« 吉野家と松屋 | トップページ | オイラへの質問:121~130 »

2007年12月13日 (木曜日)

心が削られます

 昨日、オイラは11万円の債権確保の為、債務者の預金全額8万円を差し押さえました。

 反発が予想されましたが、その強権発動の結果、やっぱり今朝電話が来ました。

 

 オイラも手馴れたもので、約30分かけて相手の文句・反論を全て論理的に法律的に根拠を挙げて、ビシッっとバシッと完封いたしました。

 いつものオイラの声は高い方なんですが、このテの電話の際は2段階程トーンを落として、ドスを効かせた声で対応しています。

 

 督促・催告の手紙は何回も送っているし、電話もしている、オイラの前任者が自宅に伺っているのに、債務弁済の誠意が無かったから、差し押さえたんだけど・・・

 

 やはり心が削れます (ノ_・、)シクシク

  

 『これからの暮らしはどうすればいいんでしょうか?』の問いかけに『その事については私が答える義務も立場もございません』と冷たく言い放ったオイラですが、時折、『ああ、あの人は今頃どんな気持ちなんだろう』とか『おなかを空かしていないかなあ、寒い想いをしていないかなあ』と考えます。

 正義の実現の為とは言え、ツライです。

 でも、これがオイラの仕事だし、強権を持つ者の宿命として、心が削れるような想いをせねばならないし、その想いを忘れてはならんのだなあと思っています。

|

« 吉野家と松屋 | トップページ | オイラへの質問:121~130 »

コメント

俺は一万でも差し引かれたら生きていけません…

まぁ仕事とはいえ嫌ですね

投稿: まさきち | 2007年12月14日 (金曜日) 13時05分

 しかしなあ、苦しいのに頑張って払っている人がいると思うと、払えるのに払わない輩は許す訳にはいかないんだよな。

投稿: Seiryu | 2007年12月16日 (日曜日) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154096/17359530

この記事へのトラックバック一覧です: 心が削られます:

« 吉野家と松屋 | トップページ | オイラへの質問:121~130 »