« 現存12天守閣のDVD | トップページ | 福岡遠征に行く! »

2009年3月11日 (水曜日)

城めぐり10 大垣城(Ohgaki Castle)

  Img_1325  

 

 2009年2月15日(日)の午前中に岐阜県は大垣市にある大垣城に登城してきました。

 JR大垣駅はJR岐阜駅から電車で15分で230円と近くにありました。

 そして大垣城はJR大垣駅南口から歩いて15分位でした。

 日本百名城ではないのですが、1600年の関ヶ原の戦いの前に石田三成の西軍が徳川家康の東軍を待ち構えていた城郭として、子供の頃から頭の片隅にあったので、この機会に行くことになりました。

 上の写真は大垣城の西側の公園から撮影したもので、左から戌亥櫓、オイラ、天守閣、大垣戸田藩の初代藩主の戸田氏鉄公の銅像です。

 

Img_1223  

 戸田 氏鉄公の銅像です。

 これはオイラの中でも上位に入る出来の銅像です。(エラそうに聞こえたらスミマセン。)

 彫刻の細やかさ、動き、完璧です。

 

Img_1256  

 大垣城は大垣市街に囲まれている城郭で、外回りはダッシュすれば3分で一周できそうな大きさです。

 写真は大垣城東門です。

 残念ながら裏側です。表側は歯医者さんの看板やら、自治会の掲示板やらと生活感あふれる風景になっていたので・・・。

 

 Img_1200

 

 東門の外側から見て、右側に立っている丑寅櫓です。

 

Img_1226_2  

 こちらは冒頭にも紹介した戌亥櫓です。

 新しい石垣がゴミ袋が集まっているように見えて、少々残念。
 ゴミ捨て場じゃないって!

 撮影時は2月中旬でしたので桜は枝のみでしたが、桜の時期はとても綺麗だそうです。

 

Img_1239_2

 

 天守閣から西南方向にある櫓門です。

 

Img_1315

 

 大垣城天守閣を郭の内部から見上げます。

 高さはそこそこです。

 入場料は何と100円です。千葉城の60円に次ぐ安さです。

 しかし大垣城天守閣の内部は充実してました。100円では安すぎます!

 豊臣秀吉死後から関ヶ原の戦いまで、家康・三成の両方の視点から見ることのできるムービーや火縄銃や弓矢を実際に扱える(もちろん弾や矢は無いです)コーナーもありました。

 最上階の4階からは岐阜城や伊吹山が見えました。

 

Img_1191_2

 

 大垣城から離れますが、大垣市は『水の都』の観光都市として頑張っているようです。

 大垣城のかつての水濠が、現在の大垣市のいろいろな所に残っています。

 またかつての大垣城大手門京口門名古屋口門の跡が水濠に沿って残っています。

 しかしながら、それぞれの門の跡の位置が離れています。歩いて行くのはツライです。

 そこで大変役に立ったのは、大垣城の近くに無料のレンタルサイクルでした。ホントにものの15分程度で大垣城の門の跡にたどり着き、各々の門の説明を読むことができました。

 

 

Img_1336 

 水の都、大垣市の一つの風景が、憩いの水です。

 冷たくも、ぬるくもなく、飲み水としては合格点でした。

 

 

 ということで、無料のレンタル自転車を借りたオイラは、大垣城から30分かけて、墨俣一夜城に向かったのでした。

   

|

« 現存12天守閣のDVD | トップページ | 福岡遠征に行く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/44295209

この記事へのトラックバック一覧です: 城めぐり10 大垣城(Ohgaki Castle):

« 現存12天守閣のDVD | トップページ | 福岡遠征に行く! »