« 手製弁当 4作目 | トップページ | 高崎に行ってきました&岐阜方面へ遠征します »

2009年1月20日 (火曜日)

金山城(Kanayama Castle)

  Img_3454  

 

 2008年10月25日、栃木県の足利氏館(http://seiryumark2.cocolog-nifty.com/sideb/2008/12/post-a19a.html)に続いて、群馬県の金山城に登城しました。

 アクセスは東武伊勢崎線の太田駅北口からタクシーで西城まで、1,460円でした。

 徒歩や自転車では考えられない程の山でした。

 

Img_3506

 

 得てして山城は『単なる山』と感じる場合が多いのですが(そう感じているウチは初心者なんだなあと思ってきましたけど。)、金山城は結構整備されていて、歩いていて楽しいです。

 写真は実は立ち入り禁止の桟橋です。

 下に別の登山道があって、見降ろすことができました。

 

Img_3359

 

 上の写真は物見台の下の土橋虎口になります。

 もちろん発掘調査の結果、石垣を積み直したのでしょうが、山城なのに何故こんな石垣があるんだろうと思うのは当然かと。

 タクシーの運転手さんの話によると、金山自体に石がゴロゴロとあったとのことです。ふーん。

 向って左手の上の方が物見台でした。

 

Img_3366  

 物見台下の虎口に入る前に左手(北)を見ると、堀切となっています。

 

Img_3388  

 で、これが物見台

 もちろん登って景色を眺めます。

 

Img_3393  

 物見台から北側を望みます。

 残念ながら曇っていたので、そこそこの景色でした。

 晴れた日の南側からは富士山が見えるとか・・・。

 今度は晴れた日に行くべきかな。

 

Img_3413  

 月の池になります。

 山城だけに水の確保は最大の課題だったんでしょうね。

 

Img_3419  

 金山城のメインスポット、大手虎口です。

 本当にこんな綺麗に石垣が積まれていたとは思いませんが、やはりカッコイイです。

 金山を登ってきた甲斐があったものです。

 

Img_3451

 

 で、これが日の池

 パンフレットによれば、祭礼・儀式的な場所でもあったとか・・・って、どんな儀式をしていたんでしょうかね?

 

 関係ないですが、結構、お年寄りの方がいました。

 30代のオイラでもラクではない登山でしたが、どうやって登ってきたのかなあ。

 

Img_3516  

  金山城を楽しんだ後、タクシーを呼びます。

 行きのタクシー代+500円で、金山から太田駅へ帰ってきました。

 太田駅前には新田義貞公の銅像が立っていました。

 お隣は足利尊氏公の足利市、なんだか郷土の英雄を大切にしているんだなあと感じた次第です。

|

« 手製弁当 4作目 | トップページ | 高崎に行ってきました&岐阜方面へ遠征します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/43795163

この記事へのトラックバック一覧です: 金山城(Kanayama Castle):

« 手製弁当 4作目 | トップページ | 高崎に行ってきました&岐阜方面へ遠征します »