« 表札がない・・・ | トップページ | バラを見に行きました »

2009年5月23日 (土曜日)

八王子城(Hachiohji Castle)

Img_4361 

 長野城めぐり遠征から2週間後の2008年11月15日(土)、オイラの居住する東京都内にある八王子城に登城してきました。

 八王子城までのオイラのアクセスは・・・京王線高尾駅にて下車します。高尾駅北口からバスに乗り、15分位の霊園前バス停で下車。八王子城入口の交差点からテクテクと25分位あるいて、上の写真の八王子城入口に到着となります。オイラは歩くのは平気ですが、結構歩いた記憶があります。

 写真の八王子城管理棟に百名城スタンプラリーのスタンプ(赤:ゴム印)が置いてあります。余談ですが、ここのトイレが綺麗で助かりました。トイレットペーパーもたくさん置いてあって、安心して用が足せました(キタナイ話ですけど・・・)。

 

Img_4376

 

 八王子城には城主の住まいだった『居館地区』と、いざという時に立てこもる『要害地区』の2つがあるようです。

 まずは『居館地区』を楽しみます。

 八王子城は山城ですので、居館といえども、山登りをしていくことになります。

 流石に整備されていて、ハイキング気分でしたけどね。

 

Img_4391 

 八王子城のメインといえば、御主殿に続く、曳橋でしょう。

 思っていたより大きかったです。昔からこういう形だったかどうかはわからないとのことです。

 オイラが登城した時には新しくなっていましたが、それでもこの迫力にはデジカメのシャッターを何回も切ってしまいます。

 

Img_4421

 

 御主殿から見た、曳橋です。

 本来は橋の右にある柵の所に橋が懸っていたのではないでしょうか?

 

Img_4424

 

 曳橋を渡り、御主殿に向かいます。

 八王子城は戦国時代の関東の雄、北条氏の4代目、北条氏政の弟、北条氏照の本拠であり、織田信長の安土城を参考に石造りで建てたとのことです。

 確かに東日本は土塁による城が多いので、石垣の山城というのは珍しいですね。

 写真の冠木門をくぐり、御主殿後に行きますが、現在は何も残っておらず広い敷地があるだけです。

 

Img_4508

 

 御主殿の下には、御主殿の滝があります。

 1590年の豊臣秀吉による小田原征伐のうちの一つの戦いとして、前田利家・上杉景勝らの軍勢が、八王子城を攻めたとあります。

 前田・上杉ら連合軍、1万5千に対し、八王子城に籠る北条軍は農民・婦女子を含めて1000人であり、多勢に無勢、1日で全滅したとの事。

 この御主殿の滝の上で自刃をし、身を投げた人が後を絶たなかったそうです。

 ここは心霊スポットとしては有名なところとか・・・。

 写真のとおり、滝・・・という大きさではありませんでした。チョロチョロと水が流れている程度でした。

 とにかく無念にも亡くなった方々の御冥福を祈るばかりです。

 

Img_4497

 

 『居館地区』を楽しんだ後は、『要害地区』に向かいました。

 八王子城は、『お城を楽しむ』というより、『山登り』と考えた方が良いです。

 オイラの周りには、しっかりと装備した山男たちが、『昨日はイノシシが出たってなあ』とか『オレは熊にあったぞ』と喋っていたので、単なるジーパンだけの格好のオイラはかなりビビリました。

 しかも写真の『マムシに注意!』の表示はイノシシ、熊以上にビビります。会津若松城ではヘビが目の前にドサッと落ちてきたり、二本松城ではツチノコ(というより尾の切れたヘビだと思うのだが、頭でっかちのくせにオイラの人差し指のサイズしかなかった)に出会ったりした経験があるので、この表示には恐怖します。

 11月15日という秋の登城なので、マムシは活動していないと思うのですが、この表示、八王子医療センターの市外局番が無いのです!

 オイラは八王子の市外局番を知らないので、たとえ携帯電話がつながったとしても、この表示ではアウトです。表示の書き換えをぜひお願いしたいです。(ネットで調べたところ、『042』が市外局番だそうです。)

 それより、マムシに噛まれて連絡したとして、間に合うのかなあ。

 

Img_4439

 

 『要害地区』をひたすら登山します。

 八王子城本丸は手元の資料によれば標高446メートルだそうです。御主殿が標高200メートル余りなので、実際は200メートル登山になるのですが・・・。

 オイラが金子曲輪で自分で握ってきたオニギリを食べていたら、なんと! スーツ姿の初老の紳士がカバンを片手に登ってくるではありませんか!

 この方は愛知県は豊橋市の動物のお医者さんだそうで、今回、東京への出張のついでに八王子城の登城に来たそうです。

 登城が御趣味で、姫路城は6回登城していて、犬山城は自宅の近くで通勤?通学で何度も見たとのこと。

 とにかく、登るのが速い速い!革靴を履いて、重たそうなカバンを持っているのになぜ?

 ちなみに、この方とは頂上の本丸ではぐれてしまい、『要害地区』へ下山した時に再会したのですが、高尾駅からJR線で豊橋の方へ帰って行かれました。

 

Img_4448

 

 で、『要害地区』の9合目あたりかな、急に眺めが良くなります。

 残念ながら曇っていたので見栄えはソコソコなのですが、『東京にも、こういうところがあったのね』とホッとする景色でした。

 山城は一般的に天守閣は無いし、遺構も一般的に無いのですが、この眺めがあるから山城の登城はやめられないです。

 

Img_4468  

 ・・・で、本丸に着いたのですが、写真の『ほこら』だけでした。

 いや、ホントに本丸というにはあまりにも狭い敷地でした。

 

Img_4464

 

 どの位、狭いかというと、こんな感じです。まあ、オイラの部屋よりは広いか・・・。

 単なる物見台の役目だったのかなあとも感じますが、ご覧のとおり視界は遮られていますし・・・。

 

 

 ともかく、百名城の22城目を無事に登城することができました。

 現在・・・40城目なので、あと18城のレポートを書かなくてはならないのですか・・・、なんだか仕事しているみたい。

|

« 表札がない・・・ | トップページ | バラを見に行きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/45099464

この記事へのトラックバック一覧です: 八王子城(Hachiohji Castle):

« 表札がない・・・ | トップページ | バラを見に行きました »