« 城めぐり16 土浦城(Tsuchiura Castle) | トップページ | 新年一般参賀に行ってまいりました »

2010年1月 1日 (金曜日)

城めぐり17 関宿城(Sekiyado Castle)

Img_2824  2010年の城めぐりのスタートは、いきなり1月1日(金)に登城した千葉県は野田市の関宿城です。

 

 普通、お城は年末年始はお休みなんですが、関宿城は1月1日から3日まで関宿城博物館が開いているとのネット情報でした。

 元日早々の気合いの入り具合にオイラも元日早々に登城してまいりました。

 

 関宿城までのアクセスは東武伊勢崎線の東武動物公園駅からバスにて30分、新町バス停で下車。運賃は470円です。その新町バス停から10分位歩きました。 アクセス悪っ!

 

 で、いきなりトップの写真はその新町バス停で見つけたマンホールのフタです。結構、お城のある町には、城のデザインのマンホールのフタが多いので、注意が必要です。

Img_2863  関宿城は手持ちの資料によりますと・・・1457年、古河公方足利成氏の家臣・簗田成助(やなだしげすけ)の築城と伝えられています。

 1574年以降、後北条氏の持ち城となり、徳川家康の関東入封後は家康の異父弟・松平康元が入場したとのことです。

 江戸時代には多くの譜代大名が城主として交代し、1705年に久世氏が8代続いて明治維新に至ったのことです。

 

 現在は県立関宿城博物館となっており、内部は鉄筋コンクリートの展示館となっています。

 展示の内容は戦国時代関係というより、利根川と江戸川の分岐点に建つ関宿地域の治水に関する展示が多かったです。

 入場料は大人200円でした。

Img_2875 関宿城の天守閣は江戸城の富士見三重櫓と真似て建てられたとの記録があることから、再建する際も、富士見三重櫓と同じように建てたようです。

 数ある三重櫓の中で、美しい富士見三重櫓を真似ているくらいですから、形状としてはバッチリなんですが・・・。

Img_2525

 比較出来るように、画像を掲載しました。

 こちらが翌1月2日に正月一般参賀で撮影した、皇居=江戸城内の富士見三重櫓です。

 やはり本物の方が風格があるというか、屋根の色が濃いグレーなのでメリハリがついていますし、白漆喰壁も風雨にさらされた重みというのがありますな。

Img_2854 関宿城博物館の中にあった関宿城のジオラマです。

 江戸川と利根川の分岐点にあり、この2つの川を天然の水濠にしているとの説明でしたが、縄張りを見る限り、そんなに複雑なものではなさそうです。

 なんか水攻めに遭いそうです(泣)

 天守4階は展望室になっています。

Img_2850 利根川と江戸川も眺めることが出来、また遠く富士山も眺めることができました。

Img_2916  で、関宿城を見学して初めて気がついたのですが・・・。

 現在の関宿城より川沿いに南に数百メートル行った所に、ホントの関宿城の跡地がありました。

 土手の内側にひっそりと空き地がありました。

 言われなきゃ気がつきません。

 

 帰りもバスでした。本数が少ないので、公共交通機関を利用する際は注意してくださいな。

|

« 城めぐり16 土浦城(Tsuchiura Castle) | トップページ | 新年一般参賀に行ってまいりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/47180824

この記事へのトラックバック一覧です: 城めぐり17 関宿城(Sekiyado Castle):

« 城めぐり16 土浦城(Tsuchiura Castle) | トップページ | 新年一般参賀に行ってまいりました »