« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の8件の記事

2007年12月23日 (日曜日)

オイラへの質問:131~140

31 Excuse me,where is the bus stop?
  Go to the north , and take the first left and you can see the bus stop.

32 よく見るテレビ番組は?
  月曜日は『くりーむナントカ』、火曜日は『スバリ言うわよ』、『ぷっすま』、水曜日は『そのとき歴史は動いた』、木曜日は『ダウンタウンDX』、金曜日は『タモリ倶楽部』、土曜日は『IQサプリ』と『世界一受けたい授業』、日曜日は『ロンQハイランド』、『笑点』、『鉄腕DASH』、『大河ドラマ』・・・とまあバラエティと時代劇が中心。

33 よく読む雑誌は?
  戦車のプラモ雑誌を立ち読み。

34 好きな音楽は?
  音楽は嫌いです。

35 どんな格好で寝ますか?
  ユニクロのスウェット。

36 親しい友達と会った時、最初の挨拶は何ですか?
  オッス。

37 握手を照れずにすることができますか?
  できるよ。

38 針千本飲ませたことがありますか?
  ないよ。

39 家の中で一番落ちつく場所は?
  布団の中。

40 親といつまでお風呂に入っていましたか?
  父親と小学校2年か3年まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状作っています

 毎年憂鬱になるこの季節。

 年賀状の宛名書きも内容もパソコンで印刷できるようになっても、どうも面倒くさいです。

 どうせ送ったとしても相手はジーッと年賀状を見てくれるとは思いませんので、ホントに自分の撮った写真にワードアートで文言を入れて終了です。コメントなんてめんどくさいので書きません。

 

 オイラはここ数年、年末年始の事を意識しないんだよね。

 おせち料理も食べない、紅白歌合戦やK1も見ない、初詣も行かない。

 

 年が改まったからって、そんなに意識することかな。

 別に普段どおりの生活をしたって、2008年はやってくるし、2008年が来て困るからといって阻止できるわけじゃないし・・・。

 

 まあ、世間が騒いでくれるから、年末年始を休む事ができるのがメリットで、年が改まってしばらくの間、日付を記入する際に前年の感覚で書くから、修正印を押さなくてはならないのがデメリットだな。

 

 と言っても仕方ないので・・・今年を振り返る為にブログを見ると・・・目標を立てていない。

 オイラらしいか・・・。

 

 そうだな・・・・目標を立てるかな。

 1:7個以上の戦車のプラモデルを完成させる。
 2:4つ以上の城郭めぐりをする。
 3:40件以上の差押をする。

 こんなもんかな、来年の今頃に振り返ってみましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水曜日)

ああ、自己矛盾

 突然ですが、あなたは『祈り』の力を信じますか? そしてあなたは『呪い』の力を信じますか?

 

 オイラは初詣に行っても、普通の時に神社仏閣に行っても、『神様(または仏様)、助けてください』と祈った事はありません。

 科学的に、そして論理的にオイラは『神様(または仏様)の存在』を信じておりますが、『その神様(または仏様)が人の願いをかなえてくれる』とは思っておりません。

 オイラが信じるのは自分の力だけ。オイラには出来ない事が多すぎますが、それでも神仏に頼って(またはすがって)助けてもらおうなんぞ、考えておりません。

 

 ですから、オイラは祈ることはいたしません。 我ながらリアリストの武士(またはサムライ)の子孫だと思っております。 弱弱しく神仏に祈る平安貴族を見るとヘドが出そうです。 ちなみに嫌いなアニメの一つに、おじゃる丸が挙げられます、って関係ないか。

 

 しかし、しかしながら、本日、オイラは自己矛盾に陥りました。

 本日、オイラは一人のジジイを心の中で『呪い』ました。 ホントに『このクソジジイ、氏ね』と。

 

 というのも、本日、オイラがカウンターで対応したジジイが超ムカツクジジイだったからです。

 まず人を人と思っていない態度がムカツキました。 いきなりオイラを呼びつけるときに『アンタ』だよ。

 そのジジイの持っていた郵便物から、どこかの会社の代表取締役なのだが、『オメエはエライ人なんじゃなくて、たまたまエライ立場にいるだけなんだぞ!』と言ってやろうかと思ったよ。

 

 そして、身勝手な理論。 自分に債務が残っている事を認識し、その上、債務消滅の為の努力をしていない結果、利息が生じているのに、払う気が一つもない。

 あげくの果てには、法律上の根拠が全く無いと言い放ちやがった。

 はあ? って思ったよ。 アンタ、ホントに法律を読んだの? どこに書いているの? と思ったよ。

 

 最後に『オメーは何も知らんのか、バカばっかりだな、この会社は!』だよ・・・(-_-メ) 自分勝手な法律の解釈をしているオメエがバカだろうに!

