« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の8件の記事

2009年3月28日 (土曜日)

鹿児島城(Kagoshima Castle)

  Img_0513  

 

 2009年3月21日(土)の夕方と22日(日)の全日に鹿児島市内を観光してまいりました。

 メインの観光スポットは島津氏の居城・鹿児島城です。鹿児島城は別名:鶴丸城と呼ばれています。

 上の写真は早速なのですが、その鹿児島城の最も城郭らしい部分の一つの虎口です。

 大きさは身長174cmのオイラと比べて想像してくだされ。

 

Img_0506  

 現在の鹿児島城には石垣しか残されておりません。

 もっとも当時の写真が鹿児島城の案内版に表示されております。

 ホントに本丸と二の丸のシンプルな縄張りで、建築物も写真左の角櫓御楼門兵糧所と、内部の御殿くらいなものだそうです。

 その建築物も存在しない現在、『ホントに百名城なの?』という人もいますが・・・。

 そこは脳内補完で当時を思い浮かべていくしかありませんな。

 

Img_0503

 

 その脳内補完を助ける遺構の一つ、御楼門の礎石

 けっこうハッキリと残っているのでイメージしやすいですが、近くの案内版にもCGでの復元写真もあります。

  Img_0526

 

 もう一つが虎口の石垣に刻まれた銃弾跡です。

 明治新政府軍と不平士族の最大にして最後の戦い、西南戦争の戦いの跡です。

 鹿児島城の東北側の隣にある鹿児島医療センターの石垣にも案内版で紹介されていますが、やはりこちらの方が生々しかったです。

 結構派手なので『ホントかなぁ』とも感じてしまうのですが・・・。

 

Img_0519  

 鹿児島城の本丸は現在、鹿児島県立歴史資料センター黎明館になっております。

 写真の通り、思いっきり現代風の建物ですが、ここでの見どころが3つあります!

 

 ひとつ! 山城の志布志城の模型があります。これは良くできていて圧巻でした。『うわー、なんだか住みにくそう』という感じもしましたが・・・。

 ふたつ! 鹿児島城の模型があります。これもよく出てきていました。惜しむらくは黎明館内部は写真撮影禁止なのです(泣)

 みっつ! 黎明館の受付のお姉さまが素晴らしい!! オイラは日本百名城塗りつぶし同好会というサイトで情報を得てから鹿児島城に行ったのですが、噂に違わぬ受付嬢の鑑でした。

 オイラが百名城スタンプを集めていることを話すと、『隣の県立図書館にも鶴丸城のスタンプがありますよ。』と教えてくれたし、話し方も応対も星5つでしたし、何よりもスラッとして背が高く、美人でした!!

 惜しむらくは名前を聞かなかった事と、受付のお姉さまは撮影禁止ではなかったハズ(と勝手に思っているけど)なのに、写真に納めなかったことです。一生の不覚!

 

Img_0614

 

 ええっと気を取り直して・・・オイラも危うく見逃しかけたのですが、鹿児島城本丸の南西の隅に角櫓跡が残っています。

 県立図書館に近いところにあるので、受付のお姉さまに教えてもらったスタンプを押したついでに見学してきました。

 

Img_0533

 

 鹿児島城の必見スポットが石垣の東北隅の鬼門除けです。

 鹿児島城の石垣自体は10分もあれば見学できるので、この鬼門除けは見学必須です。

 たしか上田城にも鬼門除けがあったなあ。

 

Img_0559

 

 鹿児島城自体の見学は黎明館も含めて1時間は必要ないので、鹿児島市内をテクテクと歩いていきます。

 鹿児島城の東北面からスタート ⇒ 薩摩義士の碑(岐阜三川の治水工事で亡くなった薩摩藩士の碑) ⇒ 西郷隆盛終焉の地(上の写真) ⇒ 西郷隆盛洞窟 ⇒ 城山頂上 と歩いていきました。

 城山自体は高くない山なので、上記のスポットを見ながらでも40分程度でした。(オイラの場合、雨の日で遠回りしたり戻ったりしたので40分かかっています。)

 

Img_0570

 

 で、雨の中、苦労して城山に登ったのですが・・・桜島は見えませんでした(泣)

 前日、前々日は晴れていたのですが・・・。

 ま、鹿児島の街並みが見れたので良しとしますか。

 

 この後、城山の南西側、照国神社へ向かう階段を降りていきました。結構急な階段でした。こちらから登ることを考えるとゾッとします。

 そうそう、照国神社の帰り、照国神社前の交差点の角に『三平ラーメン』という黒味噌ラーメンの店があったので昼食をとりました。チャーシューはとろけるようだし、黒味噌のスープはご飯と合うし、辛子味噌を追加すると更に旨かった。思わずお土産に買ってしまいました。

 

Img_0469

 

 鹿児島の街は銅像が多いです。

 何だか水戸城の訪問時を思い出します・・・って、オイラまだブログで水戸城のレポートしてないや。

 写真は薩摩の英雄、西郷隆盛像でごわす。

 訪れた人々すべてがシャッターを切っていました。

 そりゃ日本史でのトップクラスの有名人だからなあ。

 

Img_0421_3

 

 西郷隆盛像の視線の先には小松帯刀の銅像もあります。

 で、この小松帯刀の視線の先には照国神社がありまして、島津斉彬公の銅像もあったりする。

 

Img_0393

 

 銅像といえば、鹿児島中央駅から歩いて数分の甲突川のそばに大久保利通像も立っています。

 結構、ポーズがカッコイイ。写真は掲載しませんが、五代友厚像もイカしたポーズでした。

 

 鹿児島って英雄をたくさん輩出しているだけあって、銅像が多いです。

 

 

 最後に・・・オイラの城めぐりブログは資料的価値は一切ありませんが、実際に歩いて感じたことは正直に書こうかと思っております。

 で、今回、オイラがホテルのベッドの上で一生懸命に考えた『鹿児島市の歩き方』を紹介しようかと思います。

 オイラは霧島市に宿があり、東京への帰る手段はもちろん鹿児島空港でした。霧島市の宿をチェックアウト後、JR線にて鹿児島市へ向かったので、鹿児島空港から離れてしまうことになります。

 

 まず、オイラは鹿児島駅を経由して鹿児島中央駅まで行ってしまいました。

 鹿児島中央駅を降りると、観光案内所があるので、そこで鹿児島観光マップをゲットすべきでしょう。鹿児島市の地図は結構頭の中にイメージできないので、必須アイテムです。(もっともオイラは前日、霧島市の宿にて観光マップを入手済だったので、観光ルートを考えられたのですが・・・)

 そして鹿児島中央駅の東口(港の方ですな)の道路を挟んで向かい側には高速バス発着所があります。そこにはコインロッカーがあるので、お土産や着替え等、観光に不要なデッドウェイトを預かっておきます。(300円でした。)

 オイラが訪問したときは雨だったので使えませんでしたが、鹿児島中央駅には有料のレンタル自転車もありました。これが使えれば機動力がアップします。無謀とも思いましたが、オイラは自転車で鹿児島駅から数キロ離れた島津氏の大名庭園・仙厳園も行くつもりでした。

 ともかく鹿児島中央駅から歩くなり、市電を使うなりすれば、大久保利通像維新ふるさと館キリスト教伝来の地(ザビエル像)小松帯刀像西郷隆盛像鹿児島城と回ることができます、というより、できました。

 新婚のツカちゃんには『鹿児島中央駅から鹿児島城まで歩いたのー!?』と驚かれましたが、観光に夢中なら、あっという間だよ、たぶん。オイラは江戸城、大阪城、名古屋城と外堀を一周しているからね、平気平気。

 鹿児島城を見たら、今回のレポートの様に薩摩義士の碑西郷隆盛終焉の地西郷隆盛洞窟城山頂上照国神社島津斉彬公像と見ることができます。

 観光を終了したら、市電(運賃一律160円)に乗って、鹿児島中央駅に向かって、コインロッカーの荷物を回収、運賃1200円の鹿児島空港行きの高速バスが、1時間に6本出ているから、それに乗って1時間程度で鹿児島空港に到着します。

 

 ・・・と、後半は『文字情報のみ』ですが、まあ参考になれば、オイラの旅も更に充実したものだったということです、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木曜日)

遂にダウン!

 本日は平日ですが、真昼間から記事を書いてます。

 

 昨日の午後から本日一日、お休みをいただきました。

 

 昨日の銀行帰りから吐き気があり、フラフラでした。と言いながら昼ごはんの中華料理の鳥のから揚げ唐辛子マヨネーズ和えはバッチリ食べられたのですが・・・。

 

 たぶん、精神的なものです。

 職場の同僚に『お前、顔が悪いぞ・・・じゃなかった顔色が悪いぞ』と言われちゃいました。

 

 3月の土日は全部自宅休養はできなかったから、疲れがたまったのかも・・・。

 鹿児島遠征で、日曜日と土曜日に鹿児島中央駅から鹿児島駅まで歩いて、しかも城山にも登ったし・・・(鹿児島出身のツカちゃんには『歩いていったのー!』と驚かれた。)

 

 ま、とにかく休養します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島遠征報告(お城は別だよ)

Img_0314  

 2009年3月21日にアカツキの会のメンバーのツカちゃんの結婚式がありました。

 オイラはアカツキの会の代表者として、スピーチを頼まれ、鹿児島に行ったのであった。

 決して日本百名城スタンプラリーの鹿児島城のスタンプをゲットするのがメインな目的ではないので、誤解なきよう。

 

 会場は霧島市のとあるホテルでした。

 オイラはホテル内の教会に集合時間の30分前に到着して、上の写真=リハーサルの写真も撮影できていたにも関わらず、スピーチの練習の仕上げに没頭した結果、式の開始に間に合わなかったというおバカさんでした。

 ツカちゃんの奥さんはスラっとしていて、背が高く、綺麗系の人だった。ホントはいろいろと書きたいのだが、個人情報を大切にするのがポリシーなので、やめときます。

 

Img_0334 

 まあ、思ったのは結婚式は新婦が主役なんだなあということ。

 白いタキシード、白い手袋、白い靴と上から下まで、城ずくめ・・・じゃない白ずくめのツカちゃん・・・公開罰ゲーム、とてもステキでした、ハイ。

 オイラは絶対に・・・オイラも結婚したら城ずくめじゃなかった、白ずくめに喜んでなりマス(半泣・・・それより相手を探せ)

 

Img_0347

 

 そうそう、スピーチの方ですが、オイラはトップバッターでした。

 アカツキの会のキムチ鍋パーティの話をしたり、名古屋旅行の積み立ての話をしたり、またアドリブを利かせてしまいました。

 後で聞いたところ、オイラのスピーチで宴が盛り上がったとのことなので、重大任務を遂行できて安心しました。

 

 上の写真は鹿児島といえば桜島でございます。霧島市側から見た北側の桜島です。

 こんな堂々とした桜島を見て、新郎新婦は育ったんだね。ツカちゃんの人柄の理由がわかったような風景でした。

 

 アカツキの会のレポートは以上です。あとは定例会で根掘り葉掘り聞きなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金曜日)

鹿児島遠征に行く!

 ブログの更新が滞っています。

 というか、更新する暇がないです。公私ともにやることが多いです。てんてこ舞いです。

 

 先週の土日は東京博多間を飛行機で往復しました。

 福岡城は5度目の訪問、百名城スタンプもゲットしました。

 

 志賀島の金印公園にも行きました。太宰府政庁跡にも行きました。大野城のスタンプもゲットです。大野城は登っていないけど・・・・。

 太宰府天満宮にも行きました。

 

 

 で、今日は12時半の飛行機で鹿児島に2泊3日の遠征です。

 同期グループ、アカツキの会のメンバーの結婚式です。

 

 オイラはスピーチもします。ちょうど3分でおさまりそうなスピーチです。もっともっと練習をして、仕上げなくちゃ。

 

 そして鹿児島城も見に行きます。百名城スタンプもゲットして、35城目を制覇する予定です。

 

 あー、忙しい、忙しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金曜日)

福岡遠征に行く!

 2009年3月の土日は忙しいです。

 3月7日と8日は仕事でした・・・。

 そして3月14日と15日は別件の用事にて、福岡に行くことになりました!

 福岡といえば福岡城

 過去に3回くらい登城していますが、その毎回、日本百名城スタンプラリーのスタンプを押していません・・・(泣)

 

 ホントに昔の自分に対して叱りつけたい・・・。

 

 前回の登城は2008年6月末でした。

 潮見櫓の回りはブルーシートで囲まれていました。2000年に潮見櫓の近くの橋大手門が炎上し、その復元工事をしていたそうです。

 その復元も2008年11月に終了し、公開されているとのこと。

 

 福岡城がオイラを待っている(ワケないが・・・)

 時間に余裕があれば・・・大野城も行きたいなあ。

 ここも一昨年、太宰府天満宮に訪問しておきながら、スタンプを押していないんですもの。

 

 ホントに過去の自分を叱ってやりたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水曜日)

城めぐり10 大垣城(Ohgaki Castle)

  Img_1325  

 

 2009年2月15日(日)の午前中に岐阜県は大垣市にある大垣城に登城してきました。

 JR大垣駅はJR岐阜駅から電車で15分で230円と近くにありました。

 そして大垣城はJR大垣駅南口から歩いて15分位でした。

 日本百名城ではないのですが、1600年の関ヶ原の戦いの前に石田三成の西軍が徳川家康の東軍を待ち構えていた城郭として、子供の頃から頭の片隅にあったので、この機会に行くことになりました。

 上の写真は大垣城の西側の公園から撮影したもので、左から戌亥櫓、オイラ、天守閣、大垣戸田藩の初代藩主の戸田氏鉄公の銅像です。

 

Img_1223  

 戸田 氏鉄公の銅像です。

 これはオイラの中でも上位に入る出来の銅像です。(エラそうに聞こえたらスミマセン。)

 彫刻の細やかさ、動き、完璧です。

 

Img_1256  

 大垣城は大垣市街に囲まれている城郭で、外回りはダッシュすれば3分で一周できそうな大きさです。

 写真は大垣城東門です。

 残念ながら裏側です。表側は歯医者さんの看板やら、自治会の掲示板やらと生活感あふれる風景になっていたので・・・。

 

 Img_1200

 

 東門の外側から見て、右側に立っている丑寅櫓です。

 

Img_1226_2  

 こちらは冒頭にも紹介した戌亥櫓です。

 新しい石垣がゴミ袋が集まっているように見えて、少々残念。
 ゴミ捨て場じゃないって!

 撮影時は2月中旬でしたので桜は枝のみでしたが、桜の時期はとても綺麗だそうです。

 

Img_1239_2

 

 天守閣から西南方向にある櫓門です。

 

Img_1315

 

 大垣城天守閣を郭の内部から見上げます。

 高さはそこそこです。

 入場料は何と100円です。千葉城の60円に次ぐ安さです。

 しかし大垣城天守閣の内部は充実してました。100円では安すぎます!

 豊臣秀吉死後から関ヶ原の戦いまで、家康・三成の両方の視点から見ることのできるムービーや火縄銃や弓矢を実際に扱える(もちろん弾や矢は無いです)コーナーもありました。

 最上階の4階からは岐阜城や伊吹山が見えました。

 

Img_1191_2

 

 大垣城から離れますが、大垣市は『水の都』の観光都市として頑張っているようです。

 大垣城のかつての水濠が、現在の大垣市のいろいろな所に残っています。

 またかつての大垣城大手門京口門名古屋口門の跡が水濠に沿って残っています。

 しかしながら、それぞれの門の跡の位置が離れています。歩いて行くのはツライです。

 そこで大変役に立ったのは、大垣城の近くに無料のレンタルサイクルでした。ホントにものの15分程度で大垣城の門の跡にたどり着き、各々の門の説明を読むことができました。

 

 

Img_1336 

 水の都、大垣市の一つの風景が、憩いの水です。

 冷たくも、ぬるくもなく、飲み水としては合格点でした。

 

 

 ということで、無料のレンタル自転車を借りたオイラは、大垣城から30分かけて、墨俣一夜城に向かったのでした。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火曜日)

現存12天守閣のDVD

Img_0004_2  

 3月6日に携帯電話の設定を携帯ショップに依頼した帰り、本屋さんで上の写真のDVDを980円で購入しました。

 現存12天守とは・・・

 1:姫路城(国宝&世界文化遺産)
 2:松本城(国宝)
 3:彦根城(国宝)
 4:犬山城(国宝)
 5:弘前城
 6:丸岡城
 7:備中松山城
 8:松江城
 9:丸亀城
 10:伊予松山城
 11:宇和島城
 12:高知城

 ・・・と説明するまでもないのですが・・・。

 

 2枚組のDVDで合計150分の動画&映像がなかなか楽しめました。1000円分のモトは取りました。

 既に登城した国宝4城については、思い出を反芻したり・・・未登城については、将来の準備としたり・・・。

 

 犬山城が『全国的に珍しい個人所有の城』と紹介されていることから、『あー、ちょっと前に発売されたものね』と思うのですが・・・。

 

 自宅のDVDプレイヤーやWindowsパソコンで見られるので、ドイツの従兄弟にも送ってあげようっと。

 問題はALL日本語な点であるけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日曜日)

岐阜城(Gifu Castle)

Img_1559  

 本来は2008年11月の長野遠征の報告の続き、上田城・松代城・松本城の報告が先なんですが・・・。

 アカツキの会の名古屋旅行に先駆け、緊急に名古屋周辺のレポートです。

 

 2009年2月15日(日)、愛知滋賀岐阜遠征の最終日は岐阜城にいってまいりました。

 2月13日、14日ともに天気が良くなかったため、宿を名鉄岐阜駅周辺にとっておきながら、岐阜城には登城しなかったのですが、上の写真:岐阜城天守閣を見る限り、その計画は成功といったところでしょうか。

 また岐阜城の天守閣の撮影は太陽光の方向の関係上、午後が良いとの情報を、日本百名城スタンプラリーの同好会から得ておりましたので、(その情報は当ブログにもおいでくださるビザ皇帝さんからのものです。感謝!)見事なキャッスルブルーを背景とした写真を撮影することができました。

 

Img_1447

 

 JR岐阜駅または名鉄岐阜駅からバスで15分も走ると岐阜公園歴史博物館前に到着します。

 さて、岐阜城は標高328メートルの金華山の頂上に建っております。

 登山していく人もいますが、オイラは14時に到着したので、ロープウェイで登りました。

 岐阜でのホテルで割引券をもらったので1050円のところ950円でした。

 

Img_1457

 

 ロープウェイ乗り場に行く前に織田信長の屋敷跡がありました。

 オイラが行った時はで立ち入り禁止となっておりました。

 近くには織田信長の銅像や岐阜で暴漢に襲われ『板垣死すとも自由は死せず』と有名な言葉を残した板垣退助の銅像がありました。

 

Img_1481

 

 ロープウェイを降りて、天守閣まで登り道です。

 写真は二の丸門跡です。

 関ヶ原の戦いの前の岐阜城攻略戦の舞台です。

 西軍についた岐阜城主・織田秀信(信長の孫ですな)と東軍の福島正則と池田輝政との間で繰り広げられました。

 ちょっと感慨深く思いました。

 

Img_1572

 

 岐阜城は山の上という狭い領域にあるので、結構短時間で見学できてしまいます。

 写真は再建された土塀です。

 

Img_1486

 

 で、岐阜城天守閣に登っていきます。入場料は200円でした。

 まあ天守閣だけですので、200円が妥当なところかな。

 天守閣内はやはり斎藤道三と織田信長にまつわる展示が多かったですね。

 

Img_1533

 

 岐阜城の最上階に登りました。

 写真は岐阜城の天守閣から東側を眺めたもの。

 流れる川は長良川です。

 おおおーっ! 絶景じゃ!

 やはり山城の醍醐味は下界を見下ろせることですね。

 

Img_1522_2

 

 こちらは岐阜城の天守閣から南西側を眺めたもの。

 この長良川に沿ってゆくと、岐阜城に行く前に登城した墨俣一夜城(後日レポート予定)にたどり着きます。

 長良川沿いではないですが、同じく大垣城はこの方向ではないかな。

 

Img_1529

 

 で、こちらが岐阜城の南側を眺めたもの。

 うっすら見えるのが木曽川

 この木曽川をさかのぼって(つまりは左側へ進んで)行くと、一昨日途上した犬山城へ辿りつく訳ですな。

 今回の旅した城郭が連結していくのが楽しいです。(もっとも自分の想像だけの産物ですが・・・)

 

Img_1575

 

 で、これが岐阜城天守閣からスグの資料館です。

 櫓の形になってますが、天守閣同様に鉄筋コンクリート造りでした。

 岐阜城天守閣で入場券を購入してからでないと、資料館には入場できません。

 展示物はあまりないのですが、日本百名城スタンプが置いてあるので、入場必須です。

 

 駆け足ながら、ひと通り岐阜城の見学が終わったのが16時でした。ロープウェイに急いで飛び乗り、そのままJR岐阜駅へ向かいました。

 そこからJR名古屋駅に向かい、17時22分発の東京行のひかり号で帰り、自宅着は20時15分でした。

 4時間で岐阜から東京に帰られるんだ・・・現代ってスゴイ時代だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »