« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の9件の記事

2009年2月22日 (日曜日)

名古屋城(Nagoya Castle)

Img_0225  

 2009年2月13日に名古屋城に登城しました。2005年の愛・地球博以来の2度目の登城です。

 名古屋へは新宿から23時発の夜行高速バス(¥5,100ナリ)にて向かい、朝7時前には名古屋城に到着していました。

 

Img_0127

 

 名古屋城の開城は9時からなので、7時から9時までの時間は名古屋城の東南にある市役所駅から反時計まわりで、名古屋城の外濠を徒歩にて回っていました。

 

Img_0063  

 で、名古屋城の外濠から見学できるのが、写真の西北隅櫓、別名:清州櫓です。

 清洲城から移築してきたとの話ですが、その建築様式からホントかな?と疑問に思ってしまいます。

 しかしながら、最大級の三階櫓にただただ魅入ってしまいます。

 

Img_0106

 

 西北隅櫓を後にして、名古屋城正門に到着しました。

 現存の櫓門ではないですが、年季を感じさせる佇まいです。

 この時点で朝7時58分で入場はできませんから、さらに反時計まわりに回っていきます。

 

Img_0111 

 正門と市役所駅の間にある、二之丸大手二之門を見つけました。

 ここをくぐるとクランク状の道に続いて愛知県体育館が見えてきます。

 金曜日の早朝だったので、自転車で二之丸大手二之門をくぐって行く人が多かったです。

 

Img_0146 

 市営地下鉄:市役所駅に到着して、名古屋城1周が完了しました。

 東門から入場料500円を支払い、名古屋城の二の丸から入っていきます。

 写真は本丸の東南の隅に建っている、東南隅櫓です。

 

Img_0158

 

 いきなり本丸に入っても良かったのですが、『すべての遺構を目に焼き付ける』のがオイラの登城ポリシーですので、二の丸の北側にある南蛮たたき鉄砲狭間を見てきました。

 この穴の位置だと鉄砲の射撃手はうつ伏せにならないといけない気がしますが・・・。

 

Img_0181

 

 名古屋城本丸に突入します。

 写真は名古屋城を東南から眺めたものです。

 第二次大戦の空爆で焼失した本丸御殿の再建を開始していました。

 完成すれば熊本城本丸御殿と並ぶ素晴らしいものになりそうです。

 オイラも些少ながら1000円ほど本丸御殿再建の寄付をさせてもらいました。

 2017年の完全公開が楽しみですが、その時、オイラは47歳である(笑)。

 

Img_0214  

 で、名古屋城内のジオラマなんですが、これは名古屋城の北北東から眺めたもの。

 こんな感じに本丸御殿が完成するんでしょうね。

 

Img_0239

 

 名古屋城の小天守です。

 小天守という割にバカでかいです。

 中に入ると思いっきり鉄筋コンクリートで、綺麗なトイレもあります。

 何故か2階、3階には入れませんでした。

 

Img_0279

 

 名古屋城本丸の南西は名古屋城のベストアングルの一つです。

 奥に名古屋城の大天守、そして手前は西南隅櫓です。

 この空堀に鹿が数匹住んでいるのは周知の事実ですな。

 

 

 と、名古屋城内は1時間で見学を済まそうと思っていたのですが、やはり江戸城・大坂城にならぶ巨大城郭、見どころたくさんでした(今回の登城報告に掲載していない遺構も多々あります・・・)。

 

 最後に管理事務所に立ち寄り、昨年秋に『日本百名城スタンプラリーのスタンプ帳を郵送してください!』とのオイラの無理な願いを聞き届けてくれたIさんにお礼を述べて、名古屋城を後に犬山城へと向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土曜日)

犬山城(Inuyama Castle)

Img_0445  

 2009年2月13日に愛知県にある国宝天守閣4城の1つ、犬山城に登城してきました。

 2005年の愛・地球博のついでに犬山城に登城して以来、4年ぶりです。

 名鉄・犬山遊園駅から木曽川沿いに歩いて15分くらいで到着です。

 私の母方が犬山城主の成瀬家と関係があるため、犬山城には何かしら愛着があります。

 

Img_0373

 

 現存天守閣なので、天守閣の内部はご覧のとおりの木造ですし、階段もスペースの有効活用の為、急なものとなっています。

 

Img_0399

 

