« スターク=ジェガン 製作記6 | トップページ | 石垣見学の楽しさについて »

2010年5月 5日 (水曜日)

北陸城郭遠征:グルメ報告

2010年5月1日から4日まで、北陸城郭遠征に行ってまいりました。

 ニコッとタウンの女性陣から『何を食べたか報告して~』とのコメントがあったので、食べる前に写真を撮っておきましたぞ。

Img_6918_2

 まず5月1日の朝食:『鳥めし弁当』

 JR東京駅で800円で購入しました。

 鳥肉が醤油とみりん(?)で味付けされてます。右下のキンピラゴボウも甘辛く味付けされていますが、右上の漬物の酸味で味のバランスが取れていた一品でした。

 

 5月1日の昼食は富山駅のコンビニで購入した、『ますのすし おにぎり』『辛子高菜おにぎり』でした。

 食欲に負け、写真はありません。

 有名駅弁の『ますのすし』をおにぎりにしたアイデアが秀逸~。

 当然お寿司の味ですが、しっとりとした食感が最高でした。

 

Img_7263_2

 5月1日の夕食は、金沢の香林坊の繁華街にあるアトリオというデパートの最上階、『加賀旬菜あまつば』で注文した『治部煮御膳』(という名前だったか。1,680円)でした。

 治部煮はシイタケ・レンコン・生麩(?)・鴨肉をトロ味をつけて煮こんだ料理でした。オイラの記憶では甘い味だったのですが・・・。

 うーん、形容しがたい上品な味でした。ワサビを溶かして食べるのが、これまた美味しんですわ。さすが1,680円しただけあるわ。

 手前のご飯は竹の子ご飯、左奥はお豆腐、右奥はエビの刺身です。

Img_7262_2

 テナントが変わったのかなあ、治部煮の上に金箔がのっていなかった・・・。

 関係ないけど、ウェイトレスがロシア系?の外人女性だったのが驚きました。

 

Img_7535_2

Img_7536_2

 5月2日の朝食は金沢駅のコンビニで購入した『ミニ中華弁当』(290円)でした。シュウマイと春巻きが入っていたような・・・。

 七尾線の中で急いで食べた記憶がありますので、写真はナシです。

 

 で、5月2日の遅い昼食は上の写真が金沢の近江町市場のビルの地下1階にあった『チャンピオンカレー』です。

 Sサイズをツナサラダとセットで頼んだので金額は忘れました。(サラダとセットで990円か?)

 石川県を中心に展開するカレーのチェーン店で、先日TVでも紹介されていたので、事前チェックしてました。

 このオイラの感想をいうと『うーん、最近はやりのスパイシーな味じゃないけど、昔大学の食堂で食べたドロっとしたカレーを思い出すねえ。』でございます。

 ドロっとしておるので、このカレーはスプーンじゃなくて、フォークで食べるんです。

 千切りキャベツは最初から和えてあります。で、今回はフランクフルトをトッピングしました~。お腹一杯食べたい人は、ロースカツとかエビフライもトッピング可能です。

 そうそう、サラダも作り置きじゃなくて、注文して作ってくれました。

Img_7867_2

 5月2日の夕食は・・・金沢駅ビルの百店街で『マグロとネギトロとイクラ丼』という非常に長ったらしくて注文しにくいネーミングの海鮮丼。1,260円でした。

 能登から直送の海産物を使って盛り付けた海鮮丼ですね。それを専用のタレにワサビを溶かして、ぶっかけて頂きました・・・。

 写真にはありませんが、味噌汁はアラ汁でした。海鮮の味がいたしました。

 普段はこんな高額なもの食べないので、至福の時です・・・。

  

Img_7999_2

Img_8000_2

Img_8001_2

 5月3日の朝食は・・・ハムカツエッグロール1個だけ。198円。

 写真はありません。

 城めぐりで歩きながら、オイラは食事も済ませています。合理的?でしょ?

 

 そして5月3日の昼食は・・・丸岡城下にある一筆啓上茶屋の名物?の『福井県人セット』(780円)です。

 見た目は大量に見えますが、大丈夫。女性でも食べられますよ。おろしそばもソースカツ丼も小ぶりの茶碗に盛ってあります。

 おろしそばはツユダレがかかっているのではなく、ホントに大根おろしと刻みネギと削り節と一緒に食す通なもの。どちらかというと薄い味というか素朴な味。

 それを補うのがソースカツ丼です。小振りながら濃厚なガツンとした味でしたわ。

 コレを日本最古の天守閣・丸岡城の下で食べる・・・もう最高ですw

Img_8357_2

 5月3日の夕暮れに金沢の兼六園前のおせんべいを買い求めました。120円。

 いろんな種類のおせんべいが売っていましたが、オイラは七味唐辛子をまぶしたおせんべいを食べました。

 そりゃ辛いんですが、お米のほのか~な甘みを感じられる一品。

 上品な街・金沢、しかも兼六園の前で、金沢城の石川門を眺めながら食べると、たかが、おせんべいと言えども旨いですわな。

 

Img_8404_2

 5月3日の夕食は・・・気になっていたゴマエビフィレオセットを頼みました。630円。

 うーん、普通のエビフィレオを同じやで~。

 

Img_8730_2

 最終日、5月4日・・・早朝6時から金沢城を見学に夢中だったオイラは、朝食を抜いていたことを10時30分に気付きまして、金沢城の三の丸の出店で『オムライス焼きそば』を注文しました。500円。

 ふわっとした卵に、ケチャップとマヨネーズの絶妙なトッピング。

 焼きそばは思いのほか太いサイズ。ガッツリいけましたぞ。

 豚肉とキャペツも厚切りで、これはお腹にたまる~。

 

Img_8748_2

Img_8752_2

 おやつとして、金沢城の三の丸の出店にて きんつばを2個購入しました。2個で336円。

 上の黄色い方はサツマイモで作ったもの。なんともなめらかな舌触りでした。甘さも押えてあって、こりゃ上品ですわ。

 下の方は正統派?のキンツバです。小豆がギッシリと詰まっておりました。これは上品な甘さでしたね。

 この2個を金沢城の菱櫓&五十間長屋&橋爪門続櫓を眺めながら、いただく・・・なんという贅沢な場所でオイラはおやつを食べているねん!!

 お茶が抹茶じゃなくて、ペットボトルの『おーいお茶』でも、問題なし!!

 

Img_8792_2

 金沢城を後にして、武家屋敷のある長町を散策。

 乗用車が似合わない、静かな静かな町並み。綺麗な用水路がサラサラと流れていて、気分は加賀百万石の藩政時代です・・・Gパンを履いてディバッグを背負ったオイラが来ちゃいけない雰囲気です。

 そこで素敵な和菓子を発見。野村家武家屋敷の並びにある和菓子専門店の『村上』さんの和菓子。263円。

 その場で購入して、休憩所でお茶も出してくれました。

 もう贅沢しすぎて、いつか天罰が落ちそうです。

 

Img_8825_2

 5月4日最後の食事は、金沢駅からの帰り、早めの夕食でした。

 福井県名物 かにめし駅弁 1,100円。

 二種類のズワイガニの身をほぐして、おこわご飯にまぶした一品。

 ホントは自宅に持ち帰って電子レンジで温めれば、更に風味UPなんでしょうが・・・食欲には勝てませんでした。

 以上、写真が一部欠落しておりますが、オイラの北陸城郭遠征のグルメ報告はおしまいです。

 

 明日から・・・また粗食の日々が始まります。

|

« スターク=ジェガン 製作記6 | トップページ | 石垣見学の楽しさについて »

コメント

とても、細かくレポートしていただき、ありがとうございます。
私なら全て「美味しかった。」で終わりそうです。
さすが王子です^^
グルメレポーターになれますよ!
あ~。
お腹が空いてきました…

投稿: smile♪ | 2010年5月 5日 (水曜日) 11時18分

smile♪姉さん、こんにちは。

どうです?
なかなかのものでしょ~。

味を伝えるために食事の時の記憶を思い返して書きましたわ。

オイラって女性思いだなあ~。

投稿: Seiryu | 2010年5月 5日 (水曜日) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/48273073

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸城郭遠征:グルメ報告:

« スターク=ジェガン 製作記6 | トップページ | 石垣見学の楽しさについて »