« 稲城市に行きました | トップページ | 表札がない・・・ »

2009年5月13日 (水曜日)

松本城(Matsumoto Castle) その2

Img_4345_2  

 2008年11月の長野遠征最後の登城先は国宝4天守の一つ、松本城でした。

 写真は松本城が一番綺麗に撮影することの出来るアングルの一つです。

 少々、頭でっかちに見えるのは、天守閣最上階の周囲は当初、外欄の廊下だったのですが、寒さを防ぐために板張りになったから、とのことです。

 左から乾小天守天守閣辰巳付櫓、そして一番右にかろうじて写っているのが月見櫓です。

 

Img_4158  

 松本城本丸の内部からの写真。

 先程の写真と比べて男性的なのがお気に入りです。

 右から乾小天守天守閣辰巳付櫓月見櫓です。

 月見櫓だけ月見の宴をも催すだけあって、開放的な造りです。

 逆に天守閣以下の櫓群は下見板張りの黒壁で武骨な造りです。

 

Img_4219

 

 松本城の内部に入ります。

 現存の天守閣なので当然、木造建築です。

 かつての松本城は湿地帯にあり、地下に埋められていた柱がに腐ったため、天守閣が『く』の字に折れ曲がっていたのは有名な話。

 

Img_4151

 

 松本城のもう一つの綺麗なアングルです。

 赤い橋がオシャレです。

 

 松本城は五層天守で大きいのですが、他には黒門太鼓門くらいしか遺構がなく、すべてを見学するのに時間も体力もあまり使わなくて良い城郭です。

 

Img_4189

 

 で、遺構の一つの太鼓門です。門の左側見える大きな石が玄蕃石です。

 思えば長野遠征に向かう朝、たまたまニュースで、11月3日の文化の日は松本城太鼓門の無料開放をしているとの話を聞き、長野遠征のコースを変えた記憶があります。

 

Img_4199

 

 で、その太鼓門の中。

 木造建築による推定復元ですが・・・微妙な気持ちでした。

 もっと展示物が見たかったです。

 まあ多くの推定復元には多額な金がかかっているので感謝です。

 

Img_4249

 

 オイラが登城した11月3日の文化の日は『お城まつり』が開催されていました。

 歴代の松本城主の鎧姿に扮した来賓の方々とその他大勢のエキストラの方々が太鼓の力強い音の中、整列していました。

 

 こういう雰囲気のお祭りなら歓迎です。

 

Img_4167

 

 こちらが黒門です。

 オイラは可能な限り、他の観光客が写らないように人気が無くなってからシャッターを押すのですが、『お城まつり』では仕方がないです。

 

 

 と、まあ10時から13時間の3時間をかけての松本城の登城でした。

 残念ながら曇りでアルプスを背景にした松本城は見学できなかったですが、結構充実した登城でした。

|

« 稲城市に行きました | トップページ | 表札がない・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/45003932

この記事へのトラックバック一覧です: 松本城(Matsumoto Castle) その2:

« 稲城市に行きました | トップページ | 表札がない・・・ »