 犬山城の魅力の一つは、なんといっても天守閣最上階からの眺めです。

 こちらの写真は天守閣から東側、木曽川ツインブリッジです。

 乗用車と名鉄線が通る橋となっています。

 残念ながら2005年登城時と同じく、今回も曇った天気でした。でも、霞んでいる景色も趣があるかもしれません。

 

Img_0404

 

 こちらの写真は天守閣から西北方向になります。

 木曽川にかかるダムはライン大橋といって、乗用車と人間が渡ることができます。

 橋の向こうは岐阜県・各務原市です。

 

Img_0417

 

 天守閣の最上階には成瀬家初代の成瀬正成公より歴代の当主の肖像&写真が掲げられております。

 ちなみに犬山城の最上階に赤い絨毯が敷かれています。七代目の成瀬正壽公がオランダ商館長と親しかった故で、全国でも唯一の例とのことです。

 

Img_0453  

 2005年の登城時はそんなに犬山城の写真を撮影していませんでしたが、城めぐりを趣味とした現在、さまざまな角度から撮影していることにしています。

 やはり斜め下から見上げると天守閣って力強く感じます。

 

Img_0459

 

 また前回の登城時には無かった展示物が左の画像。

 売店内にある「CGによる犬山城の再現」という液晶テレビ画面です。

 指でなぞると犬山城を様々な方向から眺めることができる。

 下から見上げたり、鳥になった気分で上から眺めたり・・・時刻の設定で光源を朝日にしたり、夕日にしたり、と時間があったら30分は遊べそうだ。

 また犬山城自体は天守閣しか残っていないので、『あー、こんな縄張りだったのね』とイメージできるのが良いですね。

 

Img_0489

 

 犬山城を出て、犬山遊園駅から帰るのではなく、ライン大橋を渡ってから、木曽川を挟んで犬山城を眺めてきました。

 白帝城と呼ばれるだけあって、『ここは中国の山奥かしら?』と感じる風景に魅入ってしまいます。

 

Img_0510

 

 日本百名城スタンプラリーのスタンプ帳の表紙は犬山城です。(もっとも、この写真と違って、スタンプ帳は晴れている日に撮影したものですが・・・)

 流石に表紙を飾るだけありますね。

 

 だた・・・ここからの眺めは結構なんですが、歩道の幅が狭い上、歩道と車道を分けるガードレールがなく、しかも大型トラックがバンバンと通ります。

 すれ違うたびにヒヤヒヤしました。撮影する瞬間はファインダーの景色に気を取られて、特に危険なので、気をつけた方がよろしいかと。

 ついでに言えば、安全な川原で撮影していたら、飼い主につながれずに散歩していた大型犬に走り寄られた時には、マジで怖かったです。

 

 犬山城を後にしたオイラは、名鉄・新鵜沼駅から名鉄岐阜駅へと向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋旅行 事前視察報告

 オイラのブログの更新が滞っておりました。

 2009年2月13日から15日の名古屋・犬山・彦根・安土・岐阜遠征・・・やっぱり疲れたです。

 

 写真の整理やベストショットの写真印刷、城資金の清算、百名城塗りつぶし同好会への報告、そしてブログへの報告・・・1週間経った今も終わっていません。

 

 で、今回のオイラの名古屋への遠征・・・これが奇しくも我が社の同期4人組『アカツキの会』が今年7月に実施予定の『名古屋旅行』の事前視察になったようです。

 毎月給料日に3000円ずつ積み立てて準備していますが、その参考にでもなればと。

 

Img_0180

 上の写真は名古屋城の天守閣です。

 なんと! 現在、第二次大戦の空爆により焼失した本丸御殿の再建を開始しています。

 今は御殿再建の前の宅地造成といった感じでしょうか。2010年に本丸御殿の玄関の公開予定、全てが完成するのは2017年だそうです。

 名古屋城のベストショットといえる、大天守と小天守の並び立つ風景が、現在、こんな感じとなっております。

 もっとも、クレーンも動いていますし、立入禁止の柵の隙間から写真撮影できるけど、土のうはハッキリと映ってしまいます。

 

Ngy025 

 この写真は2005年の愛・地球博の際、撮影した名古屋城・大天守・小天守のベストショット・・・なのですが、名古屋城象徴の金のシャチホコが載っていません。

 博覧会の期間中は金のシャチホコは天守閣の中におろされて、展示されていたのです。

 

 つまり・・・オイラはいまだにノーマルな名古屋城を撮影したことがない!

 ま、どうでもいいか、オイラの話なんぞ・・・。

 

Img_0102

 オイラは23日発の夜行高速バスで、朝6時に名古屋に到着しました。

 そのため、名古屋城開門の9時まで、じっくりと名古屋城の周囲をぐるりと一周できました。

 

 スタート地点が上の地図の左下:市営地下鉄市役所前駅で、反時計廻りで2時間弱かけています。

 もちろん写真撮影しながらだったので、ササッといくなら1時間半で十分かも。

 

Img_0061

 名古屋城の周囲を回ることで見られるのが、上の写真の西北隅櫓です。別名清洲櫓ですな。

 たしか三階櫓の中では日本最大ではなかったかな?

 西北隅櫓は名古屋城内側からでも見られるけど、やはり隅櫓は外側から見ないとね。

 場所は先ほどの市役所駅から見て、名古屋城をはさんで対角線上の真反対の位置にあります。

 

Img_0128  

 名古屋城を一周して感じたのが、野良猫の多いこと多いこと。

 記憶では20匹くらいの野良猫と出会ったかな?

 なんと野良ネコ用のカプセルホテル(写真のものは最大級のもの)がゴロゴロとおいてありました。

 名古屋城は野良猫に優しい城郭なのである。

 

 ・・・とまあ、結局、名古屋にいたのは4時間くらいで、名古屋城にしか行っておりません。

 『アカツキの会』の名古屋遠征のメインディッシュとなる予定の、熱田蓬莱軒のひつまぶしは食べませんでしたし、味噌カツも、天むすも、きしめんも、ういろうも食べておりません。

 その他に事前視察して分かったのは・・・

 1:岐阜駅が案外近い。
 2:犬山遊園駅も案外近い。
 3:清洲城はもっと近い。

 の3つでした。

 『アカツキの会』の諸君、岐阜と犬山のレポートが必要なら、当ブログ上で公開しますぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月曜日)

愛知・岐阜・滋賀遠征の支出額

 2009年2月13日から15日の愛知・岐阜・滋賀遠征の支出額が出ました。

 

 51,265円でした。

 

 目的別支出が・・・

  1 飲食費  4,920円( 9.6%)
  2 交際費  5,235円(10.2%)
  3 交通費 21,750円(42.4%)
  4 宿泊費 10,080円(19.7%)
  5 設備費  3,180円( 6.1%)
  6 入場料  3,180円( 6.2%)
  7 役務費  2,950円( 5.8%)

 といった感じッス。

 今回、大きかったなあと思ったのが役務費で、犬山城と彦根城でお土産を自宅まで配送したため。

 また、飲食費でペットボトルのお茶だのジュースだの9本も飲んでいたのが、増加の原因かな。

 

 日本百名城、一般の城に関係なく、スタンプラリー参加前から数えると、登城した城郭が50以上になりました。

 

 そして、城郭巡りにかけた費用が30万円を超えました。ちなみに百名城以外の城郭への登城費用も含んでいるので、日本百名城にかけた費用を抽出すると、現時点で26万円強になります。

 で、現在の百名城スタンプが32個なので、単純計算すれば80万円くらいになるのでしょうか?

 しかし・・・現在の32個の百名城はオイラの拠点の関東甲信越にあるものが多いので、100万円を超えてしまうのかもしれません。

 

 とにかく金のかかる道楽です・・・泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木曜日)

犬山遠征へ

今、新宿へ向かう電車の中です。

初めて高速バスを使います。先日の風邪の原因となったマンガ喫茶宿泊で、バスの中でも眠れるかなと思ったもんで…。

早朝の名古屋城は見られるか分かりませんが、ご先祖様の犬山城への再登城が楽しみです。

天気予報はあまり良い事を言わないけど、晴れるといいナ。

ほんじゃ、行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水曜日)

小諸城(Komoro Castle)

Img_3699_2

 

 3ケ月前の2008年11月1日~3日の3連休の話になりますが、長野県登城の遠征に行っていました。

 

 小諸・上田・松代へ行くことは決めていました。

 しかし、たまたまニュースで、この3連休中に国宝・松本城の太鼓櫓の内部が無料開放されているという話を聞き、松本城も行くことと相成りました。

 

 で、上の写真は小諸城の三の門になります。

 各種ツアーのパンフレットでも、小諸と言えば、この三の門が表紙に掲載されるみたいです。オイラは知らなかったけど・・・。

 

 パンフレットによると、小諸城は全国的にも珍しい『穴城』という形態の城で、城下町より城の方が低い所にあるといいます。

 確かに、この三の門の手前は微妙に下り坂になっていて、『ふーん、穴城ね』とつぶやいてしまいますが、そんな予備知識がなければ全く気付かないでしょうね。

 

Img_3556

 

 小諸城の三の門をくぐる前に、実は大手門を訪問していました。

 

 大手門の上の櫓内はちょっとした展示室になっていました。

 10分もあれば見終わってしまうんだけどね。

 

 右隣りの石垣は登ってはダメといわれておりましたが、オイラ、平気で登りました。結構眺めが良かったりする。

 登るんだったら自己責任でね。

 

Img_3572

Img_3670_2 

 オイラが小諸城に登城した時期は紅葉が色とりどりの季節でした。

 緑、黄緑、黄色、オレンジ、赤と紅葉の織りなすグラデーション、そして青空と白い雲がそれを引き立ててくれて、ホントに綺麗でした。

 

 小諸城の中を進み切ると,絶景が眺められる2つの展望台にたどり着きます。

 

Img_3618

 

 上の写真は富士見台の展望台から見た景色です。本物は綺麗でしたが、写真の腕が伴わないので、こんな感じです。

 

Img_3642

 

 もう一つの不開門の展望台から眺めます。

 千曲川とダムが見えますね。

 

Img_3684

 

 小諸城の天守台になります。

 あまり大きくないうえに、石垣の間の隙間が結構開いています。

 天守台の上に乗るのを敬遠する人もいますが、オイラはOKでした。

 

 

 天守閣はないけれど、紅葉と石垣に風情があり、古城・小諸城というイメージが頭の中に残りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月曜日)

3台目のデジカメ入手しました

Img_5059  

 初代のデジカメが静岡県三島市でダイビングして故障してから、約1ケ月後、3台目のデジカメが我が家にやってきました。

 

 機種は CanonPowerShot A1000IS です。

 10万画素です、すごいなあ。初代デジカメは3万画素、2台目は7.1万画素ですもん。

 型落ちしてますが、送料込で17,313円でした。

 2台目の方が握りやすいですけど・・・・まあ満足してます。

 

 実は・・・1月17日にAmazonに同じ機種を注文したのですが、20日も待たされた挙句の2月6日に『実は在庫がありませんでした』というキャンセルのメールが来ていました。

 

 カメラのケースは先行して配達されていたので、『カメラが来ないんじゃ、意味ないじゃん!』とAmazonにツッコんでやりました。

 

 たまたま北海道のSDS-WAVEさんという店が同じ機種を安売りしていたので、即ゲットしました。

 Amazonでは入手できなかった、お気に入りの青色モデルだったのも、雨降って地固まるといった結果で良かったです。

 

 

 ま、ともかく城郭めぐりが再開できそうです。今度こそ遠征だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また年齢を重ねました・・・訂正版

 前回のブログで、オイラは・・・

 本日2月8日はオイラの誕生日です。最後の30代を楽しみたいと思っております。

 と書いていましたが、重要な間違いを発見しました。

 

 

 オイラは2009年2月8日で39歳になったのであって、40歳にはまだ1年ある!!

 

 まだだ、まだ終わらんよ!(by クワトロ=バジーナ)とシブトイ・・・ではなくシブイ大人になっていこうと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日曜日)

また年齢を重ねました

 2009年もあっという間に1月が過ぎ去ってしまいましたなあ。

 

 で、2月・・・はじめてのブログなのですが・・・。

 オイラ、2月早々に喉風邪をひいてしまい、そこから2月3,4,5日と3日連続の有給休暇をとる羽目になりました。

 喉風邪から熱になり、ひどい目にあいました。

 

 インフルエンザでなく、単なる風邪だったのが不幸中の幸いで、休暇中も食欲は旺盛、便通も通常でした。

 

 

 しかし・・・2月6日から2泊3日を予定していた、犬山&岐阜&彦根遠征はまたしても中止!となったのでした。

 

 で、本日2月8日はオイラの誕生日です。最後の30代を楽しみたいと思っております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »