« 犬山城(Inuyama Castle) | トップページ | 岐阜城(Gifu Castle) »

2009年2月22日 (日曜日)

名古屋城(Nagoya Castle)

Img_0225  

 2009年2月13日に名古屋城に登城しました。2005年の愛・地球博以来の2度目の登城です。

 名古屋へは新宿から23時発の夜行高速バス(¥5,100ナリ)にて向かい、朝7時前には名古屋城に到着していました。

 

Img_0127

 

 名古屋城の開城は9時からなので、7時から9時までの時間は名古屋城の東南にある市役所駅から反時計まわりで、名古屋城の外濠を徒歩にて回っていました。

 

Img_0063  

 で、名古屋城の外濠から見学できるのが、写真の西北隅櫓、別名:清州櫓です。

 清洲城から移築してきたとの話ですが、その建築様式からホントかな?と疑問に思ってしまいます。

 しかしながら、最大級の三階櫓にただただ魅入ってしまいます。

 

Img_0106

 

 西北隅櫓を後にして、名古屋城正門に到着しました。

 現存の櫓門ではないですが、年季を感じさせる佇まいです。

 この時点で朝7時58分で入場はできませんから、さらに反時計まわりに回っていきます。

 

Img_0111 

 正門と市役所駅の間にある、二之丸大手二之門を見つけました。

 ここをくぐるとクランク状の道に続いて愛知県体育館が見えてきます。

 金曜日の早朝だったので、自転車で二之丸大手二之門をくぐって行く人が多かったです。

 

Img_0146 

 市営地下鉄:市役所駅に到着して、名古屋城1周が完了しました。

 東門から入場料500円を支払い、名古屋城の二の丸から入っていきます。

 写真は本丸の東南の隅に建っている、東南隅櫓です。

 

Img_0158

 

 いきなり本丸に入っても良かったのですが、『すべての遺構を目に焼き付ける』のがオイラの登城ポリシーですので、二の丸の北側にある南蛮たたき鉄砲狭間を見てきました。

 この穴の位置だと鉄砲の射撃手はうつ伏せにならないといけない気がしますが・・・。

 

Img_0181

 

 名古屋城本丸に突入します。

 写真は名古屋城を東南から眺めたものです。

 第二次大戦の空爆で焼失した本丸御殿の再建を開始していました。

 完成すれば熊本城本丸御殿と並ぶ素晴らしいものになりそうです。

 オイラも些少ながら1000円ほど本丸御殿再建の寄付をさせてもらいました。

 2017年の完全公開が楽しみですが、その時、オイラは47歳である(笑)。

 

Img_0214  

 で、名古屋城内のジオラマなんですが、これは名古屋城の北北東から眺めたもの。

 こんな感じに本丸御殿が完成するんでしょうね。

 

Img_0239

 

 名古屋城の小天守です。

 小天守という割にバカでかいです。

 中に入ると思いっきり鉄筋コンクリートで、綺麗なトイレもあります。

 何故か2階、3階には入れませんでした。

 

Img_0279

 

 名古屋城本丸の南西は名古屋城のベストアングルの一つです。

 奥に名古屋城の大天守、そして手前は西南隅櫓です。

 この空堀に鹿が数匹住んでいるのは周知の事実ですな。

 

 

 と、名古屋城内は1時間で見学を済まそうと思っていたのですが、やはり江戸城・大坂城にならぶ巨大城郭、見どころたくさんでした(今回の登城報告に掲載していない遺構も多々あります・・・)。

 

 最後に管理事務所に立ち寄り、昨年秋に『日本百名城スタンプラリーのスタンプ帳を郵送してください!』とのオイラの無理な願いを聞き届けてくれたIさんにお礼を述べて、名古屋城を後に犬山城へと向かったのでした。

|

« 犬山城(Inuyama Castle) | トップページ | 岐阜城(Gifu Castle) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/44141368

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋城(Nagoya Castle):

« 犬山城(Inuyama Castle) | トップページ | 岐阜城(Gifu Castle) »