« カップヌードル シャアザク 製作記3 | トップページ | カップヌードル シャアザク 製作記4 »

2010年4月 3日 (土曜日)

桜の江戸城を見学

Img_6704_2

 今日は晴天でした。自宅に閉じこもっていても仕方ないので、江戸城(=皇居)の千鳥ケ淵の桜でも見学に行くことにしました。

 東京メトロの半蔵門線に乗り、半蔵門駅からスタートしました。

 写真はその半蔵門駅からスグにある、男のオイラには全く縁の無い会社、女性下着メーカーのワコールのビルです。

 下着の売上で、こんなビルを建つんですな、スゴイです。

 本日勝手に命名、『ブラジャー御殿』 (御殿ではないか・・・笑)

Img_6707

 半蔵門の前から江戸城の南側を撮影しました。

 奥に見えるビル群は霞が関の官庁街ですな。

 江戸城もやはり東日本の城郭、土塁が多いです。

 

Img_6715

 今回のお気に入りの一枚。桜越しに見える半蔵門。

 半蔵門は江戸城がもし攻められた場合、将軍が抜け出すための門だったとか。この門を出ると、甲州街道につながり、四ツ谷を通って、甲府城へ向かいます。

 桜を絡めて、お城の写真を撮るのは初めてです。

 

Img_6723

 国会議事堂も奥に見えます、微妙ですが。

 左側はいわゆる鉢巻石垣です。土塁の上にちょこっと石垣が乗っかっています。

 土塁でカサを稼いで、石垣の節約しています。

 

Img_6751

 江戸城の本丸を抜けて、梅林坂を下りて行きました。

 江戸城の石垣は切込接(キリコミハギ:石と石の接する面をピッタリと加工して積む方法)だと思っていましたが、打込接(ウチコミハギ:石と石の接する面を加工はしているが、少々隙間が出来るので隙間に小さい石を打ち込む積み方)の石垣もありました。

 

Img_6757

 こちらが切込接の石垣ですね。平川門近くの石垣です。

 こんなにピッチリと石を積む技術がすごい。昔の人の努力に脱帽です。

 

Img_6753

 左が打込接、右が切込接の石垣です。

 こうやって撮影すると分かりやすいなあ。石垣マニアが喜びそうです。

 オイラが喜んでいるし・・・。

  

Img_6754

 江戸城は天下普請で築いた城なので、石垣に対する仕上げも手がかかってます。

 写真は「すだれ仕上げ」というもんです。縦にスジ彫が入っています。

 

Img_6758

 先ほどの平川門近くの石垣の角を撮影しました。

 石垣は「はつり仕上げ」で梨地になっていますが、面と面の角は綺麗に加工されています。芸が細かい!!

 

Img_6771

 江戸城本丸を出て、次は北の丸に向かいます。

 写真は清水門です。手前の小さい門が高麗門形式、奥の大きい門が櫓門形式、これら二つで桝形虎口を形成し、最強の防御力ですな。

 普段はあまり人がいないのですが、桜が咲いていたため人が多かったです。

 

Img_6783

 江戸城の本丸にあった、北桔橋門の鬼瓦は天皇家の紋・菊の紋が飾られていましたが、清水門は昔から残っているためか、鬼瓦には徳川将軍家の紋・葵の紋が飾られていました。

 結構、細かいところまで見てます(笑)。

 

Img_6777

 清水門に入る前に日本武道館をバックに桜並木を鑑賞。

 桜が霞のように見えますね。綺麗です。

 

Img_6794

 田安門を出て千鳥ケ淵の桜を見学しました。

 さすがに江戸城の桜の名所です。もうこれでもか!との桜の景色でした。

 

 と、江戸城は広いので少々疲れてしまいましたが、東京都心の中にこんな素晴らしい場所があるんですねえ。

 東京に住んでいて良かったです。    

 

|

« カップヌードル シャアザク 製作記3 | トップページ | カップヌードル シャアザク 製作記4 »

コメント

 王子♪こんばんは♪
うんうん。江戸城は違うのぉ~~(・∀・)ゲヘラヘラ
烏城とはどえらい違いじゃ(・∀・)ニヤニヤ

 しっかり見たで~~≧∇≦ブハハハハハ

投稿: Mai | 2010年4月 4日 (日曜日) 00時53分

姐さん、こんばんは。
ニコタからココログまで出てきて、コメント感謝!!

また綺麗な写真を撮ったら宣伝するからね。

投稿: Seiryu | 2010年4月 5日 (月曜日) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/47986776

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の江戸城を見学:

« カップヌードル シャアザク 製作記3 | トップページ | カップヌードル シャアザク 製作記4 »