« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の4件の記事

2010年3月29日 (月曜日)

カップヌードル シャアザク 製作記3

Img_6698_2

 

 久々にカップヌードルのオマケに付いていた、1/380のシャアザクの塗装をやってました。

 シャアザクの独特のピンクを筆で何度か塗ってました。

 さすがに数回塗ると色が付いてくるのう。

 あともう1回ほど塗るとピンクは終了だな。

 その次はワインレッドを塗らなくては・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月曜日)

大阪城公園広場で地面が陥没?

 2010年3月14日の13時過ぎ、大阪城の天守閣のある広場で地面が陥没したというニュースを見たのですが・・・。

 実はオイラ、その3月14日の7時半から8時までの間、大阪城にいたんですよ。

 3月12日に大阪城に登城した際、パンフレットをゲットしたのだけど、日本語版と思っていたソレが中国語版だった。

 で、ホテルのチェックアウト前に日本語版をゲットしようと大阪城まで行ったわけです。

 朝の8時じゃ、大阪城も豊国神社も開いていないので、日本語版パンフはゲット出来なかったのですけどね。

 ネットでの写真を見たのですが、ホント、オイラがてくてくと歩いた場所が、陥没してました。

 今思えば、オイラも運が良かったなあと思いました。

 大阪城で落とし穴?に落ちたとあっては、情けないしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木曜日)

京都&大阪&和歌山遠征に出発!!

 2010年が始まって3回目の城郭遠征です。

 1回目は兵庫県城郭遠征、2回目は愛媛県城郭遠征でした。

 

 で、今回は京都の二条城、大阪の大阪城千早城、和歌山の和歌山城にて百名城スタンプラリーのスタンプをゲットしてきます。

 もっとも二条城、大阪城、和歌山城はスタンプをゲット済ですが、公式スタンプ帳には未押印なので、再度訪問することになりました。

 まあ二条城&大阪城&和歌山城は前回見損ねた場所もあるので、再登城は望むところです。

 

 時間があったら岸和田城も再登城したいなあ。

 ということで、あと1時間もせずに遠征開始です・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月曜日)

同時にいくつまで仕事がこなせるか?

 今日は3月1日・・・月の初めです。 しかも月曜日です。

 朝一番から仕事がガンガン入ってきて大変でした・・・。


 思い出してみると・・・


 1:金曜日に出しそこねた郵便物にハンコを押して発送。その記録をシステムに入力していると・・・

 2:手紙を出した相手から電話。再度の納付の依頼あり。納付書を再度作成しようとしていたら・・・

 3:手紙を出した別の相手からまた電話。これは後輩に対応をお願いする。

 4:1と2の仕事を始末しようとしていたら、またまた別の相手から電話。『なんとかしてほしい』とのこと。 手持ちの情報が不足なので、情報を得るために某都市銀行に電話。

 5:某都市銀行から回答を頂き、4のお客さんに電話したところ、電波状態が悪く、電話が切れては、再度受電といったパターンを3回繰り返す。

 6:1と2と4の仕事が完結していないのに、またまたまた別のお客さんの娘から電話。『なんとかしてほしい』とのこと。 納付書を再度作成。 さすがに今までの仕事をポカする危機感を覚えたので、特に4のお客さんには悪いが、6の仕事を優先&完結する。

 7:6の仕事が終わった時、電波状態が良好になった4のお客さんから電話。しかたない妥協点で手を打つ。
 
 8:7番の仕事を完結するために、システム入力&書類作成。 例外パターンなので慌てるとロクなことがない。 書類を作成して、持ち回りで決裁を取りに行く。

 9:決裁が少しかかるので、月初に請求されるシステム使用料の支払いをするために、システム入力&書類作成&決裁。

 10:8と9の決裁が完了するまでの時間に1と2の仕事を完結する。

 11:9の仕事は放っておいて、8番の仕事を最優先と決定。 書類と身分証明書を持って、某都市銀行に向かう。



 特急電車に乗ることは出来たが、降りるべき駅で降りそこね、遠回りで某都市銀行に向かう。 8番の仕事が完了。 事務所に戻る・・・。


 うーん、整理してみると、今日の午前中は6件の仕事が立て続けに舞い込んできたんだなあ。


 通常は優先順位を考えて、1件ずつ個別撃破するのがセオリーなのだが、電話攻撃だと仕事の個別撃破は難しいのう・・・。


 まあ、無事に失敗なく、トラブルなく終わって良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »