« クリスマス・プレゼント | トップページ | 不二家のミルキーロールケーキを買いました »

2009年12月27日 (日曜日)

城めぐり15 大多喜城(Ohtaki Castle)

Img_2688  

 2009年12月26日(土)、青春18切符が残り4回分残っているので、千葉県の内陸部にある大多喜城に行ってまいりました。

 

 JR新宿駅発のJR総武線⇒JR千葉駅発のJR外房線と乗り継ぎ、JR大原駅で乗り換え、ローカル線のいすみ鉄道に乗って、大多喜駅まで向かいます。

 

 写真の通り、いすみ鉄道はディーゼル車で、しかも1両だけの電車です。東京出身のオイラからは珍しい光景に映ります。

 『なにもない』があります・・・と広告に載っていましたが、まあのんびりした電車でした。運転手さん、結構、よそ見していたし。

 存続の危機に瀕しているようで、大原駅から大多喜駅まで運賃が高めの520円ですが、大多喜城に向かう公共交通手段がいすみ鉄道しか無いとあっては、貴重な存在です。

 存続の為のアピールとしてムーミンとコラボしたり、沿線の観光地を紹介したりと必死な感じでした。

 

Img_2681  

 大多喜城まで徒歩で1Kmとのこと。

 大多喜駅を下車。上総中野駅方面に歩き、踏切を渡り、坂道をクネクネと登っていくと、写真の『三の丸食堂』が右手に見えます。

 『三の丸食堂』の脇道は大多喜高等学校の敷地へ続き、『三の丸食堂』の前に走る道は『メキシコ通り』といって、10分程歩いて大多喜城に迂回しつつ登っていきます。

 本来は『メキシコ通り』から行くのが正当でしょうが、グルッと迂回する上、坂道を結構歩きます。ここは大多喜高校の敷地を突破することをオススメします。

 逆に大多喜駅前の観光案内所でレンタサイクルを借りた場合は、急な坂道ではありますが、大多喜高校に自転車を置くわけにもいかないでしょうから、『メキシコ通り』から行くと良いでしょうね。

 

Img_2604 

 ちなみにこちらの写真は『三の丸食堂』から見て道路を挟んで向かい側にある、『メキシコ通り』のオブジェです。

 徒歩で大多喜城に行く人は、ここから先に行くと遠回りだぞ。

 

Img_2454  

 オイラは『三の丸食堂』の脇道から入ったので、大多喜高校敷地内に入ってしまいました。

 で、校舎脇に佇むのが、大多喜城唯一の遺構、薬医門です。

 本物ですから、東京から大多喜まで来た甲斐があったというものです。

 

Img_2610  

 薬医門をくぐり、歩いて行くと、大多喜城の天守閣が見えてきます。

 断崖絶壁を前にして、『どうやって登ろうか? 引き返すのか?』と思いましたが、大丈夫、右手から登って行けます。

 

 ちなみに写真右下にある柵で囲まれている場所は大多喜城内の大井戸でした。(後で気がついた・・・)

 

Img_2621  

 坂道を登り切ると、大多喜城天守閣が目の前に!

 大多喜城の天守閣は推定復元天守閣で、千葉県立総南博物館となっております。

 内部は大人200円で1階から3階までは展示物で、4階は展望室となっています。

 展示内容については、『この展示内容で、200円は安い!とは言えないけど、ぼったくりでもないかな・・・』といった感じでした。

 

Img_2460  

 ちょっと細部が光で飛んでしまってますが、代表的な大多喜城のアングルです。

 例によってウンチクですが、1521年に真里谷信清が『小田喜城』として築いたのが大多喜城の始まりでした。

 1590年の徳川家康の関東入封により、徳川四天王の1人、本多忠勝が安房の里見氏を牽制するために三層四階の大多喜城を築いたそうです。

 三代続いた本多氏が伊勢桑名に転封となると、諸氏が入れ替わり、最後は大河内松平氏が明治維新まで大多喜藩の藩主として続いたとのことです。

 

Img_2642  

 ちなみに当時の大多喜城のジオラマがこれ。

 城の真下の御殿のあたりが今の大多喜高校ではないかと思われます。

 結構こじんまりしてます。

 

Img_2634  

 大多喜城最上階からの眺め。

 大多喜高校の校庭に映る天守閣の影と時間から考えると東北方面の景色ですな。

 いやー、遠い所に来ちゃったなあという感じです。

 

Img_2677  

 大多喜城の見学自体は1時間もあれば十分でした。

 

 で、帰りは『メキシコ通り』方面から帰ることにしました。

 途中、二の丸公園とか鐘楼とかありましたが、城跡というにはちょっと・・・といった感じでした。

 先述のとおり、グルっと迂回して歩きました。下り坂だったのでまだマシでしたが・・・。

 写真は大多喜城の西側を守る御禁止川(おとめがわ)です。

 江戸時代、大多喜藩主が庶民に対し、この川で魚をとることを禁じており、参勤交代の際に、ここで獲れた鯉を将軍に献上していたそうです。

 鉄橋はいすみ鉄道の鉄橋です。

 

Img_2680

 

 最後に、今回のレポートにちょくちょく出てきた『メキシコ通り』ですが、由来が表示されていました。

 

 うーん、美談ですな。

 

 

 ということで、次は久留里城に行こうかなあと考えています、ハイ。

|

« クリスマス・プレゼント | トップページ | 不二家のミルキーロールケーキを買いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/47126238

この記事へのトラックバック一覧です: 城めぐり15 大多喜城(Ohtaki Castle):

« クリスマス・プレゼント | トップページ | 不二家のミルキーロールケーキを買いました »