seiryumark2.cocolog-nifty.com > 銅像、ご覧ください

千姫(1597~1666)

千姫(1597~1666)

兵庫県姫路市姫路城内

2008年8月 8日 (金)

【説明】
 徳川秀忠の長女。7歳で豊臣秀頼に嫁し、大坂落城後、姫路城主本多忠政の子忠刻(ただとき)に再嫁、1626年(寛永3)忠刻の死後落飾して天樹院と号した。大坂落城の際に姫を救出した坂崎出羽守の話や落飾後の吉田御殿の俗説などが戯曲化。(広辞苑より)

【感想】
 銅像ではないのですが、出来のよさにエントリーしました。はじめて姫路城に登城したとき、『人がいる!』と思いましたよ、オイラは。

【得点】
 ★★★★☆(4点)

| トップページ |