 

 オイラは終始腰を低く、にこやかに接客をしてきたが、心の中では呪ったよ。 

 コノ、クソジジイ、トットト氏ネ! って。

 

 ・・・でもね、これって自己矛盾じゃない?

 祈っても何の役にも立たないと思っているオイラが、何の役にも立たない『呪い』に走るって何かヘン。

 ちなみに、ほぼ確実に呪い殺せるような『呪い』があったとして、その『呪い』で人を殺したとしても、刑法では殺人罪にはならないそうだ。 まあ、科学的ではないからな・・・。

 ま、本日のオイラの心のうちの報告でしたm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月曜日)

オイラへの質問:121~130

21 海と山、どちらが好きですか?
  どちらかと言えば海かな。

22 富士山はいつ噴火しますか?
  知らない。

23 国内旅行をするならどこですか?
  神社仏閣の沢山ある京都!

24 冬に行くなら、スキー(スノボー)、温泉、常夏の島?
  やっぱり温泉かな。

25 住んでみたい土地はどこですか?(日本国内)
  大阪かな。

26 住みたくない土地はどこですか?(日本国内)
  過疎化したところ。

27 住めば都、今住んでいる所は好きですか?
  大好きです。便利ですから。

28 神様が琵琶湖を刳り抜いてその土地を淡路島にした、と思っていませんか?
  初めてそんな話を聞きました。

29 「て言うか」「超」この言葉について思うこと教えてください。
  て言うか、超ムカツクんだよね、この言葉。

30 て言うか、別にどっちでも良いんですけどね。
  て言うか、どっちでも良いなんて、超いい加減。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木曜日)

心が削られます

 昨日、オイラは11万円の債権確保の為、債務者の預金全額8万円を差し押さえました。

 反発が予想されましたが、その強権発動の結果、やっぱり今朝電話が来ました。

 

 オイラも手馴れたもので、約30分かけて相手の文句・反論を全て論理的に法律的に根拠を挙げて、ビシッっとバシッと完封いたしました。

 いつものオイラの声は高い方なんですが、このテの電話の際は2段階程トーンを落として、ドスを効かせた声で対応しています。

 

 督促・催告の手紙は何回も送っているし、電話もしている、オイラの前任者が自宅に伺っているのに、債務弁済の誠意が無かったから、差し押さえたんだけど・・・

 

 やはり心が削れます (ノ_・、)シクシク

  

 『これからの暮らしはどうすればいいんでしょうか?』の問いかけに『その事については私が答える義務も立場もございません』と冷たく言い放ったオイラですが、時折、『ああ、あの人は今頃どんな気持ちなんだろう』とか『おなかを空かしていないかなあ、寒い想いをしていないかなあ』と考えます。

 正義の実現の為とは言え、ツライです。

 でも、これがオイラの仕事だし、強権を持つ者の宿命として、心が削れるような想いをせねばならないし、その想いを忘れてはならんのだなあと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月曜日)

吉野家と松屋

 今日の昼食は吉野家で牛丼でした。美味しかったです。

 さて、いつも思うんだけど、『何故、吉野家には自動発券機がないのかね?』

 今年に発刊された経済関係の本によると、『お会計の際にお客様に直接ありがとうございましたと言いたいから』とか『自動券売機に人が並ぶのを見て、他の店にいってしまうことで販売機会を逃したくないから』などと述べられています。

 でも・・・ちょっと納得いかないんだよね。

 

 吉野家の店員さん、可哀想だよ。 特に昼時は。

 

 牛丼、豚丼、焼肉丼に生姜焼き定食。 しかも丼ものには、つゆだくとか大盛りとか特盛りとか・・・注文の際に覚えていられないでしょ!!

 1Fの店員さんは伝票に書いていたけど、2Fの店員さんは記憶しては1Fの調理場に伝言していた記憶がある。

 記憶力の衰えたオイラには絶対真似できないよ・・・。

 

 松屋と吉野家と松屋の違いを一番感じるのが、お会計の時だよ。

 松屋では食券制だから、食べ終わったら、ごちそうさま~で終わりだけど、吉野家では店員さんが会計してくれるまで、待たなきゃいけないんだ。 店員さん忙しいものだから、結構待たされるし、順番が前後したりする。

 

 オイラは味オンチだから、松屋も吉野家も牛丼・豚丼の味の優劣は決められないけど、ファーストフードとしてどちらと聞かれたら、松屋に軍配ですね。

 券売機で出てきた食券を渡したら注文完了だし、食券を2つに切り離すから注文間違いもない。食べ終わったら、ごちそうさま~だし。

 唯一松屋の難点を言うならば、メニューがあまりに多すぎて、券売機で注文したいメニューがすぐに見つからない事かな。

 でも、吉野家と違って味噌汁が無料でつくから許しちゃうけどね。

 

 とにかく、吉野家の経営者はファーストフードの命のスピードについて、どう考えているのかな。

 松屋で券売機に人が並んでいても、結構みんなは並んで待っていますよ、やっぱり安いし速いしね。

 逆に吉野家の会計で待たされる方がオイラは嫌だし、忙しい店員さんを見ると、オイラはもっと忙しくしちゃうのかなあと思って、入店するのに気が引けるんだなあ。

 オイラは一時的に設備投資はかかるけど、券売機を導入した方がいいと思うんだけどな。

 それとも設備投資をケチってるのかな。 店員さんの記憶力に期待しているのかな。 でも店員さんってアルバイトが多いと思うから、すぐにやめちゃうと思うんだよ。

 まあ、オイラが勝手に思っているだけなんですけどね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日曜日)

動物たちとのふれあい

 昨日、新宿街頭で介助犬育成募金と行政処分から救うための募金がやっていたので、迷わず行政処分から救うための募金をしました。

 介助犬はそこそこ生かしてもらえる保証があるけど、行政処分は緊急を要するので・・・。

 仕方がないのは分かるけど、やはり生命を強制的に奪うのは心が痛い。

 人間は地球上に生まれた一生命にすぎないのであり、他の地球上の生命を管理する能力・権利はあっても、生命を奪う権利はないと思うんだよな。 キレイ事だけど。

 

 今、山古志村での地震とワンちゃんの映画が上映されています。題名忘れたけど。

 TVでの紹介を見たけど、映画館にはほとんど行かないオイラが『今度、見てみるかな』と思っている。多分鑑賞したら、ポロポロと泣いてしまいそうだ。

 つい先日も鉄腕DASHでヤギの八木橋が死んでしまいましたが、TV前で泣いてしまったもので・・・。

 

 まあ、昨日の街頭募金でワンちゃんがお座りしていましたが、おとなしくていい子でした。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月曜日)

新田義貞になりきり

 突然のことで驚くと思うけど、オイラは新田義貞になったことがある。

 『えっ?』と思われる方以上に、『新田義貞ってだれ?』という人が多いだろうから、説明すると新田義貞は鎌倉時代末期の武将で、足利尊氏と先祖は同じ八幡太郎・源義家に行き着く。

 鎌倉幕府を滅亡させたので日本史の教科書には掲載されていると思う。

 

 で、オイラが新田義貞になった話であるが、今から7年くらい前のこと、オイラは一人旅で鎌倉へ行った事があり、北鎌倉駅から鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮まで真夏の炎天下、歩いていったのである。

 北鎌倉から鎌倉まではひと山越えなくてはなりません。流石は要害の地・鎌倉でした。クタクタになった覚えがあります。

 

 さて鶴ヶ岡八幡宮について、オイラは鳩サブレを缶で3箱購入して、重たい想いをして江ノ電に乗ると、鳩サブレを持ったまま眠りについてしまったのである。

 

 そこでオイラは夢を見た。

 いきなり時代は鎌倉時代末期、場所は鎌倉から少々離れた場所。

 オイラは鎌倉時代のヨロイとカブトをかぶり、軍議に参加していた。軍議の内容は『いかに鎌倉幕府を叩き潰すか?』という内容で、オイラと同じ格好の武将たちが10人程いた記憶がある。

 『新田殿はどのようになさる?』

 夢の中に出てきた武将の一人がオイラに聞いてくるわけです。

 『えっ? オイラは新田義貞なの?』と思いながら、オイラは鎌倉幕府攻撃への戦術を説明した覚えがある。

 『鎌倉は南を除いて山に囲まれて、そこから攻め込むのはホントに大変だから、南の海から攻めたらいいんじゃないかなあ。ホラ、オイラも一度山から鎌倉に行った事があるからさあ。』

 

 いや、自分でもよく分からないんだけど、実際、新田義貞が鎌倉を南の海から攻めたのは事実。稲村ケ崎は新田義貞が黄金造りの太刀を海の神様に捧げて、攻撃の突破口を開いた伝説がある。

 

 やけにリアルな夢だったなあと思ったのは、ヨロイ・カブトが夢なのに重かったなあということ。

 実は寝ながら持っていた鳩サブレが重たかったんですよね。

 

 で、その夢は終点の藤沢駅で覚めました。

 『あんちゃん、藤沢駅だよ。終点だよ~。』とオイラを起こしてくれたおばさんがいた。

 時折、ホントに思うんだけど、オイラには絶対サムライの霊がついている気がします、ハイ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »