしく、九州国立博物館・太宰府天満宮・西鉄太宰府駅・観世音寺・大宰府政庁跡・水城と筑前国の景色が一望できるのです。

 

 ということで、2011年の登城納めを完了したのでした。

Ohno1008

 おおっと忘れていた。

 【大野城】の城グルメ、というより太宰府天満宮のグルメといえば【梅ケ枝餅】(1個105円)でしょうw

 菅原道真が大宰府に左遷になり、その境遇を憐れんだ老女が差し上げたのが、この餅だそうだ。

 道真公が亡くなり、梅の枝を添えて、この餅を供えたそうですよ。

 ちなみに・・・梅ケ枝餅ですが、このアツアツの出来たてがメチャクチャ美味しいのだ。

 モチッとした皮と中の小豆あんが甘くて美味しい。

 どうしても食べたい人は かさの家( http://www.kasanoya.com/umegaemochi.html )で通販で購入してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日曜日)

福岡佐賀長崎遠征報告 第1日目

Fuku0001

 2011年12月31日に新幹線にて博多に向かって【福岡佐賀長崎遠征】をスタートさせました。

 初日は福岡市営地下鉄:大濠公園から近くの【福岡城】。

 写真は【下の橋 大手門】と【潮見櫓】です。

 【下の橋 大手門】は2000年に不審火で焼失したものを2008年に復元したもの。

 【潮見櫓】は・・・今回の登城で分かったが、本当は【時打櫓】だったらしい。

 この2つの門と櫓は【福岡城】の顔ですわな。

Fuku0002

 今回の収穫は【福岡城】の各見どころにある案内板が一新されていたこと。

 特にお気に入りが【福岡城】の大天守・中天守・小天守のCG画像が掲載されていたことです。

 黒い五重天守・・・復元されると【熊本城】にも匹敵する巨大さですわな。

Fuku0003

 前回の登城時にも見学していたはずだけど、【福岡城・小天守台】を東南側から見た写真。

 写真ではイマイチ伝わらないですが、【小天守台】といえども迫力満点でした。

Fuku0004

 で、こちらが【福岡城・大天守台】

 東南側から見たものなので、高低差が反対側と比べてないのだけれども、それでも迫力十分でした。

 また見学を決めていた【顎石】・・・天守台の一番下の石垣石がずれるのを防ぐために外側に埋められていた石・・・も見学できたから良かった。

Fuku0005

 本丸内部から見学するとノッペラボーの【祈念櫓】を北側から撮影したました。

 本丸から見て東北=鬼門の方向に建てた鬼門除けの櫓だと、登城5度目にして納得しました。

Fuku0006

 おっと、福岡県というより博多のグルメといえばコレ。

 JR博多駅:筑紫口から出て左手の「えきさいど横丁」にある【めん吉】の博多ラーメンです。

 チャーシュー、青ネギ、すりおろしニンニク、キクラゲの乗ったラーメンに、自分で紅ショウガ、白ゴマ、めんたい高菜を乗せて頂きます。

 左側にチラっと見えるのは、めんたいご飯です。

 博多にいけば、いつもコレを食べています、ハイ。 

 う~ん【南二の丸 多聞櫓】とか【鉄御門跡】とか紹介したい写真が山ほどあるのだけど、たくさん撮影した写真から厳選するのに時間かかるし、ブログを書くだけで嫌になるから、今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »