« 名古屋旅行 事前視察報告 | トップページ | 名古屋城(Nagoya Castle) »

2009年2月21日 (土曜日)

犬山城(Inuyama Castle)

Img_0445  

 2009年2月13日に愛知県にある国宝天守閣4城の1つ、犬山城に登城してきました。

 2005年の愛・地球博のついでに犬山城に登城して以来、4年ぶりです。

 名鉄・犬山遊園駅から木曽川沿いに歩いて15分くらいで到着です。

 私の母方が犬山城主の成瀬家と関係があるため、犬山城には何かしら愛着があります。

 

Img_0373

 

 現存天守閣なので、天守閣の内部はご覧のとおりの木造ですし、階段もスペースの有効活用の為、急なものとなっています。

 

Img_0399

 

 犬山城の魅力の一つは、なんといっても天守閣最上階からの眺めです。

 こちらの写真は天守閣から東側、木曽川ツインブリッジです。

 乗用車と名鉄線が通る橋となっています。

 残念ながら2005年登城時と同じく、今回も曇った天気でした。でも、霞んでいる景色も趣があるかもしれません。

 

Img_0404

 

 こちらの写真は天守閣から西北方向になります。

 木曽川にかかるダムはライン大橋といって、乗用車と人間が渡ることができます。

 橋の向こうは岐阜県・各務原市です。

 

Img_0417

 

 天守閣の最上階には成瀬家初代の成瀬正成公より歴代の当主の肖像&写真が掲げられております。

 ちなみに犬山城の最上階に赤い絨毯が敷かれています。七代目の成瀬正壽公がオランダ商館長と親しかった故で、全国でも唯一の例とのことです。

 

Img_0453  

 2005年の登城時はそんなに犬山城の写真を撮影していませんでしたが、城めぐりを趣味とした現在、さまざまな角度から撮影していることにしています。

 やはり斜め下から見上げると天守閣って力強く感じます。

 

Img_0459

 

 また前回の登城時には無かった展示物が左の画像。

 売店内にある「CGによる犬山城の再現」という液晶テレビ画面です。

 指でなぞると犬山城を様々な方向から眺めることができる。

 下から見上げたり、鳥になった気分で上から眺めたり・・・時刻の設定で光源を朝日にしたり、夕日にしたり、と時間があったら30分は遊べそうだ。

 また犬山城自体は天守閣しか残っていないので、『あー、こんな縄張りだったのね』とイメージできるのが良いですね。

 

Img_0489

 

 犬山城を出て、犬山遊園駅から帰るのではなく、ライン大橋を渡ってから、木曽川を挟んで犬山城を眺めてきました。

 白帝城と呼ばれるだけあって、『ここは中国の山奥かしら?』と感じる風景に魅入ってしまいます。

 

Img_0510

 

 日本百名城スタンプラリーのスタンプ帳の表紙は犬山城です。(もっとも、この写真と違って、スタンプ帳は晴れている日に撮影したものですが・・・)

 流石に表紙を飾るだけありますね。

 

 だた・・・ここからの眺めは結構なんですが、歩道の幅が狭い上、歩道と車道を分けるガードレールがなく、しかも大型トラックがバンバンと通ります。

 すれ違うたびにヒヤヒヤしました。撮影する瞬間はファインダーの景色に気を取られて、特に危険なので、気をつけた方がよろしいかと。

 ついでに言えば、安全な川原で撮影していたら、飼い主につながれずに散歩していた大型犬に走り寄られた時には、マジで怖かったです。

 

 犬山城を後にしたオイラは、名鉄・新鵜沼駅から名鉄岐阜駅へと向かったのでした。

|

« 名古屋旅行 事前視察報告 | トップページ | 名古屋城(Nagoya Castle) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/44134999

この記事へのトラックバック一覧です: 犬山城(Inuyama Castle):

« 名古屋旅行 事前視察報告 | トップページ | 名古屋城(Nagoya Castle) »