« 栃木と群馬と長野にいっていました・・・ | トップページ | お城に手紙をだします »

2008年11月 8日 (土曜日)

大坂城 (Osaka Castle)

Img_2658  

 城めぐりの報告日記ですが、ほぼ毎週のように城めぐりしており、ブログに掲載するのが間に合わない状態です。

 2008年9月21日に大坂城を訪問しました。
 なんと10年と1ケ月ぶりですが、そのときは天守閣に登っただけだったので、今回は気合を入れて登城しました。

 写真は大坂城の天守閣です。現在の大坂城の天守閣は豊臣秀吉による1代目、江戸幕府による2代目に続く、3代目です。

 

Img_2526_2  

 今回は大阪市営地下鉄の『谷町四丁目駅』から攻略しました。NHKの近くでした。

 写真は大坂城の南外濠です。左側に見える櫓は六番櫓です。六番ということは一番櫓から五番櫓まで存在した訳で、七番櫓まであったそうです。

 大坂城の巨大城郭ぶりを実感する眺めでした。

 江戸城と比べて濠の幅も広く、しかも石垣も高い。

 400年前の大坂の陣で、徳川方は大坂城の南側、つまり上の写真の右手側から攻めたとのことでしたが、オイラは『無理、絶対に無理!』と思いました。

 

Img_2566 

  南外濠から玉造口から大坂城の本丸に向かっていきましたが、まだ天守閣へは入りません。

 天守閣へ登るのは最後の楽しみです。

 写真は大阪城の内堀から見た本丸の石垣です。石垣の端っこに人がいるのがわかりますか?

 あまりの大きさにシャッターを切りました。

 

Img_2572

 

 再度、大坂城の外へ出ます。写真は青屋門です。

 大阪城ホールから近い所にあります。

 

Img_2587_2

 

 大坂城の北外濠を歩いて行くと京橋口に着きます。京都へ続く『京橋』があったから京橋口・・・わかりやすい。

 戦災により櫓門は焼失してしまいましたが石造りの立派な出入り口でした。

 写真は加藤清正が運んできたと云われている『肥後石』だそうです。

 

Img_2607  

 京橋口を出て、大坂城の西外濠にさしかかると、大坂城天守閣の北西にある乾櫓が見えてきます。

 ちょっと珍しい形の櫓でしたので、シャッターを切りました。

 

Img_2616

 

 西外濠を南に歩いて行くと、ようやく外堀を一周することになります。

 写真は左側が千貫櫓、右側が大手門の多聞櫓になります。

 オイラはスタート地点の大坂城南外濠の六番櫓から、ここ千貫櫓まで1時間30分かけて歩いていたようです。デカイです!

 

 Img_2626

 ようやく大手門から入城します。

 写真は大手門の多聞櫓です。とにかくデカイです。

 知っている人には常識ですが、左へ曲がりながら門をくぐるようになっているのは、敵に侵入されたときに、敵の死角から攻撃ができるようにするためだそうです。

 

Img_2636

 

  いよいよ本丸に入ります。

 写真は桜門といいいます。門をくぐり右手に桜が立っていることに由来します。

 

Img_2645

 

 いよいよ大坂城天守閣とご対面です。

 豊臣秀吉が築いた天守閣は真っ黒だったそうで、2代目の江戸幕府が築いた天守閣は白だったようです。

 で、昭和に築かれた三代目の天守閣は初代と2代目の折衷型のようです。

 最上階の黒壁と金の装飾に秀吉時代の大坂城をしのばせますが、その他は江戸時代のものをイメージしてしまいます。

 豊臣時代の大坂城に建て直すという話もあるとかないとか・・・。

 

 天守閣の中は鉄筋コンクリートでエレベータもあります。

 8階建で、各階に豊臣秀吉の生涯や大坂の陣の展示があります。

 これらを全部真剣に見るだけで2時間はかかりそうです。

 オイラのお気に入りは豊臣時代の大坂城と徳川時代の大坂城のジオラマ模型でした。両者の違いがハッキリとわかるうえに、その迫力に『大坂城ってホントに巨大な要塞』と納得します。

 それと大坂夏の陣図屏風は必見です。豊臣方と徳川方の戦いは勇ましいですが、戦争の犠牲となった市民の悲惨な姿は、この図屏風が『元和のゲルニカ』といわれる所以です。

 

 と、絶賛しておきながら、写真がないのは大坂城天守閣内は撮影禁止なのです。でも実際に大坂城まで足を運ぶだけの価値はある!と断言できます、ハイ。

 

 

 城郭一覧へ ・ 大坂城の写真へ

|

« 栃木と群馬と長野にいっていました・・・ | トップページ | お城に手紙をだします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/42926956

この記事へのトラックバック一覧です: 大坂城 (Osaka Castle):

« 栃木と群馬と長野にいっていました・・・ | トップページ | お城に手紙をだします »