seiryumark2.cocolog-nifty.com > 銅像、ご覧ください

徳川 家康(1542~1616)

徳川 家康(1542~1616)

静岡市 葵区 駿府城内

2008年2月10日 (日)

【説明】
 徳川初代将軍(在職1603~1605)。松平広忠の長子。幼名竹千代。初名元康。今川義元に属したのち織田信長と結び、ついで豊臣秀吉と和し、1590年(天正18)関八州に封ぜられて江戸城に入り、秀吉の没後伏見城にあって執政。1600年(慶長5)関ヶ原の戦で石田三成らを破り、03年征夷大将軍に任ぜられて江戸幕府を開いた。将軍職を秀忠に譲り大御所と呼ばれた。07年駿府に隠居後も大事は自ら決し、大坂の陣で豊臣氏を滅ぼし、幕府260余の基礎を確立。諡号(しごう)、東照大権現。法号、安国院。(広辞苑より)

【感想】
 晩年の家康のイメージにぴったりの銅像です。

【得点】
 ★★★★☆(4点)

| トップページ |