« ちょっとブラブラ | トップページ | 感謝・・・松江開府400年祭博覧会終了!! »

2011年11月27日 (日曜日)

キムチ鍋を作った

Kmc01

 今日は久々にオレ流キムチ鍋を作りました。

 まあレシピを少々省略したので、味は落ちましたけど・・・。
 生姜をたくさん入れ過ぎたかな。辛いというより生姜味です。

 再掲ですがレシピです。

 NHKの「ためしてガッテン」で放映されたキムチ鍋のレシピを参考にしていますので、味の方はお墨付きだと思いますぞ。


【材料】(4人前)

 ●『北海道で一番うれているスーパーキムチ』:イトーヨーカ堂系列のスーパーで売っている透明パック入りのキムチです。確か400円後半の値段でした。このキムチは必須です。
 ●白菜:4分の1カットのもので十分です。
 ●豚肉バラ:400グラム
 ●長ネギ:1本あれば十分
 ●大根:1本あれば十分
 ●しめじ:1パック
 ●えのき:1パック
 ●ニラ:ひと束の半分もあれば十分かなあ
 ●木綿豆腐:1パックか2パック
 ●桃屋の味噌キムチ鍋の素ビンに入ったキムチ鍋の素です。単なるキムチ鍋の素は売っているんですが、最近、
味噌キムチ鍋の素を見かけません。まあ、単なるキムチ鍋の素でも美味しいですが・・・。
 ●ゴマ油:適量。オイラ流ではゴマ油は必須です。
 ●生姜:できればおろし金ですりおろしたいですが、無ければチューブ入りのすりおろし生姜でも良い。
 ●煮干し:適量
 ●鶏ガラスープの素:適量
 ●しょうゆ:適量
 ●砂糖:適量
 ●きざみ万能ねぎ
 ●白ゴマ
 ●コチュジャン:オイラ流ではコチュジャンは必須です。
 ●豆板醤:オイラ流では豆板醤は必須です。



【作り方】

 1:『北海道で一番売れているスーパーキムチ』をフライパンで、ゴマ油大さじ1杯でいためます。これによりキムチの味が濃厚になります。

 2:豚肉(400グラム)も一度ゴマ油大さじ1杯と生姜(オイラは生姜をおろし金でおろしたものを使用)と一緒に炒めてから、鍋からいったん取り出します。炒め汁も取り出して、あとで鍋に利用します。

 3:煮汁は桃屋の味噌キムチの素+煮干し(適量)+鶏がらスープを使用します。 煮干しとキムチの組合せは栄養と味の相乗効果が抜群とのことです。オイラは煮干しを鍋に入れたまま、最後まで取り出しませんでした。

 4:煮汁は煮立ったら、しょうゆと砂糖を小さじ1杯入れる。

 5:具材は豚肉・キムチ・長ネギ・白菜・大根・しめじ・ニラ・木綿豆腐を煮汁に入れて煮込みます。

 6:実は5番までだと、キムチ鍋の煮汁は味が薄いというか深みがありません。
 ここが重要ですが、好みの量の豆板醤とコチュジャンと砂糖を適量、煮汁に溶かします。キムチ鍋=辛いイメージですが、意外と砂糖とコチュジャンの甘みと豆板醤の辛味を加えることで、味に抜群の深みと煮汁にトロ味が出ます。
 豆板醤、コチュジャン、砂糖の入れるバランスによって、好みの味を探してみてください。とにかく豆板醤&コチュジャン&砂糖は、オイラ流のキムチ鍋のレシピの要点です。オススメです。
 

 ※3番から6番までの手順は、結構テキトーです。あまり細かいこと考えないで調理してます。


 7:鍋とは別に、きざみ万能ねぎ、白ゴマ、コチュジャンの3つを薬味として、用意しておきます。もっとも、万能ネギと白ゴマを鍋に入れても美味しいです。


 8:後は各自の取り皿にキムチ鍋をよそって、薬味をかけて食べます。ちなみに過去4回、キムチ鍋をやっていますが、スープすら残さず食べられてしまいます。

|

« ちょっとブラブラ | トップページ | 感謝・・・松江開府400年祭博覧会終了!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/53348332

この記事へのトラックバック一覧です: キムチ鍋を作った:

« ちょっとブラブラ | トップページ | 感謝・・・松江開府400年祭博覧会終了!! »