« 2008年を振り返る | トップページ | お弁当を作りました »

2009年1月 3日 (土曜日)

江戸城(Edo Castle) 新年参賀編

   Img_5203  

 

 2009年が明けて、最初の城郭めぐり、江戸城=皇居の新年参賀に行ってまいりました!

 

 2008年12月23日の天皇誕生日と同じように、東京メトロ千代田線の二重橋前駅から降りたのだけど・・・

 『や、やばいよ・・・コレ』

 改札を出た段階(10時くらいだったかな)で通勤時間帯並みの混雑状況で、天皇誕生日のときとは全く比べモノにならない状態でした。

 上の写真は皇居正門を入るところのものです(10時半くらい)。江戸城(Edo Castle) 天皇誕生日編(http://seiryumark2.cocolog-nifty.com/sideb/2008/12/post-596c.html)の時はまだ振り返って撮影する余裕があったが、今回はそんな余裕はナシでした。

 

Img_5212

 

 宮殿前はおしくらまんじゅう状態で、まかり間違えばドミノ倒し事故になっても不思議ではない。(写真は11時くらい)

 オイラの前にいたオバサンは何もしていないのに『押さないでください!』と殺気立っていました。

 言葉遣いも気をつけないと喧嘩沙汰になるなあと思ったよ。

 しかし、『天皇陛下バンザーイ!』と日章旗を振るときの盛り上がりは、天皇誕生日のとき以上でした、ハイ。

 

Img_5220

 

 お出まし終了後の坂下門の様子。

 大変な人ゴミでしたが、坂下門方面、桔梗門方面、乾門方面へ分岐するので、宮内庁前では写真をゆっくり撮る余裕がありました。

 もっとも、宮内庁舎の写真を撮っても、うれしく・・・・いやウレシイデス。

 

Img_5221  

 宮内庁前から宮殿を見上げました。

 めちゃくちゃ混雑していましたが、10分もすると混雑も緩和していきます。

 混雑は一時的なのね。

 

Img_5226  

 で、今回のメイン・・・じゃなかった、オマケの写真撮影になります。

 富士見三重櫓は天皇誕生日の時に、満足に撮影できましたので、後回しにして、乾門方面へ向かいます。

 上の写真は山下通りです。紅葉の季節に見たいです。

 

Img_5235  

 山下通りを左手に見送り、乾門方面に歩いていきます。

 また左手に何やら古めかしい門が見えてきました。

 名称がわかりませんでした、ハイ。

 

Img_5236

 

 その門に続いて、これまた古めかしい建物が見えてきました。

 天皇誕生日の時でも、一般参観の時でも見れない光景なので、とにかく写真を撮ります。

 

Img_5239

 

 で、右手には富士見多聞櫓が見えてきます。

 通常解放されている本丸側から見ると、ノッペラボーですが、こちらから見ると、しっかりと表情があるではありませんか!

  

Img_5242

 

 もう一枚、富士見多聞櫓の写真を。

 やっぱり高い石垣の上に建っている櫓の方がイイですね。

 本丸側から見ても、壮大さがわからないもの。

 

Img_5244

 

 富士見多聞櫓を通り過ぎ、今度は左手に道灌濠が見えてきます。

 普通に見ることが出来れば、タダの池としてスルーしてしまうでしょうが、天皇誕生日でも一般参観でも見れませんので(←しつこい)、写真を撮っておきます。

 さすがに1月の寒さですね、氷が張っていました。

  

 濠のほとりに立っていた皇居警察の方に、『東京駅方面に出たいから、乾門をくぐらずに富士見三重櫓まで戻ってよいか?』と聞いたところ、『あくまでも一方通行なので、乾門をくぐって、東京メトロ・竹橋駅から東京駅に向かってほしい。』とのことでした。

 そんな~! ホントは東京駅に行きたいんじゃないんだよ~! 皇居の外に出て、再入場する訳じゃないんだから、この日ぐらいは自由に見学させてくれよ~と言いたかったですが、後の祭りです。

 

Img_5248

 

 仕方ないので、名残惜しく北桔橋門周辺のお濠と石垣を眺めます。

 水面の碧さが綺麗でした。

  Img_5258

 

 で、外側からしか見えない乾門の内側です。

 カラーコーンが立っているのがちょっと幻滅です。

 

 

 乾門から出て、竹橋、平川門、大手町とぐるりと江戸城を散策して、再度、皇居前広場に出てきました。

 オイラが一人だけだったら、遠慮なく手荷物検査とボディーチェックを受けて、再入場するところですが、親戚2人を連れており、『再入城はまかりならん』との無言の圧力を感じましたので、桜田門から国会議事堂方面に抜けて、帰宅いたしました。残念!

 

 天皇誕生日と新年参賀を経験して、次回への教訓を得ました。

 

 1:手荷物は最小限にするべし。

 2:知り合いと見学せずに、ひとりで見学するべし。

 3:天皇誕生日の際には皇居正門⇒宮殿⇒富士見三重櫓⇒坂下門⇒再度・皇居正門⇒宮殿⇒富士見三重櫓⇒桔梗門の効率的な(とオイラが勝手に思っている)コースで見学するべし。

 4:新年参賀の際には皇居正門⇒宮殿⇒富士見三重櫓⇒坂下門⇒再度・皇居正門⇒宮殿⇒富士見三重櫓⇒桔梗門⇒再々度・皇居正門⇒宮殿⇒富士見多聞櫓⇒道灌濠⇒乾門の効率的な(と、これもオイラが勝手に思っている)コースで見学するべし。

 5:もしくは富士見三重櫓と桔梗門は天皇誕生日の際に、そして富士見多聞櫓と道灌濠と乾門は新年参賀の際に、見学すべし。

 

 こんなもんでしょうか・・・何だか不敬罪で右翼に怒られそうですけど・・・。

|

« 2008年を振り返る | トップページ | お弁当を作りました »

コメント

 Seiryuさんこんばんは.あけましておめでとうございます.
 一般参賀,ものすごい人出だったんですね.
 快晴のお天気と絶好の登城,もとい参賀日和だったので私も是非にと思っていましたが,行けませんでした(泣).
 こうなったら12月が期待ですが,宮内庁のHPを見たら平日限定ですが,申し込めば中に入れるとのこと,そっち方面も考えてみたいと思います.
 今年も楽しい城廻ができたらいいですね.よろしくお願いします.
 

投稿: ビザ皇帝 | 2009年1月 3日 (土曜日) 22時00分

 ビザ皇帝さん、こんばんは&おけましておめでとうございます。
 ウェブを見ると一般参観を利用した人のレポートがありますよね。季節を問わないのがメリットですね。
 今年も城郭めぐり頑張りましょう!

投稿: Seiryu | 2009年1月 4日 (日曜日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/43621089

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸城(Edo Castle) 新年参賀編:

« 2008年を振り返る | トップページ | お弁当を作りました »